アルミ缶を守れ


 資源ごみ収集の日、福岡市では数年前までは野宿者がアルミ缶を回収していたものだが、最近では軽トラックに乗った者たちが根こそぎ持ち去っている。以前、この状況に不快感を示したことがあるが(「226人に減った福岡市のホームレス」)、多くの市民が同様の思いを抱いていたようだ。市に寄せられるアルミ缶持ち去りに対する苦情が一昨年頃から激増している。

 市の公表資料によると、苦情件数は2009年度は一けたに過ぎなかったのに、11年度は107件、12年度は191件と急増。今年度は8月末現在で138件に上っており、12年度を大きく上回るのは確実だ。苦情の中身は「見知らぬ者がごみ置き場にいて防犯上不安」「価値のない物は家の前に捨てていく」といったものから、「ごみ袋の購入費用に処理費が上乗せされているのに、市が処理しないのはおかしい」と市の無策を追及する意見もある。

 苦情急増は、福岡市民が急に偏狭になったというわけではなく、他人の住宅の敷地内にズカズカ侵入してくる軽トラ集団の行動が目に余るということだろう。現実に市が今年4月17日、持ち去りの実態を調べたところ、89件の持ち去りが確認されたが、その54件までは軽トラ集団だったという(残りは33件が自転車、2件が徒歩)。

 彼らが奪った資源ごみは、一部報道を信じれば、多くが中国に輸出されている。本来は日本国内でリサイクルされるべき資源ごみが中国に収奪され、これに関わる者たちが不当に利益を得ているわけだ。アルミ缶回収の主役が今も野宿者たちならば、市民の反発はここまで大きくなかったに違いない。

 福岡市はようやく最近になって資源ごみ持ち去り禁止条例の検討を始めたが、問題はいったん条例を制定すると、軽トラ集団だけでなく野宿者の持ち去りも規制されることだ。京都では2年前に同様の条例が制定されたが、「野宿者の糧を奪う」とかなり大規模な反対運動が展開された経緯がある。福岡市でも早くも一部で反対の動きが出ているが、市側は抗議した支援団体に対し「ホームレス支援は、条例とは別に検討していきたい」と答えたという。

 福岡市にはこの言葉通り、実効ある野宿者支援策を打ち出したうえで、早急に持ち去り禁止条例を制定し、そして厳格に運用してほしいと思う。そのためには京都をはじめすでに条例を制定した先進自治体を緻密に視察し、問題点や検討課題を洗い出すことが重要だろう。旧屋台条例のような、何一つ実効性のない代物では制定する意味がない。我々市民は中国のリサイクル産業を食わせるためにごみの分別をしているのではないのである。

 持ち去り禁止条例は県内で久留米、飯塚など4市町が制定済みで、再三の禁止命令に従わない場合、最高で20万円の罰金を科すといった内容だという。YouTubeに公開されている9月議会一般質問のやり取りを聞いた限りでは、福岡市でも同様の内容を検討しているように思える。他県の例では、熊本市の場合は悪質な違反者を警察に告発しており、実際に複数の逮捕者が出ているようだ。

 なお、アルミ缶の買い取り価格は変動が激しく、地域によっても差があるようだが、北九州市若松区の業者がホームページで公表している数字を例に取ると、1kgで90円。350ml缶の重さが15g程度らしいので、1kgを集めるには67個程が必要。1000円を稼ぐには700個以上の空き缶を集めなければならない。自転車や徒歩で回っている野宿者たちがどれだけの収入を得ているものか、その厳しさが何となく想像できる数字だ。
スポンサーサイト
[Edit]
Theme: 福岡 | Genre: 地域情報

通行止めだった青の洞門

DSCF8382.jpg

DSCF8376.jpg

 連休中の22日、大分県中津市へ行き、せっかくだからと十数年ぶりに青の洞門に立ち寄ることにした。ところが、全面通行止めで、車はおろか歩行者さえ通行不可だった。

 昨年7月の集中豪雨で山国川が氾濫、洞門付近は2度にわたって濁流にのまれた。今も復旧が終わっていないのかと驚いたが、帰宅して調べると、洞門自体に被害があったわけではなく、堤防設置と道路かさ上げ工事のため、8月から通行が規制されているらしい。残念だったが、住民の生命、財産を守るためだから仕方がない。全面通行止めの期間は10月31日まで。一帯が紅葉に染まる季節には解除されるという。

