ドラフトと福岡大渇水

IMG_4160.jpg

 28日に行われたプロ野球のドラフト会議。右の先発投手が決定的に足りない福岡ソフトバンクホークスは斎藤佑樹投手を1位指名したが、残念ながら「外れ」。代わって高校生捕手を1位指名した。習志野高校の山下斐紹。思わず「誰!?」と叫んでしまったが、将来の大物として評価は「A」級の選手らしい。それにしてもえらく不敵な面構え、早い話が悪そうな顔をしている。右の先発候補については、摂津の先発転向も検討されているらしいが、こうなったら新垣の奇跡的な復活、大場、巽の大変身に期待するしかない。

 本題は1977年(昭和52年)のドラフトについてである。福岡にあったクラウンライターライオンズが敢然と江川卓を1位指名し、ものの見事に振られた年だ。ライオンズ入団を強硬に拒否した彼は「福岡は遠い」と言い残してアメリカに旅立ち、「福岡はアメリカよりも遠いのか!」と福岡市民を憤激させた。彼が1年後、相思相愛だった巨人と“空白の1日事件”を起こし、 大騒動に発展したのは周知の通りだ。

 この翌年の78年、福岡は記録的な大渇水に見舞われた。同年5月から翌79年3月まで、結果的に287日も給水制限が続いたのだが、この時、なかなか水が貯まらず、市民から「役立たず」とののしられたダムの名前が、奇しくも「江川ダム」だった。

 近郊の朝倉市(渇水当時は甘木市)にあるこのダムは、貯水量2400万トン。福岡市にとっては最大の水がめであり、貯水量も際立って大きい。現在、福岡市の水がめとしては計八つのダムがあるが、江川ダム一つで全体貯水量の5割以上を占めている。ダムの数が二つほど少なかった78年当時は、確か7割前後を占めていたと思う。つまり、福岡の水事情をこのダムの貯水量が左右していたのだが、先にも書いたように少々の雨では一向に増えない。

 報道機関は「欠陥ダムではないか」と騒ぎ出し、ライオンズへの入団拒否で“江川憎し”の思いが強かった市民の間では「名前が悪い」という声が沸き起こっていた。実際にそんな意見が地元紙の市民の声コーナーに載った記憶もある。八つ当たりと言う以外にないが、私の周りでも「東尾ダムに改名しろ!」という声がもっぱらだった。東尾とは当時のライオンズの大エースであり、現在では石田純一の義父になったことで有名な人だ。冷静に考えれば、大きなダムに水が貯まるだけの降水量がなかっただけの話なのだが…。

 江川問題も今にして振り返れば、当時のライオンズは経営的にも戦力的にもぼろぼろの状態で、中央球界の大スターが喜んで入団してくれる球団では到底なかった。だからこそ、江川入団をカンフル剤にしたかったのだろうが、ライオンズ入団拒否に関してだけ言えば、彼の選択は責められないだろう。ライオンズが西武に買収され、福岡を去ることが発表されたのは大渇水真っただ中の78年10月。福岡にとっては踏んだり蹴ったりの暗い年だった。

 写真はライオンズの本拠地だった平和台球場のモニュメント。かつての球場前にある。
スポンサーサイト
[Edit]
Theme: 福岡 | Genre: 地域情報

母校のかわいそうな制服

旧聞に属する話2010-制服2

 母校の高校が今月、東京方面に修学旅行に行ったところ、東京の街中で、女生徒たちが写真撮影攻めにあったと聞いた。別に可愛いからではない(可愛い子もいたかもしれないが)。昭和の時代からやって来たかと見紛うほど、あまりにも制服がダサいので、珍しがられたということらしい。以前から噂は聞いていたのだが、まさか後輩たちが本当にそんな辛い目にあっているとは思わなかった。

 女子の制服はエンジ色のネクタイに紺色のボレロが特徴で、恐ろしいことだが、昔はこれにエンジ色のベレー帽まで加わっていた。“昭和の時代からやって来た”と書いたが、実は昭和時代から格好良くない制服として県下では有名な存在だった。

