# 旧聞since2009

# 給食費滞納75万円


 福岡市東区に給食費を75万6429円も滞納している一家がいる。市は支払いを求める訴訟を起こすことを決め、現在開会中の福岡市議会に議案を提案している(下の写真が議案書の一部。黒塗りは市)。しかし、非常に不可解な話である。福岡市は2009年度ごろから、滞納額が概ね10万円を超えた時点で法的措置に訴えてきた。給料を差し押さえたケースさえ過去にはあったらしい。このケースでは滞納額がこれほどの金額になるまで、なぜ手をこまぬいてきたのだろうか。

 75万円を超える給食費滞納など全国的には極めて稀な事例だと思えるが、福岡県内に限れば、実はそんなに珍しい話ではない。4年前の2009年暮れ、飯塚市が同様の訴訟を起こした際の滞納額は最高で94万円にも上っていた。だからなのか、福岡市の75万円滞納は新聞等で特に報じられた様子もなく、議会でも(質問通告を見る限り)議案質疑や一般質問で取り上げた議員もいなかったようだ。

 福岡市の1ヶ月当たりの給食費は現在、小学校が3900円(昨年4月に値上げされるまでは3500円)、中学校が4600円(同4200円)。値上げ前で計算してみると、小中学校の9年間の給食費の総計は約37万円となる。75万円滞納世帯の家族構成などは当然ながら明らかにされていないが、単純計算すれば、2人の子供の給食費を延べ18年間全く支払わなかったことになる。

 冒頭書いたように滞納額が概ね10万円を超えた時点で福岡市は法的措置を講じており、現にこの議会に和解が提案されている世帯の給食費滞納額は17万5129円(延滞金などを合わせた請求額は23万8289円)だ。福岡市議会の公式サイトに残っている過去の資料を見ても、裁判にまで発展した滞納事例はすべて10万円台。75万円滞納世帯が存在するのはミステリーと言っていいぐらいだ。この世帯がどんな主張をして支払いを拒んできたのか、市はいかなる対応を取ってきたのか、可能な限り詳らかにして欲しいものだ。

 給食費滞納の割合は全国的には1%程度。生活保護不正などと同様「誤差の範囲内」と問題にしたがらない人はいる。しかし、福岡市では滞納率は確かに2%に満たないとは言え、滞納額自体は毎年6000万円を超え、2011年度末での累計では2億8000万円にも上っている。「誤差の範囲内」と無視できる金額とは決して思えない。ただ、一応付け加えれば、昨年の給食費値上げと巨額の滞納は無関係らしい。滞納分は市が一般会計から穴埋めしているためで、要するに血税が充てられているわけだが…。


スポンサーサイト

テーマ:福岡 - ジャンル:地域情報

 | ホーム | 

# VAIO、液晶に不具合

DSCF8043.jpg

 VAIO VGN-NS50Bにまた不具合が起きた。液晶ディスプレイが白っぽくなり、不鮮明な状態になったのだ。写真右側が問題のVAIO。左側は5年前から使っているLaVie LL800/K。両方とも画面設定は既定の状態で、ディスプレイの角度もまったく同じ。VAIOの不鮮明さは一目瞭然だ。輝度とコントラストを落とし、何とか作業に耐えられる程度に調整したが、画質はかなり劣悪になった。

 このVAIOはもともと家族が使っていたものだが、壊れたハードディスクを入れ替え、リカバリーした経緯がある(「VAIO復旧は大仕事」)。その後、家族が新しいパソコンを購入したため、VAIOは私が引き取り、最近では主にこちらを使っていた。LaVieは(恐らく)熱暴走で電源が落ちることが度々あり、特に動画を取り扱う際などには信用できなかったのだ。しかし、こうなるとVAIOもメインマシンでは使えない。

