サザエさん通りの大看板

IMG_0920.jpg

 福岡市早良区西新の県立修猷館高校前交差点の歩道に、アニメではなく原作漫画の『サザエさん』が描かれた大看板が登場した。高さ3.8m、幅4.6mと結構な大きさで、高校合格者数を宣伝している学習塾の大看板並みのサイズである。原作漫画の『サザエさん』とわざわざ断ったのはアニメの絵柄とはずいぶん異なるからで、アニメしか知らない世代の中には「本当にサザエさん?」と違和感を覚える人がいるかもしれない。

 看板が設置されたのは、この交差点が「サザエさん通り」の起点に当たるためで、目印の意味があるらしい。この通りの誕生前にも書いたことがあるが、原作者の長谷川町子さんは戦時中の一時期、この付近に疎開し、海岸を散策中に『サザエさん』の登場人物を思い付いたと言われている。海岸は現在では埋め立てられ「サザエさん通り」の一部になっている。また、疎開当時に住んでいた家も通り沿いにあったようだ。こういった事情もあって、版権を管理している長谷川町子美術館も日本で2番目となる「サザエさん通り」命名にOKを出したという(「サザエさん通り」)。

 「サザエさん通り」の第1号は、作品の舞台とされる東京・世田谷の桜新町で、当たり前のことだがこちらの方のイメージが強い。作品発祥の地が福岡だと言っても、そんな大昔の話は福岡人以外誰も気にしないし、知りもしない話だと思っていたが、熱狂的な『サザエさん』ファンの中には“聖地巡礼”よろしく福岡の通りを訪れる人もいるらしい。ところが、通りには修猷館高校や西新小学校、西南学院大学が並んでいるだけで、原作をイメージするものなど何もない。そのために大看板を設置することになったようだ。

 看板の除幕式は26日に現地で行われているが、式には市長、川口淳二・長谷川町子美術館長らとともに、地元を代表して西南学院大のバークレー学長も出席したという。同大学は通りを挟んで東西にキャンパスが広がり、現在は創立100周年(2016年)を記念してキャンパスの再編整備を行っている最中だ。除幕式に先立つ24日には、通りの西側から東側のキャンパスに移転新築していた本館(写真下)が完成し、式典が行われている。

 学長の看板除幕式出席からも想像されるが、西南学院大側は自らが立地する場所が「サザエさん通り」として売り出されることを喜んでいる節があり、昨年は学長と川口館長との対談なども行われている。“サザエさん通りの大学”とは意外にブランドになり得るのだろうか。


IMG_0913.jpg
スポンサーサイト
[Edit]
Theme: 福岡 | Genre: 地域情報

舞鶴公園の夜桜

IMG_0897.jpg

IMG_0900.jpg

 写真の夜桜は、福岡市中央区の舞鶴公園(福岡城址)で26日夕に撮影した。この2日間、福岡は雨に見舞われた。外を出歩かなかったため気付かなかったのだが、一部の桜はいつの間にかほぼ満開となっていたようだ。この週末には見頃を迎えるらしい。お堀の水はかなり汚れているが、ライトアップされた桜が水面に映ると不思議なほどきれいに見える。

 舞鶴公園にある桜は、ソメイヨシノやシダレザクラなど約1,000本。全国の数ある名所に比べれば、さほど多くはないかもしれないが、福岡市内では近隣の西公園とともに花見スポットとして知られている。福岡市も桜の名所として観光地に育てる考えらしく、確か昨年、桜の成長を阻害するとの理由で近くにあった別の木を伐採し、これを知った市民からお叱りを受けていた。

 福岡市にとっては“桜>その他の木々”であるわけだが、先日参加した福岡城武具櫓跡の発掘調査説明会(「福岡城の武具櫓」)では、桜の根が遺跡を壊していることを調査担当者が指摘し、「史跡公園に植樹をすることの是非」について問題提起していた。以前にも取り上げたことがあるが、全国的に桜の名所と言えば、江戸時代の城跡が多い。福岡市のように、今さら城跡の発掘調査をしている自治体は少ないとは思うが、遺構を壊す桜の問題は全国共通ではないだろうか。
[Edit]
Theme: 福岡 | Genre: 地域情報