 「これでは生徒がかわいそうだ」と数年前、制服を一新しようという論議が起きたことがある。ところが、なぜか途中で立ち消えになった。現役生たちの間では「同窓会が反対した」という噂が広まり、猛反発が沸き起こったため、当時の同窓会長がHP上で「そんな事実はありません」と慌てて釈明する騒ぎにもなった。

 いろいろ聞いた情報を総合すると、同窓会が組織として制服更新問題にかかわっていなかったのは確かなようだが、個人的に難癖を付けてきたOBが一部いたらしい。彼ら(彼女ら)がなぜ反対したかは定かでないが、恐らく「大事な思い出を壊さないで」といったバカげた理由からに違いない。余興のつもりなのか、同窓会でウン十年前の高校時代の制服を着てみせる信じ難い女性が時に出現するぐらいだから。

 ひょっとしたら、少しはましな反対理由があったのかもしれないが、だとしても現役高校生の問題に口をはさむ権利などないだろう。無責任なOBの反対に屈した学校側も情けない。

 修学旅行事件が影響したわけではないだろうが、漏れ聞いたところでは、制服一新論議が再度浮上しているらしい。「いくらなんでも、今のままでは」ということだろう。学校側には、今度こそちゃんとやってもらいたいものだ。物珍しげに写真を撮られる生徒たちが、かわいそうだと少しは思うのならば。

 写真はウン十年前の生徒の写真だが、個人が特定されないようにぼかした。ただし、制服の可愛くなさは十分わかるのではと思う。デザインはこの当時とまったく変わっていない。
[Edit]
Theme: 福岡 | Genre: 地域情報

キグレサーカス

旧聞に属する話2010-キグレサーカス

 サーカスを生まれて初めて見たのは十数年前だから、結構いい年になってからのことだ。関心がなかったこともあるが、何より入場料が安くはないので、気軽に行ってみようという気にはならなかった。たまたまこの年、地元新聞社主催でキグレサーカスの福岡公演を行っており、販売店に割引券をもらったのが、サーカス初体験のきっかけとなった。

 会場の大テントが張られていたのは福岡空港近くの空き地、今は住宅展示場になっている場所だと思う。テントの外では2頭のホワイトタイガーが展示されており、「ガオーッ!」と声を張り上げていた(多分)。

 公演は予想以上に面白く、正直言って感動した。キグレサーカスの演目はこのころ、千葉真一さん、宇崎竜童さんの協力を得てドラマ仕立てになっており、ポスターも悲しげな女性ピエロをモチーフにした非常にシャレたものだった。サーカスといったら「空中ブランコ」(これはこれで凄いが…)という先入観をいい意味で裏切るもので、蛍光色の衣装をまとった団員が乱舞するフィナーレでは、会場のあちこちから感嘆のため息が漏れていた。

 これですっかりファンになり、同サーカスが数年後、北九州市のスペースワールド近くで公演を行った時も前売り券を買って出かけた。写真はこの時、記念に購入したパンフレットだ。確か値段は1000円だったと思う。「キグレサーカス事業停止」というニュースを聞き、映画のパンフレットなどを保存しているファイルを探してみたら、予想以上にきれいな状態で見つかった。貧乏人は物持ちがいい。

 キダムだのコルテオだので有名なシルク・ドゥ・ソレイユに比べれば「キグレなんてちゃちなもんだよ」という声が聞こえる気がする。しかし、冒頭「安くはない」と書いたサーカスの入場料だが、夫婦と子供2人の4人家族を例にすると、キグレならば計1万円以下で楽しむことができる。これがシルク・ドゥ・ソレイユとなると、1人当たりで1万円を楽に超える。この差は、我々庶民には大きい。

 事業停止の直接のきっかけとなったのは、新型インフルエンザの影響により昨年の川越公演が大不振に終わったためというが、それ以前から観客動員は低迷していたらしい。娯楽の多様化、あるいは少子化といったところが原因なのだろうが、こうやって「庶民に手の届く文化」がまた一つ消えていく。惜しいというより、悔しい気持ちだ。
[Edit]
Theme: 福岡 | Genre: 地域情報

