マルヨ無線事件

DSCF3417.jpg

 マルヨ無線強盗殺人放火事件(マルヨ無線事件、川端町事件)なる凶悪事件が1966年に福岡市で起き、その主犯格だった男が今なお死刑囚として福岡拘置所(写真)に収監されていることを知った。死刑判決確定が1970年というから、すでに40年以上になる。死刑囚の収監期間としては、あの帝銀事件の平沢貞通の37年を超え史上最長になるらしい。

 福岡市に長年住んでいるので、事件名ぐらいは聞いたことがあったが、あまりに古い話なので特別関心もなかった。今月下旬、第6次再審請求が福岡地裁に棄却されたという報道があり、恥ずかしながらここで初めて事件の概要を知ったという次第だ。この時の報道によると、死刑囚の名前は尾田信夫。40年以上も拘置所暮らしなのだから相当の高齢者を想像するが、まだ64歳だ。

 事件の概要は、当時20歳だった尾田死刑囚が以前勤めていたマルヨ無線川端店に夜間押し入り、当直の従業員2人をハンマーで殴って重傷を負わせ、現金を強奪。さらに逃走の際にストーブをけり倒して放火し、従業員1人を焼死させたというもの。しかし、尾田死刑囚は裁判途中で放火に関しては否認に転じ、再審請求を繰り返しているというのが現在までの流れだ。彼が問われたのは強盗殺人、同未遂、放火。放火が無罪ならば、量刑は恐らく変わる。

 再審請求中は刑を執行しないのが慣例らしいが、あくまでも慣例であって過去には例外もあったという。代々の法相が尾田死刑囚の執行にサインしなかった理由はわからないが、何かふに落ちない点でもあったのだろうか。司法改革とやらで裁判の経過は今まで以上に国民の目に触れるようにはなったが、刑確定後のことはさっぱりわからない。受刑者のプライバシーにかかわるからだろうが、このあたりにも被害者側への配慮はかけらもない気がする。

 再審請求棄却の報道があったのは今月下旬だったが、棄却自体は結構前の話らしい。この程度の情報もまともに開示しないのだから、行刑密行主義も極まれりだろう。
スポンサーサイト
[Edit]

動物園での苦い思い出


 以前、別府の地獄巡りで大口を開けたカバに出会い、子供時代の苦い思い出がよみがえったことがある。私の親族がやらかした出来事で、次のような話だ。一種の動物虐待で、かなり犯罪的なのだが、ウン十年前のことなのでご容赦願いたい。多分、こんなモラルのない人間は今はいないことだろう。

 私が小学生の頃、親戚の結婚式がとある動物園の近くであった。披露宴がお開きになった後、せっかく近くにあるのだからと一族郎党で動物園に行くことになった。家族そろって動物園に行くような文化環境で暮らしていた家系ではない。私をはじめとする子供たちは滅多にない体験に最初は大喜びだったのだが、後に恥ずかしさでいたたまれなくなった。

 大人たちは披露宴の祝い酒で完全に出来上がっており、だから動物園に行くなどという柄にもない行動をとったのである。入園した途端、子供以上にワーワー騒ぎだし、それだけでも十分恥ずかしかったのだが、叔父の一人はどこで仕入れてきたのかウイスキーのポケット瓶を懐にしのばせていた。自分で呷るのならばまだましだが、何とそれを大口を開けたカバにドバドバと流し込み始めたのである。大人たちは大笑いだったが、子供にとってはたまらない。その場から走って逃れた。

 発酵した木の実を食べたアフリカゾウやヒヒが酔っぱらって千鳥足になる映像を昔見たことがあるのだが、調べてみると、「ビューティフルピープル」というドキュメンタリーだったようだ。この作品にはカバは出なかったと記憶するが、ゾウが酔っぱらうのだからカバも酔っぱらうことも恐らくあるだろう。ただ、ウイスキーのポケット瓶程度なので、人間でも酒が強ければ一気飲みして平気な量だ。巨体のカバには何の影響もなかったと信じたいが…。
[Edit]

試合時間はこれぐらいがいい

DSCF3836.jpg

DSCF3915.jpg

 今年、8枚綴りのホークス戦回数券(1万円)が売られているのを見つけ、例年にない頻度でヤフードームに通っている。平日しか入場できないが、内野指定席に交換でき、1枚当たりが1250円。球場内では結構いい値段の弁当を食べ、1杯700円の生ビールをばかばか飲んでいるので、結果的には相当高くつくのだが、今年ぐらいホームで圧倒的に強ければ、まあ満足である。

 8月24日現在の勝率は.670。これでも十分に高い数字だが、ホームに限れば、40勝14敗で勝率は7割を大きく超える。ヤフードームで試合を観戦すると、ホークスファンは10回のうち7回以上、もっとアバウトに言えば「大抵は」勝ち試合を見ることが出来るのである。

