川南造船所、全面撤去へ


 佐賀県伊万里市に残る軍需工場・川南造船所の廃虚(写真、昨年11月撮影)が、やはり完全に取り壊されることになった。市が設けた跡地整備の検討委員会(5人)で、完全解体か一部保存かの議論が続いていたが、各紙報道によると、23日の会合で、地元側の意向を尊重して全面撤去の結論を出したという。年内にもすべて取り壊されるらしいが、せめて映像資料を含め、万全の記録保存を図ってほしいと思う。

 このブログでも過去2度、川南造船所跡の解体問題を取り上げてきた(「川南造船所跡」「緑の廃墟・川南造船所跡2」)。個人的には何とか残してほしいという気持ちがあったが、一刻も早い撤去が地元の総意ならば、仕方がない。廃虚のまま半世紀以上も放置し、住民感情を硬化させた過去の行政の無策こそ責められるべきだろう。

 造船所で具体的に何が製造されていたのかさえ、最初は行政側も把握していなかった節がある。「人間魚雷を造っていた」との証言により、「回天」と考えられていたが、同じ「人間魚雷」の異名を持つ特攻兵器ながら、実際は特殊潜航艇「海龍」だったことが先の委員会の場で立証された。もっと早い段階できちんとした学術調査が行われていれば、廃虚ではなく、貴重な戦争遺産として評価され、地元の認識も変わっていたかもしれない。惜しい気がする。

 旧直方駅舎、川南造船所跡と2回続けて保存か解体かで揺れる建物を取り上げた。大きな情勢変化がない限り、恐らく旧直方駅舎も取り壊される運命だと思うが、直方市は旧駅舎の学術調査を行うことさえ拒否している。これに対し、伊万里市は検討委員会で議論を深め、保存を求めてきた学識者らを、最後は渋々ながらも納得させた。この違いは大きいし、伊万里市のプロセスは評価されるべきだと思う。




スポンサーサイト
[Edit]

旧直方駅は初代博多駅?

 福岡県直方市にあるJR直方駅の新駅舎がこの春完成した。直方市は大相撲の大関魁皇の出身地として知られるところで、結局は実現しなかったが、新駅の開業式典には魁皇関も一日駅長として出席し、盛大に祝う予定だった。ここまではおめでたい話なのだが、お役ご免になった旧駅舎を巡って同市では今、ちょっとした対立が起こっている。

 市やJR側は旧駅舎を取り壊し、跡地を駅前広場にする計画なのだが、これに一部市民が「貴重な文化財だ」と猛反発しているのだ。旧直方駅舎は初代博多駅が移築されたとの説もあり、問題をややこしくしている。これが事実ならば、現存する中では日本でも最古の部類に入る木造駅舎となるらしい。

 直方駅の歴史を『直方市史』下巻(1971年刊)でひもといてみると、1891年(明治24年)8月、筑豊興業鉄道によって設置されたのが最初で、1907年(同40年)の国有化に伴い、駅舎新築と構内拡張工事がスタート。1910年(同43年)3月に問題の駅舎が完成したことになっている。

 一方、博多駅は1890年(同23年)に初代駅舎、1909年(同42年)に2代目の駅舎が完成しており、初代博多駅移築説に年代的な不都合はない。旧直方駅舎の建築資材を調べた研究者は「可能性は高い」と太鼓判を押したのだという。

 報道等によると、ところが、現在の直方市長は「初代博多駅移築説など知らない」と保存を真っ向から拒否し、調査することさえ頑なに拒んでいる。理由の一つは「金がない」ということらしい。財政難とは“役所がやらない時”の一番便利な言い訳だが、それなりに説得力があるのも確かだ。

 ただ、この市長、直方駅前一帯に明治から昭和初期にかけての建物が多数残っていることに着目し、レトロタウンとして売り出す構想を持っているようなのだ。旧直方駅舎が、仮に初代博多駅舎でないとしても、明治末に完成したバリバリのレトロ建築物であるのは間違いない。構想に本気で取り組む気があるのならば、旧駅舎の取り扱いにもう少し慎重さがあっても良いと思うのだが…。

