博多にいた「ガリヤの種族」とは

IMG_0206.jpg

 国会図書館デジタルコレクションに収録されている明治時代の出版物『福岡県郷土史誌』(藤野磯雄編、1901)に、「ガリヤの種族と由来」という奇妙なタイトルの一文があった。「福岡にガリア人でも住んでいたのか」と例によってバカな想像をしながら読み進めると、見慣れた話が記されていた。博多が小早川秀秋に治められていた慶長4年正月7日、松囃子の一行と秀秋の使者が大げんかになり、松囃子の参加者が使者を殺害してしまった。秀秋からは下手人を差し出せと強く迫られ、関係者が困り果てていたところ、博多の住人たちの助けで暮らしていた中国浪人が恩返しで身代わりになると名乗り出て、処刑されたというものだ。これは明らかに「もう一つあった浪人身代わり物語」で紹介した『石城志』所収の物語だ。

 ただ、『石城志』にはない後日譚が『福岡県郷土史誌』には記されていた。『石城志』には、浪人は死を前に、老母の世話を博多の住人たちに託したとだけ記されていたが、『福岡県郷土史誌』によると、他にも遺族がいたらしく、博多の住人たちは浪人の恩に報いるため、竪町浜原に仮の家をこしらえて遺族たちを住まわせ、面倒をみるようになった。この「仮の家」というのが「ガリヤ」なる妙な言葉の由来で、『福岡県郷土史誌』には以下のように説明している。

 「毎日往ったり来たりするのに名字やなんかは云うも面倒なもんだから仮屋ゝと代名詞をつけて云いふれて居ったのが何時の頃よりかガリヤゝと濁って云う様になったのである」

 何のことはない、現代の用語に直せば、「ガリヤの種族」ではなく「ガリヤの一族」の由来を記した一文だった。明治時代にはこんな用語が用いられていたのだろうか。なお、『福岡県郷土史誌』にはガリヤ一族の執筆当時の現状についても触れられているが、「博多中の施しを受け来たったのが慣例イヤ習いが遂に性となったので爾来近年に至る迄祝儀不祝儀には必ず出掛けて来て貰い物をせねば帰らんという風で今日に至り今では夫が漸次繁殖して分家に分家が出来ると云う様な訳で現今は五十戸内外に上って居る」とあまり好意的ではない書きぶりだ。

 この『福岡県郷土史誌』は自治体などが出版したオフィシャルな郷土史資料ではなく、福岡市にあった当時あった新聞社「九州日報」(1887年、「福陵新報」として創刊)が、地域に埋もれた記録や言い伝えを募り、紙面で連載、それを書籍にまとめたものだ。そのためもあって「ガリヤの種族…」などという他の郷土史には見当たらない項目が取り上げられ、文章も非常にくだけたものだった。異色の郷土史だとは思うが、編者の藤野磯雄がまえがきで「載容の史料悉く正鵠を得たり(ママ)となす可からずと雖も」と断っているぐらいだから、100%信頼できる代物ではないだろう。なお、「ガリヤの種族…」の最後には(物好小僧)という投稿者らしき筆名が記されている。この名前も胡散臭い。

 それにしても「もう一つあった浪人身代わり物語」でも書いたが、この小早川秀秋時代の中国浪人物語と、中央区唐人町に伝わる江戸時代の浪人・森八兵衛の物語とはどのような関係にあるのだろうか。森八兵衛も火消し同士のけんか殺人で下手人の身代わりとなり、処刑されたと伝えられる。人々の記憶から消え去った中国浪人の物語とは異なり、唐人町の成道寺には森八兵衛を供養する八兵衛地蔵尊(写真)が祭られ、消防の守り神として今なお信仰を集めている。

 慶長4年(1599年)正月7日と事件の起きた年が明確な上、松囃子の歴史とも密接に関わり、しかも『石城志』という信頼性の高い文献に記された中国浪人の物語の方が何らかの史実を伝え、森八兵衛物語は派生物ではないかと思ってきたが、三流のゴシップ記事みたいな「ガリヤの種族…」を読み、かえって考えが揺らいだ。万が一、二つの物語とも史実だとしたら、無実の人間を平気で刑場に送った上で、それを美談に仕立て上げることを、福岡・博多の人間は二度にわたって行っていたことになる。あまり名誉なことではない。
スポンサーサイト



[Edit]