 勝ち試合が多いこともあるが、今年は例年になく多くのファンが試合終了まで残っているような気がする。昨年までは7回が過ぎたぐらいから空席が目立っていたものだが、今年はヒーローインタビューの時でもぎっしりということがままある。これは3時間半ルールや統一球により投手戦が増えたことで、試合時間が大幅に短くなったせいもあるのではないかと思い、平均試合時間をNPBのサイトで調べてみた。

 ホークスの平均試合時間は昨年が3時間12分で、今年(8月24日現在)が3時間4分。8分間の短縮で思った程ではなかったが、これは9回で試合が終わった場合の平均で、延長まで含めれば、もっと短縮されていることだろう。少なくとも午後11時過ぎても試合がまだ終わっていないケースなどさすがに今年は一度もない。

 私が見に行った試合の中でも、ヒーローインタビューや勝利の花火、ルーフオープンショーなど一連のセレモニーが全部終わったのに、まだ午後9時を過ぎたばかりというケースさえあった。試合時間は正味2時間半ぐらいだったようだ。

 3時間半ルールは今年限りかも知れないが、原発に対する国民の不安・反発を考えれば、電力不足の懸念は来年以降も恐らく付いて回るだろう。大リーグのように最後まで決着をつけるべきと考える人は、例年の延長12回打ち切りルールにも批判的のようだが、今年のように最長3時間半程度のきびきびした試合の方が個人的には気持ちいい。



[Edit]

地下鉄「福岡地所」線


 珍しく福岡市営地下鉄七隈線に乗ってきた。ラッシュアワーをちょうど過ぎたぐらいの時間帯。以前、同じような時間に乗った時はガラガラだったので、同様の状況だろうと予想したが、思った以上に乗客がいた。依然、年間数十億円もの赤字を出しているお荷物路線だが、乗客はわずかながらも増加傾向らしい。

 赤字解消のため、現在は天神南で途切れている路線を、大型商業施設キャナルシティ博多経由で博多駅に延伸しようという計画も動き出している。先頃には地元経済界や沿線の大学、自治会などからなる延伸促進期成会も発足した。

 この期成会、一応は民間組織のようだが、事務局が置かれているのは、福岡市幹部が天下りするための財団法人(理事長は元市局長)で、財団自体が市交通局に入居している。期成会などどこも一緒なのだろうが、お粗末なほど市役所お手盛りの組織である。“官民一体”で延伸計画を進めたいのならば、表に出るべき民間企業が別にあるのではないか。

 七隈線の西の始発駅・橋本には今春オープンした「木の葉モール」なる商業施設がある。運営しているのは地場デベロッパー・福岡地所。さらに延伸によって、同社の超ドル箱施設であるキャナルシティまで通るようになる。一部で「これではまるで七隈線ならぬ福岡地所線」という声が上がっているようだが、無理からぬことだろう。

 キャナルシティ経由の延伸ルートが複数案の中から選ばれたのは、費用対効果が最も優れているためだと市は説明している。実際に七隈線の利用客が増え、それで福岡地所も潤うのならば、福岡市全体にとってはいい話で、別に目くじらを立てる必要はないと思うが、本来の計画にまったくなかったキャナル経由の延伸案が1、2年前、魔法のようにひょいと飛び出てきたことがどうにも不可思議なのである。本来あった計画案とは一体何だったのだろうか。

 数号前の市政だよりで地下鉄30周年が特集された際、この延伸計画についても触れられていたが、説明は20行に満たなかった。報道機関を通してだけでなく、市自身がもっと市民に対して直接説明すべき事柄ではないだろうか。他の延伸案よりも安いと言いながら、450億円もの費用が投じられるのだから。


[Edit]

西鉄今川車庫跡



DSCF3900.jpg

 先頃まで西鉄の子会社・西鉄観光バスの営業所があった福岡市中央区地行の土地が、あっという間に更地に変わっていた。古くは西鉄バスの今川営業所、さらに前には市内電車の車庫が置かれていた樋井川沿いの場所だ(写真1枚目は5月21日、2枚目は8月13日撮影)。

 ヤフードームにも近い一等地。一帯では不況の今もマンションの建設ラッシュが続いており、この場所にも西鉄が大規模な高級マンション建設を計画しているとの噂が地元では流れている。そう言えば、以前は福岡市内各地にあった西鉄バス営業所が次々に廃止され、多くがマンションや西鉄経営のスーパーマーケットに変わった気がする。

 福岡県内を今も昔も我が物顔で走っているように思える西鉄バスだが、西鉄の広報資料によると、昨年度だけで100もの路線を廃止・減便する合理化策を行ったという。景気低迷や人口減、さらには今年6月まで実施されていた1000円高速が追い打ちをかけ、西鉄のバス事業は2003年以降、慢性的に赤字状態らしい。

 それにしても100もの路線が廃止・減便されながら、利用者側の不満や嘆きはあまり聞かれない気がする。100路線という数字は西鉄が運行していた路線の実に4割にも上るというのに。単にメディアが報じていないだけなのだろうか。
[Edit]