 初代博多駅移築説を一般に広めたのは、恐らくJR九州自身ではないかと思う。同社が1989年に刊行した『九州の鉄道一〇〇年記念誌 鉄輪の轟き』の中に、直方駅について、しっかりこう記述されているのだ。「明43.3 駅舎の改築完成。初代博多駅舎を移転」(下の写真参照)。JR九州は、取り壊しに加担する今になって「裏付けが取れない記述だった」という趣旨のことを言っているようだ。いい加減な話である。


DSCF3567.jpg
[Edit]

台風に期待した結末は


 5月には渇水が懸念されていた福岡市だが、梅雨に入って大雨が続き、むしろ水害が心配される事態になってきた。ダムの平均貯水率もいつの間にか100%に迫り、平年を大幅に上回っている。雨は欲しいが、降り過ぎると困る。「時により過ぐれば民の嘆きなり八大竜王雨やめさせたまへ」といったところである。

 タイトルは1978年の話である。この年の9月、九州北部や山口を台風18号が直撃した。10人以上の犠牲者を出すなど大きな爪痕を残したのだが、この台風、待ち望まれた存在だったのである。福岡大渇水の最中だったからだ。

 ところが、期待された雨をまったくもたらさず、猛烈な風が吹き荒れただけだった。犠牲者の多くは、風に吹き飛ばされた板の直撃を受けるなどして亡くなったのである。台風が去った後、福岡は粛然とした雰囲気に包まれた。いくら水不足だからと言って、台風という災害要因に期待した心持ちの是非について自省せざるを得なかったのだ。

 やはり大渇水に見舞われていた1994年、台風を「空の給水車」などともてはやすような報道があった時、私や周囲の人間は強烈な違和感を持った。78年の記憶は薄れたのだろうか。写真は、台風が九州近海を通り過ぎた直後の西区愛宕浜。
[Edit]

高校付設の予備校

 ※福高研修学園は2016年春に閉校となりました。以下の記事は2011年に書いたものです。


 福岡高校付設の予備校、福高研修学園が今なお健在であることを最近知った。福岡県立高校の付属予備校は、河合塾や代ゼミ、駿台など中央大手予備校の侵攻により、ほとんど絶滅したと思っていたので、少し驚いた。OBではないので詳しい事情は分からないが、恐らく相当の進学実績で、受験生や保護者の信頼が今も厚いのではないか。

 高校付設の予備校と言っても、大方の人は理解できないと思うが、福岡市内の県立普通科高校の多くには20世紀の終わりごろまで、なんと予備校が併設されていたのである。運営は同窓会やPTAを母体にする学校法人で、名称は修猷学館や筑紫丘学館など校名を冠しているのが一般的だった。

 講師陣は高校教師が務めるケースが多く、しかも在籍者は当該高校の卒業生ばかりだったから、予備校併設校には「4年制高校」の雰囲気が漂っていた。中には制服着用を義務付けているところさえあり、校章のバッジで現役生か浪人組かを見分けていた。3浪の末に合格した私の大学時代の友人も一時通ったらしいが、「浪人になっても学生服着るんだから、まるで『ガクラン八年組』だよ」とぼやいていたものだ。

 とある名門校では、部活顧問の教師が「何のために学館がある。受験勉強は浪人になってしろ!」とまで放言し、部活優先を強いることもあったらしい。こういった発言が問題になるどころか、生徒はおろか保護者にまで結構支持されていたというから、今では考えられない話だ。ただ、修猷学館、筑紫丘学館などは旧帝大や早慶クラスの合格者をバンバン出していたので、先のような「高校生活3年間はとにかく楽しみ、受験勉強は学館で」といった発言にも説得力があったのだろう。

 もともとは旧制中学時代の補習科がこれら付設予備校の起源と聞くが、私の母校のような(当時としては)新設校にも当たり前にあった。楽しむも何もただボーっとしたまま高校生活を終え、当然ながら浪人生活を送ることになった私も1年間お世話になった。親不孝通りの語源ともなった地元の民間予備校に比べて学費が格段に安く、親も何とか認めてくれたのである。予備校の行事で県外への遠足があったり、日祝日はしっかり休みだったりと相当いい加減な学風で、当然、私を含めて合格実績は惨憺たるものだったが…。