こども病院建設現場

DSCF9221.jpg

DSCF9227.jpg

 先日、福岡市東区香椎に行った際、ふと思い立って博多湾人工島まで足を延ばして来た。JR香椎駅から徒歩で20分弱。現在は中央区唐人町にある市立こども病院の移転先が人工島に決まった時は、反対する市民から「アクセスが悪過ぎる」と散々酷評された。しかし、福岡市の東の副都心から、くたびれた中年男が歩いて20分程。確かにアクセスは良くはないが、ことさら僻地にあるわけではない。バスを使えば、数分の距離だろう。

 その新こども病院建設工事は今年11月の開院を目指し、急ピッチで進んでいた。移転に反対する市民らは事ここに至っても矛を収めていないが、現在の病院を中心に生活設計をしてきた患者家族にとっては譲れない一線なのだろう。しかし、現病院の老朽化が進む中で、近代的な新病院の完成を待ちわびる患者家族もまた少なくないはずだ。

 4000億円以上の巨費が投じられた人工島事業は、造成した土地を売って儲ける狙いだったが、折からの不況で土地売却が進まず、長く福岡市の不良資産となってきた。その対策として市が強引に進めたのが、こども病院をはじめとして青果市場、市立体育館といった市関連施設の人工島移転だ。さらに港湾用地については分譲価格を引き下げ、進出企業に対する立地交付金を大幅に増額(上限額を10億円から30億円に)することで、何とか完売にこぎ着けた。しかし、これで人工島事業は儲けるどころか大幅赤字に転落した(「人工島事業、385億円の減収」)。

 この事業、現段階では福岡市の歴史に残る大失政と言えるだろう。最も責められるべきは、バブルが弾けた後も無理やり人工島埋め立てを進めた今は亡き3代前の市長、桑原敬一氏だと思う。桑原氏の後を継いだ山崎広太郎、吉田宏、高島宗一郎の3氏にとって人工島とは迷惑極まりない負の遺産であったに違いない。活用策を提示する度に厳しく批判され、挙句の果てにこども病院移転では「子供の命を犠牲にするのか」とまで叩かれた。現職市長が批判の矢面に立たされるのは仕方がないことであり、自ら望んで市長になったのだから被害者呼ばわりはできないが、お決まりの「許されません」というフレーズでただ反対すれば良い共産党などの野党議員がさぞかし憎らしかったことと思う。

 人工島事業は、やるべきでなかった無駄な公共事業だったと思う。しかし、造ってしまった以上は有効活用せざるを得ないことも確かだろう。現実に福岡には場違いな程の近代的街づくりが現地では進んでいる(下の写真)。共産党や一部無所属議員のように、ただひたすら人工島への憎悪をむき出しにしたところで、事業の赤字が減るわけでも土地が売れるわけでもない。彼らにまともな対案があるのならば、ぜひ聞いてみたいものだ。


DSCF9203.jpg
[Edit]
Theme: 福岡 | Genre: 地域情報

横山ゆかりさんのポスター

IMG_0795.jpg

 長崎自動車のパーキングエリアで、横山ゆかりさんについての情報提供を呼びかけるポスターを目にした。1996年7月、当時4歳だったゆかりさんは群馬県太田市のパチンコ店から何者かに連れ去られ、今も行方不明のままだ。

 群馬で起きた事件のため九州では比較的なじみが薄いが、5人の女児が殺害、または行方不明となっている「北関東連続幼女誘拐・殺人事件」の一つ。5件の事件の中で、唯一時効を迎えていない事案でもある。一連の事件の中には菅家利和さんの冤罪で有名な足利事件も含まれる。5事件を時系列で並べると、以下の通りだ。

  • 79.08.03 栃木県足利市の神社から5歳女児が失踪。6日後、渡良瀬川河川敷で遺体発見。
  • 84.11.17 同市のパチンコ店から5歳女児が行方不明に。1年4ヶ月後、失踪現場から2.4km離れた畑で遺体発見。
  • 87.09.15 群馬県太田市の公園から8歳女児が姿を消す。1年2ヶ月後、利根川河川敷で遺体発見。
  • 90.05.12 栃木県足利市のパチンコ店駐車場から4歳女児が失踪。翌日、渡良瀬川の河原で遺体発見=足利事件。
  • 96.07.07 横山ゆかりさん事件。

