VAIO復旧は大仕事

DSCF4865.jpg

 家族がメインマシンで使っているノートパソコン(VAIO VGN-NS50B)が壊れた。起動すると「Operating System Not Found」のメッセージが出て、ウインドウズがまったく立ち上がらないのだ。BIOSで確認してみると、ハードディスク(以下、HD)を認識していない。すでに保証期間は過ぎているし、家族が量販店で修理の見積もりを尋ねると「(低価格の)新品パソコンを買うよりも少し安い程度」と衝撃的な答えが返ってきた。そこで自力でHDを交換し、リカバリーすることにした。

 私が今まで使ってきた旧IBMや富士通のパソコンではHDなど簡単に着脱でき、わざわざブログで取り上げるほどの話ではない。しかし、ユーザー自力でのHD交換など想定していないVAIOである。説明書を読んでもHDがどこに収納されているかさえ分からない。ネット上にもほとんど情報はなかったが、唯一「裏のネジをすべて外せば、裏ぶたが取れ、HDが顔を出す」と書かれたブログがあったので、この情報に従いチャレンジすることにした。

 ところが、その後が大仕事だった。第一にノートパソコン用HDの在庫がショップにほとんどない。タイの大洪水でHD工場が被害を受けたため流通量が激減、価格が高騰していると昨年暮れごろに聞いたが、(少なくとも福岡では)依然として同じ状況だった。最初に行った福岡市中央区天神の大手チェーン店では、ノートパソコン用は見事に在庫ゼロ。続いて向かったJR博多駅近くの量販店には辛うじて160GBの品があったが、容量が小さい(もともと内蔵されていたのは250GB)のに、価格は9000円弱と異常に高い。「いくらなんでも」と思い、次に福岡空港近くのパソコンショップを訪ね、ようやくここで320GB、7000円弱の商品を発見した。

 HDの交換自体は、情報通り20数個のネジを外したところ、HDがあっさり顔を出し、あっけないほど簡単に終わった。BIOSで確認しても320GBをきちんと認識している。そこで、自作のリカバリーディスクでパソコンを出荷当時の状態に戻す作業に入ったが、何度やっても進捗率が26%になると動作が停止し、意味不明なエラーメッセージが出る。何時間も繰り返した末、どうやらリカバリーディスクの焼き付けに失敗していたらしいとの結論に達した。

 こうなると、本来のHDが完全にクラッシュしている(外付けケースに入れて確かめた)ので、打つ手がない。気は進まなかったが、ソニーのカスタマーセンターに電話してリカバリーディスクを注文した。有料で、5250円也。これは仕方ないが、電話を切った小一時間後になってもファックスを頼んだ注文書がまったく届かず、再度電話。それからさらに数十分後にようやく届き始めた。しかし、今度は途中でプツン。何事かと確かめると、我が家のファックスがインクロール切れであった。

 VAIO完全復旧までの道のりは、まだまだ遠い。

 <2月9日追記>2月8日、ソニーよりリカバリーディスクが届き、無事VGN-NS50Bの復旧が終わった。リカバリーディスクさえちゃんと焼いていれば、VAIOにしては比較的簡単にHD換装が行えたのではないか。
スポンサーサイト
[Edit]