 仕方ないので、LaVieを現役復帰させて排熱対策を取ることにし、とりあえず裏蓋を開けてCPUファンのほこりをエアダスターで吹き飛ばした。今までパソコンを起動した途端、CPUファンはウィーンウィーンと猛烈な音を立てていたが、これだけでずいぶん静かになった。もっとこまめに掃除をするべきだった。熱暴走の危険性はかなり低くなったことだろう。

 一方、VAIOの方はドライバーの更新などソフトウェア関係の調整は試してみたが、効果はなかった。恐らくハードの問題だろう。VAIO、LaVieともに購入から約5年。いずれも相当こき使ってきたことを思えば、ガタが来ても不思議はない。高額であろう修理代を考え、VAIOを修理に出すのは見送ることにした。

 今後は画質が関係ない作業で使っていこうとは考えてはいるが、意外にそれが思い浮かばない。VAIO、LaVieとも発売時期が同じような分、性能もほとんど同じ。似通ったパソコン2台の役割分担など案外必要ないのである。

 

テーマ:ディスプレイ - ジャンル:コンピュータ

 | ホーム | 

# 遺骨処分し損害賠償

DSCF5807.jpg

 病死した生活保護受給者(男性)の遺骨を福岡市が勝手に処分したため、遺族の長男に100万円の損害賠償金を支払うというニュースが14、15日の各紙朝刊に相次いで掲載されていた。市は20日開会の市議会に、賠償金支払いを議案として提案するという。

 受給者が病死したのは2011年6月のことで、市は遺族に連絡を取ろうとしたが、長男とは連絡が取れない状態だった(毎日新聞によると、刑務所に入っていたようだ)。他の親族からは葬儀や遺骨引き取りを拒否されたため、市はやむなく業者に依頼して火葬した後、遺骨を破棄した。長男は事が終わった後に姿を現し、「自分で供養することができず、精神的苦痛を受けた」と賠償を求めてきたという。

 賠償を巡って約2年間も話し合いが続いていたことになり、長男なる人物のタフネゴシエーターぶりが想像されるが、実はこの賠償金支払いの議案を市は昨年12月議会にいったん提案しようとし、結局取り下げた経緯がある。議案が欠番になっていることに気付いた議員の一人が理由を質したところ、市は賠償請求されていることを明かしたうえで、「精神的苦痛に対する賠償額の決定が困難で、顧問弁護士と協議して議案提案を見送ることにした」と答えている。

 市議会の議事録にはこれ以上の経緯は書かれていないので、以下は私のまったくの想像になるが、議案が欠番になっていたぐらいだから、土壇場での議案取り下げだった可能性が高い。ひょっとしたら取り下げられた議案にはもっと高い賠償額が書かれていたのではないだろうか。根拠は何もないが、議会や市民の理解を得られにくい金額と判断したからこそ急きょ取り下げたと考えると、滅多にあり得ないという議案欠番が起きたことに納得がいく。

 今回の100万円については、寺が遺骨を紛失した際の訴訟を参考に決定したと一部新聞にあった。これは恐らく2010年3月11日に高知地裁で出された判決のことだろう。遺骨を埋葬することなく紛失した寺の住職に対し、女性2人が計4480万円の賠償を求め、地裁は住職の過失を認め計760万円の慰謝料支払いを命じている。2人の女性はそれぞれ159万円、83万円の墓所代等を支払っていたうえ、遺骨が埋葬されているものと信じて供養を続けていた。「精神的苦痛」に対する賠償はこれほどひどいケースでも2人合わせて760万円にとどまる。

 これに比べれば、福岡市の場合はケアレスミスとも言え、これが今回の交渉での落としどころになったのではないだろうか。長男に代わって男性を生活保護で扶養し、弔ったのは市であり、その費用には市民の血税が充てられているのだ。遺骨処分の非は市にあるとは言え、賠償額には自ずと限度があるだろう。

 以上、長々と書いてきたが、途中で断ったように私の想像に過ぎない。議案の提案を受ける市議会はシャンシャンと賛成するだけでなく、血税を賠償金として簡単に費消する福岡市の脇の甘さを追及するとともに、賠償交渉の真相についても明らかにするよう市側に迫ってほしいものだ。写真は福岡市役所。