田園地帯の廃屋

DSCF3885.jpg

DSCF3888.jpg

 福岡都市圏東部の田園地帯を走っていて見かけた廃屋。元は住宅だったのではないだろうか。田舎に行けば、見捨てられ朽ち果てた廃屋など珍しくもないが、この廃屋の周囲はきれいに手入れされた畑で、すぐ近くにはきれいな新興住宅地が広がっている。ポツンと建っている姿が妙に印象的だった。
[Edit]

糸島の支石墓群を歩く



DSCF3811.jpg

 先日、糸島市にある国史跡・志登支石墓群を見学してきた。JR波多江駅から徒歩で行ったのだが、生来の方向音痴のため見事に道を間違え、30~40分ぐらい要した。実際は15分ぐらいの距離だろう。この日はもう1か所、同じ市内の新町支石墓群も巡る予定だったのだが、汗びっしょりになったので後日に回した。本当は新町の方が本命だったのだが…。

 支石墓とは、遺体を埋葬した上に石を卓状に組み上げた弥生時代の墓だ(構造は下の写真参照)。朝鮮半島から伝わった墓制だというが、糸島地方やお隣の唐津など九州北西部のごく限られた地域にしか広まらなかった。大きな石を切り出したり、運んだりと相当な労力が必要だからだろうか。この志登支石墓群でも、写真に見える円錐形の山、可也山から石を運んできたとされている。直線距離にして4kmだが、墓が造られた2000数百年前には志登地区と可也山との間は糸島水道で隔てられており、船で運んだのではという見方もある。長方形の大石は優に1tを超えるというだけに、陸路にしろ海路にしろ大事業であったことだろう。

 志登では人骨は見つかっていないが、規模の大きい新町からは14体が出土している。半島系の墓なのに、埋葬されていたのは低顔・低身長の縄文系の特徴を持った人たちで、考古学上の大きな謎の一つになっているとか。西南学院大の高倉洋彰教授は「縄文人が稲作を学ぶために半島に渡り、墓制も持ち帰ってきた」という趣旨の説を唱えていると何かで読んだが、古代から半島と九州との間に密接な交流があったのならば、九州から半島へというルートがあっても良いとは思う。

 志登支石墓群については写真の説明板に紹介があるので、詳しいことは書かないが、1953年に発掘調査が行われるまで、地元では「近付けば、たたりがある」と怖れられていたと聞いた。住民たちが支石墓群をいったいどのような場所と認識し、なぜ、たたりがあると考えたのか、詳しく知りたいところだ。


[Edit]

セスジイトトンボ

DSCF3854.jpg

 3日夕、福岡市中央区の舞鶴公園を歩いていて、お堀端で小さなイトトンボが飛んでいるのに気付いた。体長は3cmにも満たなかっただろう。名前通り、本当に糸くずのような華奢な体つきだった。しばらく眺めていると、枯れ草に止まってじっと動かなくなったので、カメラを接写モードにして写真を何枚か撮ってきたが、すべてピンボケだった。思い切ってもう少し近付くべきだったようだ。

 帰宅してネットで調べたところ、どうもセスジイトトンボという種類のようだ。結構色鮮やかな姿で、あるいは珍しいトンボかもしれないと思っていたが、北海道・東北を除く日本各地の池や沼などで普通に見ることができるらしい。他の方々がネット上で公開している写真は、私とは比較にならない出来であった。
[Edit]

城南中、高鍋西中が全国大会へ


 中学ラグビーの九州大会が8月2日まで、大分県日田市中津江村の鯛生スポーツセンターで開かれた。九州ラグビー協会が公式サイト(http://www1.i-kyushu.or.jp/krfu)で結果を速報しているが、Aパート決勝では福岡代表の城南中が26-19で宮崎代表・高鍋西中を下したようだ。

 何度目の優勝かと思い、歴代優勝校一覧をネット上で探してみたのだが、見つけることができなかった。仕方がないので、過去の大会公式パンフレットなどをもとに自作した。城南中は2年ぶり7度目の栄冠で、大会最多優勝回数をさらに更新したことになる。

 過去の優勝・準優勝校のうち、城南以外でも長丘、三和、玉名、川副、帯山、百道、美東の各校が今年も九州大会出場(Bパートを含む)を果たしたが、私の知る限りで前原東、柏原などラグビー部が消滅した学校も少なくないようだ。立派な実績を伝えていけないのは残念なことだが、顧問の教諭の転任・退職や競技人口の減少など様々な原因があるのだろう。こうして見ると、大会草創期に圧倒的な強さを見せながら、長く雌伏していた城南中が近年復活を果たしたのは、非常に希有なことかもしれない。

 優勝を争った城南中、高鍋西中は来月17~19日、茨城県水戸市で開かれる第2回全国大会に九州代表として出場する。両校の健闘を期待したい。


dadaizumi-256737.jpg

[Edit]