 長崎道のPAに貼られていたポスターは、群馬県警が昨年7月に新たに作成し、全国に配布したうちの1枚らしい。現在は22歳となったゆかりさんの想像画を中心に、誘拐犯と目されるサングラス、ニッカズボン姿の男の防犯カメラ画像が配されている。誘拐事件から18年、ポスターを目にする限り、ゆかりさん、ニッカズボン男の行方を追い続ける群馬県警の執念を感じないでもない。しかし、一連の事件を追い続けているジャーナリスト、清水潔さんによると、群馬県警は真犯人(清水さんは「ルパン」と呼んでいる)を知りながら野に放ったままだという。

 なぜ、そのような不作為がまかり通っているのか。清水さんの言葉を信じれば、真犯人が逮捕され、DNA鑑定が行われれば、警察側(科警研)が過去に行ってきたDNA鑑定に重大な疑義が生じる恐れがあるためらしい。その中には、DNA鑑定結果が証拠の一つとなって死刑判決が下され、そして久間三千年・元死刑囚の死刑がすでに執行された飯塚事件も含まれる。飯塚事件の証拠構造が揺らげば、死刑制度はおろか日本の司法そのものが揺らぐ。だからこそ、「ルパン」を捕えるわけにはいかないのだという。

 その飯塚事件。遺族による再審請求を認めるか否かを福岡地裁が今月31日に決めるという。弁護団は飯塚事件のDNA鑑定結果を「捏造されたものだ」と主張しているが、上記の事情を踏まえれば、裁判所が再審を認めるとは思えない。しかし、北関東連続幼女誘拐・殺人事件の不作為をただすには、飯塚事件の再審を突破口にする以外にないという気がする。

 久間・元死刑囚の冤罪説を必ずしも信じているわけではないが、裁判所が死刑の論拠とした状況証拠の数々は一人の人間を死刑台に送れる程強固なものとも思っていない。DNA鑑定という重要な証拠に疑義があるのならば、再審で徹底的に争うべきだろう。過去の司法の失敗を隠蔽するため犯罪者を野放しにするなど、二重の不正義が許されて良いはずがない。再審開始決定の可能性は限りなく低いとは思うが、過去の判例を見ていると、福岡地裁の裁判官には突拍子もない判決を下して妙に目立ちたがる輩が多い気がする。今回ばかりは、それに期待したい。

 飯塚事件に関して以下の記事を過去に書いている。
 「飯塚事件、再審の扉開くか」
 「続・飯塚事件、再審の扉開くか」

 <2014年3月31日追記>福岡地裁が飯塚事件の再審請求を棄却した。DNA鑑定の信頼性に疑いを差し挟みながらも、残る状況証拠の数々で有罪認定は動かないということらしい。死後再審のハードルはやはり高い。

 
[Edit]

福岡城の武具櫓

DSCF9174.jpg


 好天に恵まれた15日午後、福岡城址で武具櫓跡発掘調査の現地説明会が行われた。1916年(大正5年)に黒田家別邸に移築された後、1945年(昭和20年)6月の福岡大空襲で焼失した櫓だ。なぜ、平成の今になって遺構の調査を行っているかというと、この櫓の復元に福岡市が極めて意欲的だからだ。

 福岡城にあった47の櫓の中で、武具櫓は最大の建物だったと言われ、実際に古写真に残る姿は堂々たるものだ。福岡市は現在、福岡城の復元整備構想を策定中だが、実在したかどうかもわからない天守の復元が困難であるため、巨大な武具櫓を「福岡城整備の目玉にしたい」というのが恐らくは高島宗一郎市長本人の意向であるようなのだ。そのために建物の規模、構造等を調べようというのが調査の狙いで、昨年11月から行われている。

