九重“夢”大吊橋はやはり怖かった

IMG_9799.jpg

IMG_9817.jpg

IMG_1062.jpg

IMG_1065.jpg

 大分県九重町の鳴子川渓谷に架かる九重“夢”大吊橋を11年ぶりに渡ってきた。全長390㍍、高さ173㍍。2006年の完成当時、歩行者専用の吊橋としては長さ、高さとも日本一だった。現在では、長さは静岡県三島市に2015年完成した三島スカイウォーク(長さ400㍍、高さ73㍍)に抜かれたが、だからと言ってこの橋の怖さが薄れたわけではない。高所恐怖症のくせに好奇心から初めて大吊橋を渡ったのは2008年8月だったが、あまりの恐ろしさに足がすくみ、渡りきるまでに連れよりもはるかに時間が掛かった。性懲りもなく再びチャレンジし、高さ173㍍の空中を歩く恐怖を再び味わってきた。

 ただ、前回とは若干違ったことがある。初めて渡った時、首からカメラをぶら下げていたのだが、周囲の景色に目を向ける余裕などは全くなく、この時の写真は渡り終えた後に撮った記念写真ぐらいしかない。ところが、今回は平日で空いていたこともあり、途中で何度も立ち止まっては眼下の絶景を写真に収めてきたのだ。ここ最近、山に登っては断崖から平気で下を見下ろし、家族から「危ないからやめろ」と注意されることも度々だった。高所恐怖症がやわらいでいるのではないかと感じていたが、再度大吊橋を渡り、その意を強くした。

 そういえば、子供時代から高所恐怖症ではあったが、小学校低学年頃まではむしろ、「バカと煙が高いところに上りたがるのは本当だな」と親にののしられて育ってきた。それがなぜ高所恐怖症となり、今頃になってなぜ治りつつあるのか、自分でもさっぱりわからないが、私の高所恐怖症とは、要するにその程度のものだったのだろう。

 九重“夢”大吊橋は、観光振興のため町が20億円の予算を投じて建設したものだ。20億円のうち、9割近い17億3500万円が過疎債などの借金で、町は通行料(大人500円、小学生200円)収入により12年がかりで返済する計画だった。ところが、開業1年目に目標25万人の10倍近い230万人が押し寄せるなど大変な人気を呼び、借金はわずか2年で完済。それだけでなく、未就学児に限っていた町の医療費補助を小中学生まで拡大できたというのは有名な話だ。2017年3月には開業以来の通行者が1000万人を突破した。

 この橋の成功は、過疎や財政難に苦しむ全国自治体の注目の的となり、観光客に交じって多数の視察団も詰め掛けたという。しかし、彼らの中には刺激を受けながらも「多額の税金を使って観光施設を造っても、もし誰も来なかったら」と不安を口にする人もいたらしい。橋を渡るスリルに加え、紅葉の名所・九酔渓をはじめとする周囲の景観、さらには九州を代表する観光地・阿蘇くじゅうの程近くに位置することなど、橋が大成功を収めた理由はいくつか思い浮かぶが、道路事情の悪さを考えれば、「知る人ぞ知る観光名所」で終わった可能性もゼロではなかった気がする。

 その道路だが、くじゅう方面に向かう際は、普段は九州道九重ICから九酔渓の険しい山道を経由するか、湯布院ICから少し逆戻りしてやまなみハイウェイを利用することが多いのだが、この日は四季彩ロード(広域農道)という九酔渓の迂回路を初めて通ってみた。結構快適な道だった。
スポンサーサイト
[Edit]

FMV-BIBLO改造に挑戦

IMG_9768.jpg

 最近、暇があるとYoutubeでパソコン改造動画を見ている。格安のジャンク品を現役復帰させる動画は特に面白く、自分でもやってみたいと思い、ジャンクパソコンを仕入れに某市のハードオフに行った(福岡市には店舗がない)。ところが、ジャンク品の棚にあった複数のノートパソコンはCPUがPentium IIIという恐るべき年代物で、しかも値段が数千円。東京・秋葉原のように2,000~3,000円で掘り出し物が見つかるとは最初から期待していなかったが、20年前のパソコンがいい値段で売られているのも予想外だった。時間軸が違う世界に迷い込んだ気分だった。

 仕方がないので、手持ちのパソコンの改造と修理に挑戦することにした。改造のターゲットは昨年暮れ、通販で買った富士通の中古ノートパソコンFMV-BIBLO NF70Wだ。購入価格は9,800円。これも発売当時はWindows Vistaがインストールされていた一昔以上前の代物だが、現在は32bit版ながらWindows10が入っている。購入直後にメモリを2GBから4GBに増やし、ハードディスクも80GBから320GBに増強していたが、さらなる強化を図ろうと、CPU(Core2Duo T5500 1.66GHz)を交換し、ハードディスクも読み書きが圧倒的に速いSSDに入れ替えることにした。