 冒頭書いたように、1980年代頃から始まった大手予備校の福岡進出で、付設予備校は名門校、非名門校問わず次々に廃校となり、高校付設予備校とは共存していた親不孝通り近くの地元予備校も前後して討ち死にした。近くに大手予備校の一つが進出し、これが決定打になったらしい。

 こんな特殊な予備校、あった(ある)のは福岡だけかと思ったら、wikipediaによると、岡山や島根など中四国の一部県では現在も健在らしい。また、鳥取では県費負担で運営されてきたが、少子化の時代を迎え、地元民間予備校から「民業圧迫だ!」という批判が出され、存続危機に立たされているとか。民間予備校とやらには「進学実績で勝負しろ!」と言いたいが、県が浪人の世話までしているなど福岡以上に特殊な例ではある。

 【ガクラン八年組】しもさか保の硬派学園マンガ。初出は週刊少年マガジン。下の写真はリイド社の復刻版。タンカーをぶん投げる不良が出てきたりして楽しい。


DSCF3547.jpg
 
[Edit]

FWデカッ!

 5日に行われた九州高校ラグビー福岡県予選決勝、東福岡―筑紫戦の模様がYouTubeにアップされている。撮影したのはライバル他校の関係者のようだが、これが抜群にうまい。実況・解説があれば、テレビ中継並みのレベルだ。花園予選の決勝さえ録画でお茶を濁している地元民放のRKB毎日よりうまいのではないだろうか。嫌みはともかく、観戦できなかった両校の激戦をお陰で堪能できた。関心のある方は以下のアドレスへ。
 http://www.youtube.com/user/gaorugby/

 試合の方は34-24で東福岡が勝利を収めた。順当勝ちのようでもあるが、後半開始早々には一時、24-10で筑紫がリードを奪っていた。最後は東福岡の底力に屈した格好だが、筑紫は例年、夏からグッとチーム力を上げてくる。秋の花園予選は相当に楽しみだ。

 今年の両校の特徴だが、とにかくFWがでかい。大会公式パンフレットによると、第一列は平均体重がともに100キロを超えている。中でも3番に至っては東福岡が115キロ、筑紫が116キロ。東福岡の3番は、1月の全国大会決勝で途中出場した際、テレビ中継(Jsports)の解説者を「ウハッ、でかい!」と驚がくさせた、あの選手だ。ジュニア時代から巨体を生かした突破力で非常に目立つ存在だったが、高校3年になり、巨体にもプレーにもさらに磨きがかかったようで、この試合でも猛烈な突進で会場を沸かせていた。

 一方、筑紫の116キロ。こちらはこの巨体でプレースキッカーを務め、YouTubeからでも会場の驚きが伝わってきた。コンバージョンで彼が構えるだけで「オオッ」というどよめきが起きるのだ。これだけでも一見の価値がある。

 BK陣に関しては、花園連覇のメンバーが相当数残る東福岡(優勝メンバーのFBはニュージーランド留学のためこの試合は欠場)に一日の長がありそうだが、筑紫も例年のようなFW一辺倒のチームではない。ジュニア全国優勝チーム出身の1年生が早くも力を発揮しており、故障中の主将が復帰すれば、さらに上積みがありそうだ。

 両校が出場する九州大会は今月18~21日、福岡県宗像市のグローバルアリーナで行われる。

[Edit]

続きを読む

山笠標題にライオンズ

旧聞に属する話2011-山小屋

 福岡市のあちこちに今、写真のような骨組みが出来上がっている。これは山小屋と言い、ここに山笠が飾られるのだ。先日は山笠の標題が発表された。勇壮さを売り物にする祭りだから、時代物、中でも軍記物が多いのは毎年のことだが、例年と少し違うのはNHKの大河ドラマにちなんだ標題が少ないことだろうか。