テーマ:福岡 - ジャンル:地域情報

 | ホーム | 

# 松中が心配だ

P6130011.jpg

 福岡ヤフオク!ドームで13日行われたソフトバンク―ヤクルト戦は、ドームの屋根を開いての試合だった。5月20日の中日戦に続き、今シーズン2度目。中日戦は所用で行きそびれたので、ヤクルト戦は早くからチケットを押さえ、この日の観戦を心待ちにしていた。

 梅雨の最中とあり空模様が心配だったが、何とか持ちこたえてくれた。小雨がぱらついたためか6回ぐらいで屋根は閉じてしまったが、それまでは夜空の下での試合を楽しむことが出来た。夜風に吹かれての野球観戦がめったに味わえない“ぜいたく体験”になるとは、平和台球場時代を思えば何か不思議な気分だ。平和台は交通の便、周囲の環境とも絶好の場所にあり、あれも素晴らしい球場だった。

 試合の方は11-4でホークスが快勝。おまけに交流戦優勝を争っていた楽天、オリックス、阪神の3チームがそろって敗れ、一気にホークスの優勝が決まった。

 ヒーローインタビューの途中、ライバル3チームの中で唯一リードを奪っていた楽天が逆転されたとの情報が入り、ドーム内は大盛り上がり。インタビュー終了後には、球場内の大型ビジョンで楽天―広島戦の中継を急きょ放映する粋な計らいもあり、まさに優勝の瞬間に立ち会うことができた。

 交流戦はこの日を含めて3試合をドームで生観戦し、それ以外の試合はホークス戦中継を見るためだけに契約しているCATVで一喜一憂した。ホークス選手以外で強く印象に残ったのは中日の新外国人選手・ルナだ。勝負強い打撃はもちろん素晴らしいが、それ以上にどんな状況であっても懸命にプレーを続ける姿に感動すら覚えた。ブランコといい、古くはアロンゾ・パウエル、ケン・モッカといい、この球団の海外選手発掘能力には目を見張るものがある。ホークスの編成を担当している小林某とは、まさに雲泥の差だ。

 ところで、ネット上ではすでに話題となっているが、松中が優勝セレモニーを欠席し、その懲罰として二軍落ちが決まったらしい。いったい何があったのだろうか。処遇に不満を持っての抗議行動か、それとも「自分は一緒に喜ぶ資格がない」と遠慮したのか。この日代打で1本のヒットを放ち、2000安打まであと237本。現状では厳しいかもしれないが、何とか“ホークスで”達成して欲しいのだが。気分良く帰り着いただけに、残念なニュースだった。下の写真は今季のオープン戦で撮影。




テーマ:福岡ソフトバンクホークス - ジャンル:スポーツ

 | ホーム | 

# ヒゴタイの苗

DSCF8006.jpg

DSCF8008.jpg

 12日、大分県くじゅう方面に出かけた際、帰りに立ち寄った飯田高原ドライブインでヒゴタイの苗が1株300円で売られていた。ゴルフボールみたいな瑠璃色の花を咲かせるキク科の植物で、野生種は絶滅危惧種に指定されている。くじゅう・阿蘇地域は国内で数少ない自生地の一つだ。

 酒と野球にしか関心がない無粋なオヤジなので、花には全く興味はないのだが、この花の特徴的な姿には前々から魅せられていた。「やはり野に置け」となる可能性が高いと思ったものの、2株を買ってベランダのフラワーポットに植えた。難しいかもしれないが、大事に育て、あの瑠璃色の花を何とか我が家のベランダで目にしたいと思っている。

 ところで、この日の往路は峠道の九酔渓ルートを取ったのだが、桂茶屋が焼け落ちているのに出くわし非常に驚いた。峠道の途中にある人気の食事処兼土産物屋で、休憩や買い物で私も何度か利用したことがある。この日もここで昼食を取ろうかと考えていたので、後片付けが行われている焼け跡を目の当たりにし、本当に言葉がなかった。