 幸い洞門の先にある公共駐車場には別ルートで行くことができた。駐車場には土産品店や飲食店が建ち並び、対岸に渡る歩道橋が架かっている。歩道橋の上からは、洞門の上にそびえる奇岩、競秀峰の絶景を楽しめた(写真1枚目)。一帯は大勢の観光客でにぎわっていたが、好天に恵まれた連休の中日としては少なかったかもしれない。

 駐車場の山国川沿いには土のうが積まれ、青いビニールシートで覆われていた。山側は工事のフェンスで囲われ、日曜日だというのにパワーショベルが作業を続けていた。2度にわたる豪雨被害でこの地での営業をあきらめ、別の地に移転していった飲食店もあると聞いた。豪雨から1年以上がたったが、今もあちこちに残る深い爪痕は私のような通りすがりの人間にも見て取ることができた。

 驚いたのは洞門周辺の山国川に生息するコイたちだ。ここのコイは餌付けされているため、観光客が近付くと餌をもらおうとウヨウヨと近付いてくる。初めてここに来た時はあまりの巨大さと、人慣れしていることに驚いたものだが、まさかあの濁流の中を生き延びているとは思っていなかった。ところが、依然として巨大なコイがウヨウヨいたのである。さすが竜に変じるという伝説を持つ魚である。どうやって助かったかは知らないが、その生命力の強さに感動した。

[Edit]
Theme: 大分県 | Genre: 地域情報

金星シリーズ再読

20130919001.jpg

 アメリカのSF作家エドガー・ライス・バローズ(1875~1950年)の金星シリーズ全5巻が福岡市総合図書館の閉架書庫にあるのを発見した。バローズとはSF草創期の人気作家で、代表作には大コケした映画『ジョン・カーター』の原作として知られる『火星のプリンセス』などの火星シリーズ、SFではないが、これも映画やテレビドラマ化されて有名なターザンシリーズなどがある。

 私が小学生の頃、再放送されていたターザンのテレビドラマが大人気で、男児の間では木の枝に吊したロープに「アーアァ~」と奇声を上げてぶら下がる遊びが流行っていた。よりターザンの雄姿に近付きたいと思う者は、半裸(要するに上半身裸の半ズボン姿)でターザンごっこに興じていたものである。

 本題に戻る。バローズのSF作品は主に創元推理文庫(一部はハヤカワ文庫からも)から出版されており、中高校生時代、大ファンだった私はあらかたの作品を読破した。内容もさることながら、武部本一郎氏の描いた流麗なカバー絵、挿絵が極めて魅力的だった(写真は金星シリーズ4、5巻のカバー)。

 以前から「もう一度バローズ作品を読みたい」と思っていたが、どの作品も長らく絶版。だから十数年前、火星シリーズが創元推理文庫から合本版(全11巻が4巻にまとめられた)で復刊された際は狂喜乱舞した。この時は他の作品も続々と復刊されるに違いないと大いに期待したのだが、一向にその気配がない。火星、金星、地底世界ペルシダーの3シリーズはバローズの“SF3大作品”と呼ばれているが、個人的見解ながら、火星に比べると金星、地底世界は作品の質、人気ともかなり落ちる。このため復刊に至らないのだろうと再読を半ばあきらめていた。

 先日、福岡市総合図書館で試しに蔵書検索をしてみたところ、バローズ作品が想像以上に閉架書庫に収められていることを知った。早速、金星シリーズを借りて来たのだが、数十年ぶりに読み返しての感想は、やはり「ストーリーも悪くはないが、なんと言っても武部氏のイラストが素晴らしい」だった。バローズ作品の邦訳は、日本の傑出したイラストレーターの力を借り、恐らくは原作以上の存在に昇華していた。日本のバローズファンは幸せだった。

 総合図書館には地底世界シリーズも収められているようだが、これが残念なことに別の人が挿絵を描いたハヤカワ文庫版の方である(“別の人”には申し訳ない書き方だが)。武部氏の挿絵がなくても作品自体を楽しめるのか、近いうちに借りて確かめることにしたい。各シリーズの簡単な紹介をしたいところだが、手に余るのでウィキペディアの当該ページへのリンクを以下に貼った。
 
 火星シリーズ
 金星シリーズ
 地底世界シリーズ
[Edit]
Theme: SF | Genre: サブカル

少し物足りない軍艦島



DSCF8315.jpg

DSCF8322.jpg

 15日に長崎市の軍艦島(端島)に行ってきた。本州を襲った台風18号のため東シナ海もやや荒れ模様で、クルーズ船はかなり揺れたが、無事に上陸はできた。廃虚が並ぶ島の景観には感動した。しかし、倒壊の危険性を理由に見学可能な場所が極めて狭い範囲に限られているため、少し物足りなかったというのが正直な気持ちだ。島への上陸が35年ぶりに解禁されたのは2009年4月。現在までに約40万人の観光客が訪れたというが、同じような感想を持った人が恐らく多いのではないだろうか。