 そのものズバリ「戦国の女江」を標題としたのは博多区の老舗商店街・川端中央街に飾られる山笠だけ。統計を取っているわけではないので正確なことは言えないが、多い年には4、5か所程度は“大河ドラマもの”があった気がする。今年の大河ドラマはえらく評判が悪いと聞いたが、不人気は山笠にも及んでいるのだろうか。

 写真はヤフードーム前の山小屋で、ここの題材は毎年、当然ながら福岡ソフトバンクホークスだ。去年は秋山監督、選手会長の川崎に加え、応援隊長のお父さん犬が特別出演し、えらく目立っていた。今年は誰が主役なのか、7月1日のお披露目を楽しみにしておこう。

 今年はさらに、福岡を沸かせたもう一つのプロ野球チームが山笠に登場するようだ。市の中心部・天神にソラリアという商業ビルがある。ここの1階フロアーに毎年個性的な山笠が飾られているのだが、今回の見送り(裏側のこと)の題材は何と「勇者ライオンズ」。ソラリアの経営者は西鉄で、このライオンズとは恐らく1950年代に日本シリーズ3連覇を成し遂げた伝説の球団・西鉄ライオンズのことであろう。

 西鉄ライオンズは「黒い霧事件」でボロボロになって球界から消え去ったこともあり、親会社だった西鉄にとっても、ライオンズを引き継いだ西武にとっても歴史の暗部であり、地元・福岡においてさえ必ずしもきちんと評価されているとは言い難い。取り壊されたライオンズのフランチャイズ平和台球場に至っては、跡地近くの歩道に、関係者によって建立された小さな小さなモニュメントがあるだけだ。

 西武が数年前から、ライオンズ福岡時代の歴史に正面から向き合い始め、潮目が変わったようだが、それにしてもライオンズが山笠に登場するなど一体何十年ぶりのことだろうか。ライオンズとホークス、福岡を彩った球団のそろい踏みは間違いなく初めてだろう。
[Edit]

質実剛健な博多ポートタワー

旧聞に属する話2011-ポートタワー

 福岡市の博多港にある博多ポートタワーで5日、展望室(高さ70m)付近から部品が落下する事故が起き、同日から当分の間臨時休館している。完成が半世紀近く前の1964年というから、老朽化が事故の原因らしい。ところで、このタワー、全国でもあまり例がないほど太っ腹な観光施設であるのをご存じだろうか。展望室からは福岡市街地や博多湾が一望でき、夜10時まで営業しているから夜景も楽しめる。なのに入場は無料なのだ。

 管理・運営している市の発表資料によると、タワーの年間入場者は約24万人。多いか少ないかは判断が分かれるところだが、私は意外に多いと思った。日韓高速船が行き来する波止場が近いこともあり、韓国人観光客には穴場的な観光名所として人気と聞くが、福岡市が全国に向けてPRしているようには思えないからだ。

 同じ福岡市の海岸沿いにある弟分の福岡タワーは、展望室(123m)に上がるには大人800円もの料金をふんだくられるのに、年間35万人の入場者を集めている。福岡タワーの展望室の方が50m以上も高いことに加え、1989年完成と比較的新しいため、見た目もおしゃれな感じなのが人気の理由だろうが、その一方で、このタワーは「恋人の聖地」などと非常に恥ずかしい売り出し方をされている。普通の人はひくだろう。

 それに比べて博多ポートタワーは、東京タワーや通天閣などの設計者として有名な「塔博士」こと内藤多仲が手掛けた歴史ある建造物だ。内藤が博多ポートタワー以前に設計した別府タワーは、現実に国の登録文化財ともなっている。こういった点をきちんとPRすれば、心ある観光客は気色悪い「恋人の聖地」ではなく、質実剛健な博多ポートタワーを選ぶかもしれない。加えてもう一度繰り返すが、何しろ無料なのだ。

 博多ポートタワーの来歴に関しては、色々なサイトが紹介しているので詳しくは書かないが、完成当時は「博多パラダイス」なるスゴイ名前のレジャーランドの一施設だった。現在、立体駐車場になっている場所にはジャングル風呂などもあったらしい。私が小学生ぐらいのころまで存続していたようだが、家族そろってレジャーに行くような家庭には育っていないので、一度も行ったことがない。子供のころは別に何とも思わなかったが、古くから福岡に住んでいるのに昔話ができないのはちょっと寂しい。
[Edit]