令和になって変わった金隈遺跡発見の経緯

DSC_0007.jpg

DSC_0029.jpg

DSC_0009y.jpg

 2年間にわたる改修工事が終わり、今年5月にリニューアルオープンした金隈遺跡展示館をのぞいてきた。金隈遺跡は弥生時代の共同墓地の遺構で、甕棺墓を中心に469基もの墓と136体の人骨が出土した。1985年に開館した広さ約360平方㍍の展示館には、125基の墓がほぼ発掘当時の姿で保存され、埋葬されていた本物の人骨4体さえも展示されているユニークな施設だ。改修工事の理由は、土中に含まれる塩分が遺跡表面を破損させていたためで、塩分を除去する工事が行われる一方、展示・解説スペースも一新された。

 その展示・解説スペースに掲示された解説パネルに、金隈遺跡発見の経緯について、少しおかしなことが書かれていた。「昭和43(1968)年の春、道路工事中にかめ棺と人骨が見つかりました」とあったのだ。どこがおかしいのかと言えば、福岡市は今まで「桃畑の開墾作業中に発見された」と説明してきた。遺跡のパンフレットなどはもちろん、市史にさえ、そう記載してきたのだ。

 遺跡発見の経緯について、市の公式文書でも混乱があることは過去にもこのブログでも取り上げたことがある(「金隈遺跡展示館、2年間休館へ」)。遺跡発見受けて行われた緊急調査の報告書(1970年)には、宅地を買った鉄工所経営者が用地への取り付け道路工事を始めたところ、甕棺、人骨等が見つかったと書かれていた。ところが、遺跡が史跡公園として保存・整備された際に出された報告書(85年)で、新たに桃畑開墾説が登場し、以降はこれが公式見解として扱われてきた。それが令和の時代になった途端、最初の道路工事説に戻ったのだ。

 個人的には、遺跡発見直後の報告書、つまりほぼリアルタイムの証言とも言える道路工事説が正しいのではないかとみていた。ただ、これでは何らかの差し障りがあり、桃畑開墾説が生み出されたのではないかと。遺跡発見の経緯など、どうでも良いではないかと言われれば、その通りなのだが、仮にも国史跡についての基本的な事項の説明が二転三転するのは実に不思議だと思う。

 最後に「金隈遺跡展示館、2年間休館へ」で大きなミスをしていたので、この場で訂正させていただきたい。「北部九州の弥生時代遺跡から見つかる人骨は、武器の破片が骨に突き刺さっていたり、首がなかったりなど戦乱の激しさを物語るような例が多いが、金隈遺跡についてはそういった報告はない。この集団墓地に葬られた人々のムラは例外的に平和だったのだろうか」と書いていたのだが、金隈遺跡の甕棺の中からもやはり武器の破片が見つかり、戦死者の可能性が指摘されていたのである。報告書の読み込みが不足していた。

 金隈遺跡があるのは、福岡市博多区金の隈1-39-52。金隈遺跡前という西鉄バスのバス停が近くにあるが、バス便が1時間に1本程度と福岡市内とは思えない程少ない。展示館の開館時間は午前9時~午後5時で、月曜と年末年始が休館。入館料は無料。展示館リニューアルに伴い、パンフレットも一新された。新たに英語、中国語、韓国語の説明も加わり、海外客には親切なものとなったが、パンフレットのサイズは変わっていないので、記載されている情報量は格段に少なくなった(下の写真の上が新、下が旧パンフレット)。

IMG_0201.jpg
[Edit]

福岡市美術館で東光院の仏像を見た

IMG_0156.jpg

IMG_0161.jpg

IMG_0163.jpg

IMG_0149.jpg

IMG_0151.jpg

 福岡市美術館に行き、常設展示されている東光院の仏像を見てきた。今春、改装オープンした美術館1階に東光院の仏像展示室はある。「堅粕薬師」の名で中世から信仰を集めてきた高さ198㌢の薬師如来立像が中央に立ち、両脇に日光、月光菩薩、周囲を十二神将像が取り巻く。さらに展示室入り口の左右を2体の金剛力士像が守る。寺の山門と本堂をイメージした配置なのだろう。見ごたえがあり、ストロボさえ焚かなければ、撮影可能なのもうれしかった。ただ、十二神将像は、本来とは異なる十二体が展示されているのではないだろうか。