クマ騒動の容疑者その後

46.jpg

 ヒグマやツキノワグマが各地で人里に出没し、騒ぎになっている。九州ではずいぶん前に野生のクマは絶滅したとみられており、騒動とは無縁のようだが、福岡市のベッドタウン那珂川町で4年前、クマらしき動物の目撃談が相次いだことがある。ただ、どんな結末だったのかが記憶にない。改めて一件を調べ直し、驚いた。騒動の有力容疑者とされた犬が、後に痛ましい事件を起こしていたのだ。

 問題の犬は、ロットワイラーという種類の黒い大型犬。この犬が疑われたのは、ちょうどクマ騒動が起きていた当時、飼われていた別荘からたびたび脱走していたためだ。目撃談がいずれも車内からだったこともあり、「黒い犬をクマと見間違えた」という見方が有力だったのだ。“クマ”の目撃者はロットワイラーを見て「こんなに小さくなかった」と否定したらしいが、犬の脱走防止措置が講じられて以降、目撃談が途絶え、騒動は灰色のままで落着した。

 騒動から3年後の昨年10月、この町で今度は4歳男児が大型犬2頭に襲われ、死亡する事件が起きた。現場は、男児の祖母が管理人を勤める別荘内。犬は放し飼いにされており、うち1頭がロットワイラーだった。不幸な事件なのでこれ以上の詳細は省くが、二つの現場は住所等が一致しており、同じ犬だったのは間違いない。

 男児の死亡事件後、犬の管理の手落ちについては、さんざん新聞等で指摘されており、ここで繰り返すつもりはない。ただ、クマと見間違えるような大きな犬が放し飼いにされ、一時は野犬のように外をうろついていたことに恐怖を覚える。「人懐っこい犬だった」という飼い主サイドの証言があるようだが、飼い主に対してフレンドリーであっても、見知らぬ他人に対してもそうだとは限らないだろう。脱走時に事件が起きなかったのは、今となっては僥倖だったとしか思えない。

 九州のクマについて書くと、大分県の祖母・傾山系で1987年に捕獲されたツキノワグマが「最後の野生種」とも言われていたが、残された遺伝子を調べたところ、本州で捕獲されたクマか、またはその子孫であるとの研究結果がつい最近公表された。つまり、九州固有のクマはもっと早く絶滅している可能性が高いらしい。福岡県にはもともと生息していなかったようだ。写真はずいぶん前に阿蘇カドリードミニオンで撮影した、見た目は“人懐っこい”クマたちだ。
[Edit]
Theme: 福岡 | Genre: 地域情報

南京錠

旧聞に属する話2010-錠

 福岡市にある海浜公園・シーサイドももちの広場の一角で、妙な光景に出合った。壁に作られた出窓風の個所に、南京錠が何個かぶら下がっているのだ。

 恋人同士が愛を誓って南京錠をかけ、カギは投げ捨てるという風習(おまじない?)が最近あるとは聞いていた。しかし、パリだのフィレンツェだの、海外のシャレた都市で流行しているとばかり思っていたから、まさか福岡で目にするとは思わなかった。

 ネットで調べてみると、この南京錠、今となっては日本全国いたるところにぶら下がっているらしい。「恋人の聖地」(このネーミング、恥ずかしくないのだろうか?)などと呼ばれているデートスポットの中には、フェンスが重みで倒れそうなほどジャラジャラと取り付けられているところさえある。せっかくの景観も台無しではないかと思うが、カップル集客を狙って、わざわざ南京錠を取り付ける場所を設置しているスポットもあるようなので、よそ者が口をはさむ筋合はないのだろう。

 シーサイドももちという場所は、景色こそ良いが、ショップなどは何もなく、デートスポットとしてはたいして魅力がある場所ではない。だから今のところ、ぶら下がっている南京錠は数えるほどで、目くじらを立てるまでもないが、錠の先に見える教会風の建物は、実は民間の結婚式場である。何となくご利益はありそうなので、ひょっとしたらこれから増えるかもしれない。
[Edit]
Theme: 福岡 | Genre: 地域情報