 武具櫓跡があるのは城の裏手(搦め手)に当たる南側。建物は、東西に3階建ての櫓を配し、その2棟を2階建ての長大な多聞櫓で結ぶという構造だった。現地説明会によると、発掘調査によって明らかになった規模は長さ63m、幅9m。高さは3階櫓が12.7m、多聞櫓が9mと推定され、石垣の下から仰ぎ見れば「7階建の長大なビルが長さ63mにわたって建っているのと同じ」(現地説明会資料)だという。なるほど雄大な建物であり、市長が復元に前のめりになるのもわからないではない。

 ところで、今回の発掘調査は、過去の福岡市が福岡城に対してどれだけ冷淡だったかということも明らかにしたようだ。1枚目の写真にコンクリートの構造物が写っているが、これは昭和40年代に一帯を公園として整備した際に設置された縁石だ。縁石設置の際、櫓の礎石は移動されたり、廃棄されたりしたらしい。また、周囲には多数の桜が植樹されており、根が遺構を壊し、調査の大きな妨げにもなっているという。行政自らが遺跡の破壊行為を行っていたのも同然である。

 NHK大河ドラマ「軍師官兵衛」の放映に伴い、福岡市の行政サイドは現在、地元では如水公と呼ばれてきた人物を「官兵衛、官兵衛」と呼び捨てにして大騒ぎで、今回の復元整備構想も便乗しての観光地作りという側面が大きいという気がする。しかし、城跡整備は5年、10年単位の年月が掛かる大事業だが、大河ドラマ効果などは恐らくは数年で終わる。果たして福岡市のやる気が続くだろうかと思わないでもない。「まさか」と思われるかもしれないが、福岡城の復元整備構想が持ち上がるのは、実は今回が初めてではない。ちょうど10年前の2004年、先々代市長の時にも同じような構想が一度策定され、そして事実上「なかったことに」なっているのである。だから、新たな構想を策定している。

 下の写真は、黒田家別邸に移築されていた頃の武具櫓で、福岡市の公式サイトから拝借した。福岡城址にあった時に比べ、多聞櫓はかなり縮小されているという。


20140314001.jpg
[Edit]
Theme: 福岡 | Genre: 地域情報

埋没していなかった鳥居



20140313001.jpg

 昨年11月に書いた「埋没鳥居はどこに」の後日譚である。「埋没鳥居はどこに」では、福岡県新宮町の海岸に笠木部分を残してほとんどが砂に埋まった鳥居があったことを知り、現地に実物を確かめに行ったが、探し当てられなかったことを書いた。再探索に当たっては準備に万全を期そうと、改めて現存するかどうかを新宮町にメールで尋ねたところ、このほど回答をいただいた。要約すれば、問題の鳥居は間違いなく現存している。ただし、現在は砂に埋まってはいないという衝撃的なものだった。

 新宮町の埋没鳥居とは、新宮浜近くに現在もある磯崎神社の「浜の鳥居」で、私が存在を知ったのは1940年(昭和15年)刊行の『福岡県史蹟名勝天然紀念物調査報告書』によってだった。この中に「福岡縣下の砂丘と新宮濱に於ける鳥居の埋没景」(調査委員・金尾宗平)と題した一文があり、当時の状況が写真とともに紹介されていたのだ。写真を見る限り、鳥居は人の腰ほどの高さで、桜島の大噴火で埋まった有名な黒神埋没鳥居(鹿児島市)にそっくりな状態だった。

 その鳥居は現在、どこにあるのか。実は昨年11月の探索行の際、私も目にしていたのである。水産加工所が並ぶ海岸沿いの一角に鳥居があったことを「埋没鳥居はどこに」の中で取り上げていたが、これこそが埋没鳥居だったのだ。この鳥居を目にした際、柱と笠木が何となくアンバランスに思え、柱を新たに建て、埋没鳥居の笠木を移したのではないかとも想像したのだが、そのものだとは予想外だった。

 新宮町職員の方からいただいた回答によると、昭和30年頃までは間違いなく埋まっていたといい、以前は小学生が腰掛けることも出来たそうだ。ただ、再びくぐれるようになった理由までは把握していないという。(興味深いお話、ありがとうございました)