 東光院とは福岡市博多区吉塚3にあった806年創建と伝えられる古寺で、最後の住職・清藤泰順(きよとう・たいじゅん)尼は1974年に亡くなる直前、寺の敷地・建物と守り伝えてきた仏像30体以上を福岡市に無償で寄贈した。後継者がいなかったため、仏像などの先行きを心配したためと伝えられる。薬師如来立像をはじめとする25体までが国重文。福岡市美術館の自慢は、美術館2階に展示されているサルバドール・ダリやアンディ・ウォーホルらの現代美術コレクションだが、現代美術に何の関心もない私にとっては、東光院の仏像群をはじめとする古美術品の方が余程見ごたえがある。(東光院について詳しくは
「東光院の仏像を見てきた」

 ところで、冒頭に書いた本来と異なる十二神将像が展示されているのではないかという疑問についてだが、東光院の仏像群には薬師如来とこれを守る十二神将像が二組あるためだ。もともと寺にあったのが薬師如来立像と、やや小ぶり(69.5~73.8㌢)の十二神将像で、これらは作風などから平安時代後期の作とみられている(十二神将像のうち3体は江戸期の作品)。これに加え、明治初期の神仏分離の時代に住吉神社(福岡市博多区)の神宮寺だった円福寺が廃された際、同寺の本尊だった薬師如来坐像と、もう一組のやや大ぶり(99.7~105.5㌢)の十二神将像が東光院に移された。薬師如来坐像は平安後期の作とされ、十二神将像の制作年代は資料によって鎌倉、または南北朝時代と異なるが、後世に付け足されたものであるのは確かなようだ。

 二組の十二神将像は、サイズの違いだけでなく、素人目にも分かるほど作風にも大きな違いがある。もともと東光院にあった十二神将がオーソドックスな作りに見えるのに対し、円福寺から移管された十二体は「ソフトクリーム」などと評される大げさな怒髪や、像によっては悲しげにもユーモラスにも見える表情など、非常に個性的だ。現在展示されているのは、明らかに円福寺から移管された十二神将像の方だ。個性の強さを買われて、東光院伝来の十二神将像を差し置き、薬師如来立像を守る大役を仰せつかったのだろうか。

 もっとも、二組の薬師如来像と十二神将像については、紹介した組み合わせとは逆が正しいとする見方もある。例えば、「東光院の仏像を見てきた」の中で紹介した戦前の出版物『国宝巡礼記』(1932、小野賢一郎)には「十二神将のうち十二体ある方は三尺三四寸ある大形の方で、薬師立像に付属したものだそうであるが、これよりも十二神将の高さ二尺二寸位のものの方が余程作がよく、殊に鑿が深く力強くはいっていて、相当破損もしているが、藤原期の特色がよく窺われる」とあり、明らかに大ぶりの十二神将像が薬師如来立像に付随するものととらえている。

 『国宝巡礼記』著者の小野がこう考えたのには理由があり、当時はこの組み合わせが正しいと理解されていたのだ。薬師如来立像と坐像は1904年(明治37)、国宝(現行法では重文に当たる)に指定されているが、この時に同時指定されたのは、大ぶりで個性的な十二神将像の方だ。しかも名称は「木造十二神将立像(本尊ニ属スル分)」となっている。一方で、もう一組の十二神将像が江戸期の3体を除いて国宝指定されたのは、この8年後の大正元年(1912)のことだ。ところが、今回参考にした近年の資料はすべて、小ぶりの十二神将像が立像に付属するという考えに立っていた。後の研究の進展によって、組み合わせが逆転したらしい。美術館で現在展示されている組み合わせは、古くからの見方に従ったものだと考えることもできる。

 東光院から寄贈された仏像は、これまでに名前を挙げたもの以外にも阿弥陀如来立像や、もう一組の日光、月光菩薩立像などがある。東光院の仏像展示室は定期的に展示替えが行われる予定なので、薬師如来坐像やもう一組の十二神将像はじめ、今回目にできなかった仏像たちにもいずれは会えることだろう。

 『国宝巡礼記』以外の参考資料は、『堅粕薬師と東光院の古仏たち』(九州歴史資料館、2018)、『福岡県の仏像』(アクロス福岡文化誌8、2014)、「薬王密寺東光院と重要文化財の仏像群」(筑紫豊、『西日本文化』101号所収、1979)、福岡県文化財データベース、清藤泰順尼死去当時の新聞記事など。後半部分を加筆しました。
[Edit]