 きょう17日には、軍艦島をはじめとする「明治日本の産業革命遺産」がユネスコの世界遺産に推薦されることが正式に決まった。風化が進む軍艦島の建物群について、長崎市には以前「崩れ去る過程を見せることにも意義がある」という考えもあったらしい。だが、世界遺産登録には国内法で保護されていることが前提となる。このため現在では島全体を国史跡とすることを目指し、炭坑関連施設や一部高層アパートの保存を検討しているという。

 建物の保存には多くの金と時間が必要だとは思うが、「明治日本の産業革命遺産」の登録可否が審査されるのは2年後の世界遺産委員会だ。もはやのんびりできる状況ではない。そう遠くない将来には高層アパートなどの保存工事が行われ、我々一般人も近付けるようになるものと期待している。立ち入り禁止区域の写真はグーグルストリートビューで公開されているが、出来るならば自分の目でじっくり見たいものだ。(※軍艦島などの保存策が遅れているため、長崎県や長崎市は、産業遺産よりも「長崎の教会群とキリスト教関連遺産」の方を先に世界遺産として推薦するよう国に求めていたようだ)

 話は変わるが、軍艦島という名前の由来は、地元の長崎日日新聞が1921年(大正10年)、長崎港の三菱造船所で建造中だった戦艦土佐にシルエットが似ていると報じたためだという。軍艦島が軍艦に似ているという点については異論はないが、素人目には戦艦などどれも同じような形に見える。数ある戦艦の中で、土佐だけに似ているというポイントは何かあったのだろうかと疑問に思わないでもない。

 たまたま記事が出た際、日本海軍が威信を懸けて建造していた「超ド級戦艦」土佐が長崎港内にあり、日本の近代化の一端を担っていた端島炭坑を称える意味もあって土佐に例えたのではないだろうか。肝心の記事を見つけることが出来ず全文を読んでいないため、私の勝手な想像に過ぎないが。

 なお、土佐は記事が出た翌年の1922年、ワシントン海軍軍縮条約締結により建造中止が決定。魚雷などの標的艦として利用された後、25年に四国沖で自沈したという。太平洋戦争を戦っていない船のため、何となく“大昔の戦艦”と誤解していたが、旧日本海軍で土佐よりも新しい戦艦はあの大和、武蔵だけなのである。



[Edit]
Theme: 長崎 | Genre: 地域情報

総合図書館のVHSビデオ


 福岡市総合図書館のビデオライブラリーを見ていて残念に思う時がある。国内外の名作映画やドキュメンタリーなどを中心に約7500点の映像ソフトがあるらしいが、大半がVHSビデオなのだ。我が家のVHSビデオデッキはずいぶん昔にお役御免にした。機器自体は破棄せず保管はしているが、取り出しづらい納戸の奥深くにある。街のレンタル店には置いていないような作品がライブラリーにはあり、見てみたいと思う時があるが、デッキが上記のような事情のため、結局二の足を踏んでしまう。

 総合図書館が公表している数字によると、DVD、VHSビデオを合わせた映像ソフトの年間貸出数は2011年度の実績で約3万3000点。図書館の開館日は年間約290日なので、1日平均では約114点となる。映像ソフトは1人1点しか借りることはできないので、要するに1日当たり114人ほどが利用している計算だ。

 内訳までは示されていないので、このうち何人がVHSビデオを借りたかはわからないが、DVDの品ぞろえの悪さを考えれば、意外に多い数字だと思った。ただ、減少傾向にはあるらしい。やはりVHSビデオデッキを所有する家庭が年々減ってきているためだろう。

 昨年7月に学識者らかなる懇話会によって出された「これからの図書館のあり方について」の意見書でも、映像ソフトについて<現在貸出を行っている映像資料、音響資料が各家庭で利用困難になっており、また、媒体の変化が著しく先行が不透明な状況であり>と指摘し、総合図書館に対し、今後も映像ソフト貸し出しを続けていくのか検討するように要請している。

 取りあえず現状ではブルーレイディスクが主流のようなので、映像ソフトをすべてこれに切り替えるのが一案とも思えるが、図書館が購入する映像ソフトは市販品に比べて相当高いらしい。一般に貸し出しできるように、著作権法に基づき相当額の補償金が上乗せされているためで、中でも補償金が高いとされる日本映画の場合、1点当たりの価格は3万円前後になるとの話もある。この数字が事実だとすれば、邦画が仮に1000点あった場合、買い替え費用は3000万円に上ることになる。これでは市民や議会の理解は得られないだろう。