 このためにネット通販で手に入れたのは、CPUがCore2Duo T7200(2.00GHz)の中古品で、976円。SSDは120GBの品で、こちらは一応新品ながら破格の2,500円。有り難いことに、いずれも送料は無料だった。だが、SSDが内側がプチプチの袋に裸で入っていたのにはびっくりした。格安なので文句は言えないが。

 結論から先に言うと、これらの部品の換装を何とかやり遂げることができ、Windows10も64bit版に入れ替えた。この結果、少なくともパソコンの起動は早くなった。ストップウォッチで計ったところ、電源ボタンを押してから、デスクトップ画面が表示されるまで約32秒で、改造前の半分以下だ。ただ、メインで使っているパソコン2台(2台なのはテーブル用とこたつ用)もこれ以前にSSDに換装していたのだが、この2台の操作性が劇的に向上したのに比べれば、それほど使い心地に変化はない。やはり規格が古いため、SSDの能力を十分に発揮できていないのだろう。CPU交換に至っては、ファンがうるさくなったことが多分、唯一の成果(?)だと思う。

 しかも悪いことに、老眼と生来の不器用さが災いし、パソコンを分解する際にキーボードのキートップ2個を破壊し、キーボード上部のネジ隠しのカバーも折ってしまった。改造によってパソコンの性能は若干は向上したかもしれないが、それ以上に見た目が相当に悪化し、もはやジャンク以下だ。改造行為自体は面白かったのだが、性能アップと見た目の悪化のプラスマイナスを冷静に考えると、改造をやって良かったのどうか非常に微妙なところだと思う。3,000円あまりとはいえ、金を費やしたことを思えば、マイナスの方が大きかったかもしれない。(壊れたキートップはinsertとNumLkで両面テープで補修し、カバーも両面テープで貼り付けている)

 なお、修理に挑んだのは、1,080円で買ったジャンク品のVAIOで、この顛末については後日、気が向いたら報告したい。
[Edit]

情報番組が縁で新潟から移築された布施家住宅

IMG_9735.jpg

IMG_9737.jpg

IMG_9732.jpg

 熊本県和水町の国史跡・江田船山古墳に隣接して肥後民家村という観光・文化施設があり、この中に「旧布施家住宅」という築300年の重厚な民家が建っている。説明パネルによると、元々は新潟県上越市にあったもので、屋敷の主だった布施家は上杉謙信に仕えていた名門。1976年9月、当時の当主だった布施豊氏から和水町の前身の菊水町に寄贈されたという。しかし、いったいどんな事情で新潟から熊本に移築されることになったのだろうか。パネルには記されていなかったため調べたところ、テレビの情報番組がきっかけだった。

 情報番組とは、現在もテレビ朝日系列で放送されている『モーニングショー』。当時のタイトルは司会者の名前を冠した『奈良和モーニングショー』で、この番組に1976年8月、布施氏が出演し、建物を希望者に無償で譲ると申し出たという。詳しい事情まではわからなかったが、恐らく建て替えを決めたものの、先祖代々受け継いできた屋敷を何らかの形で残したいと思ったのだろう。

 テレビ朝日系列の熊本朝日放送(KAB)開局は1989年のことだが、当時は熊本放送(RKK)でこの番組は放送されており、布施氏の申し出にいち早く反応したのが、ちょうど民家村整備を進めていた菊水町だった。譲渡希望は全国から200件も寄せられたというが、町が主体となっての民家村構想が布施氏の信頼を得たのか、遠く離れた九州・熊本への移築が決まった。ただし、無償譲渡とは言っても、解体、輸送、復元などの経費は菊水町側の負担で、その額は3000万円に上ったとも言われる。移築は77年夏に完了しているが、小さな町にとっては、民家村の命運を懸けた大事業だったのだろう。

 この当時、布施家が上杉謙信の家臣だったという歴史がクローズアップされたため、「新潟から武家屋敷」と報道されたようだが、布施家は上杉の東北転封後も地元・上越に残り、江戸時代は豪農として栄えた。屋敷が建てられたのもこの時代で、現在では正しく農家として紹介されている。二階建て、広さは約360平方㍍、中には14もの部屋がある。外観は分厚い茅葺屋根が特徴的だ。以前は能面作りの工房などとして活用されていたが、現在は空き家状態で、内部も自由に見学できる。

 民家村には、国指定重文の「旧境家住宅」など計6棟の古民家があり、歴史民俗資料館なども併設されている。旧布施家住宅も重文級の価値があるのかもしれないが、本来は地元になかった建物であるためか、町指定文化財にとどまっている。
[Edit]