 「福岡縣下の砂丘と新宮濱に於ける鳥居の埋没景」筆者の金尾宗平氏とは、福岡師範学校の教諭、朝倉高女の第6代校長などを歴任した人物で、教職の傍ら、地理学の研究者として活躍された方だったようだ。カルスト台地として有名な北九州市の平尾台の調査報告などにもその名がある。

 報告書の最後を金尾氏は「宜しく當事者はこれが破壊汚損を取締り、永久に其の自然状態を保護保存するの道を講ずると共に廣く世にこれを顕宣せんことを切望する」と結んでいる。金尾氏の願いは叶わなかったわけだが、地元住民の意識としては奇観を守るよりも、神社を尊び鳥居をきちんとした状態に戻す方を選んだのではないかと想像している。
[Edit]
Theme: 福岡 | Genre: 地域情報

亜細亜面白雑貨地区

IMG_0588.jpg

 福岡市早良区西新の明治通り沿いにある木造建築物側面に、不思議な黄色い看板が掛かっている。書かれているのは「亜細亜面白雑貨地区~ajarea~徒歩30秒」との文字。雑貨店ではなく雑貨地区である。こう名乗るぐらいだから相当大規模な店舗が存在するものと思うが、看板から徒歩30秒圏内の風景は下の写真のような感じである。アパートや民家が建ち並んでいるだけで、“雑貨地区”はおろか店舗さえない。痕跡さえ見当たらない。

 ボロボロの状態になった大型看板の掲示スペースに比べ、黄色い看板は一見、そこまで古びてはいない。しかし、私がこの界隈近くに住み始めたのは10年以上前のことだが、黄色い看板も徒歩30秒圏内にそれらしき建物が見当たらないこともこの時から全く同じ状況だった。面白雑貨地区なるものが存在したのは、果たしていつごろのことなのだろうか。

 地元住民は、恐らく誰もこの看板のことなど全く気にもしていないし、そもそも近隣に雑貨店などないことを承知している。しかし、この西新というところ、広域から買い物客を集めるような街ではないが、転勤族には人気の住宅地なのである。初めてこの地に移り住んで来た住民の中には、看板に気付き、「亜細亜面白雑貨地区」を探し回る人もいるのではないだろうか。罪作りな看板である。こういうのを“看板に偽りあり”と呼ぶのだろう。


IMG_0590.jpg
[Edit]
Theme: 福岡 | Genre: 地域情報

志免町のSL、玖珠町で保存へ

IMG_0854.jpg

 福岡県志免町の公園で保存、正確には40年近く野ざらしになってきたSLを大分県玖珠町が譲り受け、今度こそきちんと保存することになったらしい。西日本新聞などが報じていた。志免町は近く解体の方針だっただけに、これに猛反発していた鉄道ファンらは玖珠町の英断を大歓迎しているという。

 このSLは志免町役場近くの中の坪公園に置かれていた9600形(1919年製)で、現役時代は主に佐賀、長崎方面で活躍、原爆投下の時には長崎・大浦機関区に所属していた。廃車となった翌年の1975年、志免町に譲られ、中の坪公園で展示されることになったが、同町で余生を過ごすことになった理由とは「SL用の石炭を産出していた国鉄志免炭鉱が志免町にあった」というものだったらしい。早い話が、縁もゆかりもなかったわけだ。写真でもわかるように、明らかにまったく大事にされてこなかったのは、そのためでもあるだろう。

 ところが、志免町は昨年、中の坪公園改修に伴いSLの保管場所がなくなるため、近くの鉄道記念公園に移設保存し、観光資源にすると言い出した。そのための予算約1300万円を議会に提案したのだが、議会側は「費用が掛かりすぎる」と否決。これに落胆した一部町民がSL保存を求める請願を提出したが、議会側はこれも不採択とし、町側はやむなく解体を決めた、というのが大まかな流れだ。