 公立図書館で映像ソフトが貸し出せるようになったのは1984年の著作権法改正から。1988年に洋画に関して先の補償金問題が決着、さらに92年には邦画についても折り合いが付き、実際にはこの頃から映画ビデオの充実を図る図書館が増え始めたという。各公立図書館がネット上でも公表している「収集方針」をいくつか読んだ限りでは、多くの図書館が今後も映像ソフトの収集・貸し出しを継続する方針だが、VHSビデオの切り替えに関しては一様に苦慮しているようだ。あれこれ考えると、佐賀県武雄市が打った市立図書館のTSUTAYA運営委託という一手は奇手ではあるが、妙手でもあった気がする。
[Edit]
Theme: 福岡 | Genre: 地域情報

百道浜に大学

IMG_0127.jpg

IMG_0127b.jpg

 今さらの話だが、福岡市早良区百道浜に大学ができている。最初に気付いたのは今年5月頃だっただろうか。パナソニックが入居していたはずのビルに、いつの間にか「国際医療福祉大学」の看板が掲げられていた。栃木県大田原市に本拠を置く大学だが、福岡市にも4年前から、福岡看護学部が中央区長浜の旧水城学園の建物に置かれていた。旧水城学園が老朽化し、耐震性にも問題があるため、パナソニックからビルを買い取り、今年4月に移転してきたということらしい。

 大学の本拠は栃木県大田原市と書いたが、福岡県大川市発祥の医療法人「高邦会」のグループ大学で、この百道浜にはすでに2009年、同会や関係学校法人が経営する福岡山王病院や専門学校が開設されている。これらの施設が建てられたのは、もともとは市が市立中学校用地として確保していた場所だ。しかし、百道浜地区の中学生数が予想程には増えなかったため建設が見送られ、塩漬けになっていた経緯がある。

 普段は臨時駐車場として利用され、ドームでホークス戦がある時などは重宝されていたが、2006年、突如として高邦会に売却され、大病院が建設されることになった。近くには個人病院が並ぶ地区があるのにである。当然ながら医師会の反発は大きかったようだ。高邦会役員が当時の市長・山崎広太郎氏の後援会関係者だったため、市長サイドが用地確保に便宜を図ったと疑う声もあり、市議会でもしばらく問題になっていた。当時の議事録には、高邦会について「各地で医師会を無視し、トラブルを起こしている“医療界のライブドア”」と指弾し、同会進出に強硬に反対する意見さえ記録されている

 ところが、今回の国際医療福祉大の百道浜進出に対しては、市議会は何の反応も示さなかったようだ。それどころか、移転を報じた報道機関さえ少なかったように思う。すでに市内にあった学部の移転に過ぎないうえ、パナソニックと高邦会グループによる民間同士の取引だったためでもあるだろう。

 しかし、福岡看護学部が移転してきた場所はソフトリサーチパークと名付けられ、市の土地利用計画ではIT産業の集積地とされていた場所なのである。ITとは無縁の大学進出に関し、市なり市議会なりから何らかのリアクションがあって然るべきだった気がする。

 開院当初はガラガラだった福岡山王病院だが、最近は来院者で連日ごったがえしている。この病院の医療・サービス水準が市民の信頼を得たためだろう。加えてソフトリサーチパーク周辺はただでさえ閑古鳥が鳴き、特に飲食店などはテナントの入れ替えが激しい場所だ。高邦会グループの大学という安定した入居者が現れ、市としては御の字なのに違いない。当初の土地利用計画など、もはや気にする市幹部や市議などいないのだろう。土地利用計画など、その程度の代物なのだ。

 百道浜地区で最大の面積を占めているのは、今となっては高邦会グループだろう。国内各地で数々の大病院を経営し、医療福祉系の大学・専門学校も抱える同グループだが、肝心の医学部だけは持っておらず、医学部設立が宿願となっているらしい。本拠たる大田原市への設立を検討しているようだが、この際だから福岡市は、同大学医学部の百道浜誘致へ名乗りを上げたらどうか。百道浜の住宅地は高級住宅街として圧倒的存在感を誇っているが、ソフトリサーチパークなどの業務用地の方は“千葉・幕張の劣化版”でしかない。医療・福祉・教育の専門地区に生まれ変われれば、こちらにも少しは存在意義が出てくることだろう。
[Edit]
Theme: 福岡 | Genre: 地域情報