九州はひとつひとつ

ダイエー

 私が小学生ぐらいの時分の話である。「私の彼は何とか」と歌っていた某女性アイドル歌手がいた。中高年と言われる年齢になった現在もなお、振袖姿で踊っていらっしゃる、あの方だ。彼女が人気絶頂の時、福岡市でサイン会を行ったことがあった。私は別のアイドル歌手のファンだったので何の関心もなかったが、わざわざ出かけたお調子者が翌日、サイン会の模様を憤然とした様子でクラス中に触れまわっていた。

 何でもサイン会開始のずいぶん前から大勢のファンが集まり、アイドル某が姿を現した途端、全員が歓声を上げて殺到、会場は大混乱になったらしい。アイドル某はこの時、露骨に嫌な顔をし、聞えよがしに吐き捨てたのだという。「これだから福岡の人間は」。

 お調子者氏は到底アイドルとは思えない態度を間近にして、すっかり彼女が嫌いになったと語った。そして話の最後に、(きっとアイドル某に負けないぐらい)不機嫌極まる顔で吐き捨てた。「自分は○○の人間のくせに」。

 ○○には九州内の別の県名が入る。なぜ、今さらこんな古い話を持ち出したかというと、このサイン会の会場が確かショッパーズ福岡というダイエーの商業ビル=写真=だったからだ。ここの専門店街が今年7月いっぱいで閉店すると聞き、なぜか真っ先にこの話を思い出した。福岡の人間は「熱しやすく冷めやすい」と評されるが、異常に郷土愛が強く、地元を馬鹿にされた恨みは決して忘れない。このアイドル某事件は、私のような中高年世代の間では相当広範囲に伝わっている。江川卓(巨人にいたあの江川卓である)とともに彼女は大嫌いだという人間は、私の知る限りではかなり多い。

 この話の結論は、アイドル某や福岡の人間は性格が悪いという話ではない。九州人は出身県が違えば極めて仲が悪いということである。政治家などは「九州はひとつ」などと九州の結束力をアピールしたがるが、アピールしなければならないのだから、まったくの嘘っぱちである。正解は「九州はひとつひとつ」である。例外は高校野球ぐらいで、この時ばかりは地元の代表校が負ければ、なぜか九州の他県の高校を応援したくなる。
[Edit]

マルくんの諸先輩方

DSCF6209.jpg

 福岡市の舞鶴公園に生息する大きなミドリガメたちを、我が家では「マルくんの諸先輩方」と呼んで敬意を払っている。どのように敬意を払っているかというと、偏食マルくんがまったく食べないカメフードを時折与えているのだ。以前、「コロナ」という配合飼料が大量に残っていたので、腐らせてはもったいないと思い、お堀にばらまいたことがある。カメの大群があっという間に現れたかと思うと、コイやアヒルまで多数集まりだし、お堀は凄い状態になった。

 この壮観に気を良くして(?)、その後も乾燥糸ミミズやイトスイの「カメのえさ」などを度々持って行っている。気のせいか、私がお堀端を歩くとカメやコイが寄ってくるようになった。もっとも、本当は別に私に寄ってきているわけではないに違いない。多分、人間すべてに寄ってきているのだ。

 お堀端では夕方、散歩がてらカメやコイに餌をやっている人をよく見かける。日課にしている人も少なくないようで、おこぼれを頂戴しようと、あの傍若無人なカラスが行儀良く並んでいたりするから結構おかしい。

 以前から、ここに住むカメたちは何を食べているのだろうかと疑問に思っていた。ハスの葉をムシャムシャかじっているのを見たことがあるが、そんなに栄養価はないだろう。ひょっとしたら、人からもらう餌でかなりのカロリーを確保しているのではないだろうか。与えられたものを何でも好き嫌いなく食べているせいか、ここのカメたちはどれも健康そうである。うちのマルくんも諸先輩を見習い、偏食をなくしてほしいものだ。
[Edit]