福岡市街地を流れる樋井川でアカエイを撮影した

DSC_0009x.jpg

DSC_0012.jpg

DSC_0004.jpg

 福岡市街地を流れる樋井川でアカエイが目撃されているとの記事が先日、地元紙の西日本新聞に載っていた。記事によると、河口から2キロほど上流の場所で、1時間の間に20匹以上を見つけることができたという。最近は体調が悪くてさぼっているものの、樋井川河口の百道浜付近を散歩するのが長年の日課だったが、河口付近ではアカエイなど一度も見かけたことはない。ぜひ見てみたいものだと思い、久々の好天となった4日午後遅く、普段は滅多に行かない樋井川の少し上流部を散策してみた。

 この時間は運悪く満ち潮だったようで、樋井川の水量は普段以上に多く、しかも濁っていた。これではアカエイを見つけるのは難しそうだと落胆したが、中央区草ヶ江、対岸の鳥飼付近の川沿いを小1時間ほど歩き回ると、20匹以上とはいかなかったが、数匹のアカエイを確かに目撃することができた。エイが泳ぎまわる度に川底の泥が巻き上がって水が濁るため、残念ながら鮮明な写真は撮れなかったが、特徴的なエイの姿を何とかとらえることはできた。

 このアカエイ、尻尾には鋭い毒針があり、アカエイが網にかかると、漁師はすぐさま包丁で尻尾を切り落とすと聞いたことがある。アニマルプラネットの番組『クロコダイル・ハンター』で有名だったスティーブ・アーウィンさんはアカエイに胸を刺され、亡くなったというから、かなり危険な生き物だと言えるだろう。一方で見た目と違って、煮付けなどにすると意外に美味だという話もあり、昔は結構食べられていたという。

 ところで、なぜ、市街地を流れる川などに上がってきたのだろうか。西日本新聞記事には、海水と淡水が入り混じる汽水域の河口で見かけることは珍しくないという趣旨のことが書かれていた。調べてみると、富山市では2003年、河口から3.5キロも上流で捕獲されている。もっとも、この一件を報じた地元の記事は「迷子?」という見出しがついており、やはり特別珍しいケースだったのだろう。夏場は繁殖シーズンで、出産(卵胎生のため赤ちゃんを産む)のため、内湾や浅瀬にやってくる習性があるという。良いお産の場所をあれこれ探しているうちに、マンションが建ち並ぶ場所にまで上がってきてしまったのだろうか。
[Edit]

「おもしろ21」という愛称があるのでは

IMG_0100.jpg

IMG_0106.jpg

 先日、地元紙の記者コラムに福岡市早良区の西新商店街にある路地が取り上げられていた。この路地は「昔ながらのきび団子屋や理髪店に交じり、こぢんまりとした個性豊かな洋菓子店、雑貨屋、飲食店などの『ミニ出店ラッシュ』が起きている」という。元気な西新商店街の中でも「ひときわ活気が感じられる場所」だとも紹介している。この路地とは、西新5丁目にある「おもしろ21通り」のことだと地元民にはすぐわかるが、コラムの後段にあった一文を読んで目を疑った。「商店街の皆さま、好機と捉えてこの路地、愛称を募ってみてはどうでしょうか」とあったのだ。

 すでに愛称があるのを地元紙の記者が知らなかったのだろうか、調べることもしなかったのだろうかと不思議に思い、こちらも改めて「おもしろ21通り」について調べてみた。すると、福岡商工会議所が作成した西新・高取・藤崎地区の街歩き地図に、この通りが「旧おもしろ21」と記され、「その昔は『おもしろ21』と呼ばれていた通り」と説明されているのを見つけた。ということは、「おもしろ21通り」とは、公式にはすでに消滅した愛称であり、だから記者は新たな愛称募集を呼び掛けたのだろうか。

 しかし、地元では今も「おもしろ21通り」という愛称が現役で使われている。SNSなどを見ても、店の所在地を紹介するのに、西新5丁目ではなく通りの愛称を使っているケースは多い。「おもしろ21通り」という名前の良しあしは別にして、すでに定着した愛称があるのに新たな愛称を募集するのは、いかがなものだろうかとは思う。

 ところで、愛称募集を呼び掛けた問題の一文にある「好機と捉えて」の好機とは、2015年7月限りで閉館した商業施設プラリバが26日、新装オープンすることを指している。建物は西半分だけになり、しかも8階建てから4階建てに減築されたが、地元商店街の核店舗的な存在だった商業施設の復活はやはりうれしい。もっとも36のテナントは以前とはかなり様変わりし、慣れ親しんだ施設が戻ってくるわけではないが、本好き、酒好き、パン好き、ド近眼で眼鏡が必需品の私としては楽しみな店が結構ある。
[Edit]