金栗四三の出生地で桜と史跡を見てきた

IMG_9697.jpg

IMG_9688.jpg

IMG_9676.jpg

IMG_9717.jpg

IMG_1039.jpg

 熊本県和水町の国史跡・江田船山古墳、謎のトンネル遺構トンカラリンに花見がてら行ってきた。2年前の秋に両者を見学した際、史跡公園化された江田船山古墳の周囲に多数の桜が植えられているのを知り、春にもう一度来ようと決めていた。残念ながらソメイヨシノは開花したばかりだったが、早咲き品種らしき2、3本は満開で、平日ながら数グループの花見客でにぎわっていた。

 和水町は、放映中の大河ドラマの主役、金栗四三の出生地として最近名を売っているところで、江田船山古墳とトンカラリンは県道を挟んで向かい合わせの位置にある。江田船山古墳は5世紀後半に築造されたとみられる全長62㍍の前方後円墳で、墳丘上には石棺をガラス窓越しに自由に見学できる施設が整備されている。今年1月、町を震度6弱の地震が襲い、石棺が被害を受けたと聞いていたので、ひょっとしたら閉鎖中かもしれないと心配していたが、杞憂だった。ただし、見学者にとっては重要な設備のワイパーが壊れていた。

 前述のように、石棺が置かれたスペースと見学者との間はガラス窓で隔てられているが、石棺側の湿度や温度が高いためか、ガラス窓の石棺側は結露で曇っていることが多い。その対策として石棺側にはワイパーが取り付けられ、見学者は外から操作して水滴を拭き取る仕組みだった。このワイパーが壊れ、結露越しの見学になったが、石棺開口部の石材が亀裂を境にずれた状態になっているのは確認できた。また、屋根型の蓋の部分の石材も何か所か剥離しているようだった。石棺の被害は間違いなく地震によるものだろうが、ワイパーについては何が原因かわからない。

 石棺は幅1.1㍍、高さ1.4㍍、奥行き2.2㍍で、75文字が刻まれた「銀象嵌銘大刀」などが出土し、この大刀など92点の出土品は一括して国宝に指定されている。

 石棺を見た後、近くにあるトンカラリンにも足を延ばしてきた。トンネルや地隙からなる全長445㍍の遺構で、造られた目的も時期も不明。あまり時間がなかったため、7段の石段があることで有名な石組みのトンネルを見学しただけで引き揚げたが、見た限りではこちらは地震による被害はない様子だった。帰り道、聞き慣れぬ鳥の声がしたので見上げると、電信柱にカササギが巣を作っていた。2年前に来た時にもトンカラリン近くで2羽のカササギを目撃したが、同じカップルなのだろうか。

 写真は上から順に、江田船山古墳全景、石棺保存施設の入り口、ガラス窓越しに撮影した石棺、7段の石段があるトンカラリンの石組みトンネル、電柱に営巣するカササギ。
[Edit]

桜に似たアーモンドの花

IMG_9670.jpg

IMG_9669.jpg

 福岡市では21日、桜の開花宣言が出されたが、その直前の話だ。家族が「西南学院大でピンクの花が満開になっている。桜だろうか」と言うので、早咲きの品種が咲いているのだろうと思い、そろって見に行った。キャンパスの一角にある「聖書植物園」で、家族の言葉通り、ソメイヨシノよりも大ぶりのピンクの花が満開だった。キャンパス内に入らせてもらってネームプレートを確認すると、ピンクの花の正体はアーモンド。アーモンドなど身近にはなかったので、これほどきれいな花を咲かせるとは全く知らなかった。その場でスマホを使って検索すると、アーモンドの分類はバラ科サクラ属だった。「なるほど」と納得した。

 「聖書植物園」とは、文字通り聖書に記述のある植物等を集めた区画で、1999年11月に開園。現在では学内全体で、オリーブやイチジク、ナツメヤシなど聖書に関連する植物100種以上が植えられているという。オリーブやイチジクなどが聖書に登場するのはわかるが、アーモンドの方は何となく意外な気がしたので、どんな形で聖書に書かれているのだろうかと調べてみた。旧約聖書の『民数記』に「モーセが、あかしの幕屋にはいって見ると、レビの家のために出したアロンのつえは芽をふき、つぼみを出し、花が咲いて、あめんどうの実を結んでいた」という記述があり、この「あめんどう」というのがアーモンドのことらしい。

 アーモンドの花が咲いているのは、修猷館高校裏の道路沿い。キャンパスの外から鑑賞できるが、見頃はやや過ぎた感じで、間もなくソメイヨシノとバトンタッチとなりそうだ。

[Edit]