 帰宅して調べたところ、先月24日夜の火事で全焼したことを知った。幸いけが人はいなかったという。女性経営者が書いていると思われる茶屋のFacebookによると、建物の再建に取り組みながら、完成までは露店で営業する方針らしく、「店舗再開の暁には必ず今まで以上のお店に致します」と力強い言葉が記されていた。大変な苦難に遭っても関係者は誰一人くじけていないようだ。

 写真は、長者原の登山口付近で見かけた飼い犬。「オーイ!」と声を掛けると、チラッと振り向いて顔を見せてくれた。犬小屋には「お手をさせると、かみつくことがある」と注意する看板が取り付けてあり、なかなか反骨心のある犬らしい。

 長者原の犬と言えば、1970~80年代にくじゅう山系のガイド犬として活躍した「平治」が有名だが、この犬は秋田犬(または秋田犬系の雑種)で堂々とした体格だったらしい。「平治」のエピソードは素晴らしいと思うが、仮に今の時代に登山道で大きな犬に遭遇したら、ちょっと怖い気がする。警察や保健所などに通報する人もきっと出てくることだろう。ガイド犬が愛された昔と違って、野良犬や放し飼いの犬さえ滅多に見かけない時代なのだから。

テーマ:大分県情報 - ジャンル:地域情報

 | ホーム | 

# 大濠公園ボートハウス閉鎖

DSCF7991.jpg

DSCF7997b.jpg

 福岡市中央区の大濠公園にあるボートハウスが老朽化により解体・撤去されることになり、入居していたレストラン「花の木」「カフェ・イン・ザ・パーク」の2店は5月31日限りで閉店した。「花の木」は福岡では有名なフレンチレストランらしいが、ランチは一番安いコースでも3675円とあり、私のような安月給のサラリーマンには完璧に無縁の店だった。1階の若干リーズナブルな「カフェ・イン・ザ・パーク」の方にも行った記憶がない。

 そう言えば、長く福岡市に住んでいるが、大濠公園では食事はおろか、ボートに乗ったことも花火を見たこともない。要するにそんな環境下の青春時代を送ってきたというわけで、福岡人としてはこれは相当に情けない話だ。この公園に関する思い出と言えば、毎年ここで開かれていた高校のマラソン大会ぐらいだろうか。長距離走が大の苦手だったので、当然ながら良い思い出ではない。

 その高校生時代、私のようなバカな生徒の間で変な歌が広まっていた。詳細は忘れたが、学校をさぼって大濠公園をほっつき歩くと、“キュージョの姉ちゃん”に横目で睨まれる、といった内容の歌詞で、ちょっと下品な歌だった。

 キュージョとは公園近くにある女子高の旧略称。現在は私大の付属校となり、お嬢様っぽい生徒ばかりになったが、昔は『愛と誠』(梶原一騎原作、ながやす巧作画の長編漫画)に出てくる高原由紀みたいな格好をした生徒がごろごろいて、近寄りがたい雰囲気があった。キュージョの姉ちゃんに睨まれるなど絶対に御免であった。

 変な歌の1番の歌詞は、西新界隈をほっつき歩くと、シューユーの姉ちゃんに睨まれるだったと思う。3番は(あったかどうかも含めて)完全に忘れたが、同じ福岡市内でも地域によっては別バージョンがあったようだ。ミッションのお嬢様やチクジョのお姉様方も睨んできたのだろうか。

テーマ:福岡 - ジャンル:地域情報

 | ホーム | 

# 検索フォーム

# 最新記事

# 全記事表示リンク

全ての記事を表示する

# 訪問者

# 管理人

駄田泉

管理人:駄田泉
福岡の中小企業に勤める定年間近の中年オヤジです。物忘れが激しくなったため、ボケ防止のためにブログを書いています。主に福岡の情報を紹介していますが、タイトル通り、新しい話は何もありません。Twitterではたまに、胡散くさい情報を発信。