 最初にSL移転を議会側が拒否し、解体されることになったという話を聞いた時は、またもや近視眼的な議員たちのお陰で貴重な産業遺産が失われるのかと腹立たしく思った。しかし、議会の会議録を読み込むと、必ずしも議員たちの無理解とばかりは言えないようだ。移設保存に反対した議員たちの言い分を勝手にまとめさせてもらえば、「今まで朽ち果てるに任せておきながら、突然、これは町の宝だから保存のために大金を使うと言われても納得いかない。金はもっとほかのことに使え」ということではなかったかと思う。まったく理解できない主張でもない。

 下の写真2枚は、町側がSL移設を予定していた鉄道記念公園で、かつて同町内を走っていた旧国鉄勝田線(1985年廃止)の廃線跡に造られた。これだけ特徴的な公園があるのだから、公園完成時にさっさと移設していれば、SLに対する議会や町民の評価も恐らく変わっていただろうにと思う。玖珠町がSL引き取りを決めたのは、今後、鉄道遺産として整備する旧国鉄豊後森機関庫(玖珠町の公式サイトにリンクを貼っている)に展示するためだというが、志免、玖珠両町にとっても鉄道ファンにとっても、そして何より当のSLにとっても良い話だと思う。これだけ誰もが得する結末など、今の世の中では滅多にない。


DSCF9132.jpg

DSCF9134.jpg
[Edit]
Theme: 福岡 | Genre: 地域情報

大手門住宅の跡地


 福岡市中央区大手門1で続いていたUR大手門住宅の解体工事が終わり、明治通り沿いに結構な広さの空き地ができている。跡地はどうなるのかは知らないが、交通の便や景観に優れ、オフィスビル用地としてもマンション用地としてもそこそこ人気の場所だ。恐らく駐車場などとして塩漬けされることなく、それなりの規模の建物ができることだろう。

 大手門住宅は1965年の竣工で、9階建て。1、2階がオフィスで、解体前には居酒屋チェーンなどを展開する益正の本社や熊谷組の九州支店が入居していた。熊谷組の玄関には2006年の暮れ、銃弾が撃ち込まれたことがある。普段は地下鉄で通勤しているのだが、この事件当日の朝、たまたま歩いて会社に向かっていたら、大勢の警察官が現場検証しているのを目撃し、何事かと驚いたことを覚えている。その2年後には、別の場所で殺人事件直後の緊急配備に出くわしたこともある(「野地卓被告が奪ったもの」)。こういった経験ができるのも“福岡ならでは”なのだろうか。

 私自身は記憶していないのだが、大手門住宅にはずいぶん昔、サントリーが入居していたという。建物の正面玄関にはサントリーのロゴマークがそのまま飾られ、下の写真は解体前の2012年5月頃に撮影したものだが、シャッターにも「SUNTORY」の字とロゴが残されていた。この状態でほかの企業が入居していたのだから、おおらかなものである。

 大手門住宅取り壊しは、14兆円の負債を抱えるURの経営スリム化策(2007年に策定したUR賃貸住宅ストック再生・再編方針)の一環。2018年頃までをめどに、全面借地方式で建てられ、老朽化が進んだ市街地住宅については所有者に譲渡、または更地にして返還する計画で、対象物件は大手門住宅のほかに福岡市内だけでも20件以上ある。その中には市内7区役所のうち、東、博多、南、早良、西の5区役所に合築されている住宅も含まれている。

 区役所合築住宅はすべて土地所有者が福岡市自身とあり、先行きについて市自身は特に焦っていないように見える。建物の譲渡を受けて市営住宅とする考えなのかもしれないが、いずれも古い住宅であり、耐震補強をはじめとする大がかりな改修が必要になるだろう。区役所を含めて建て替えとなると、さらに巨額の予算が必要になる。先々は大きな課題となるのではないだろうか。

 <訂正>「恐らく駐車場などとして塩漬けされることなく、それなりの規模の建物ができることだろう」と書いたのだが、訂正させていただく。3月18日に跡地の前を通りかかったところ、間もなくコインパーキングがオープンするとの告知が掲示されていた。私が思った程にはこの一帯にビル需要はなかったようだ。一帯にある既存のオフィスビルを注意深く観察してみると、なるほど「入居者募集中」という物件が非常に多かった。18日発表の公示地価によると、大手門1の地価は上昇してはいるのだが。


DSCF5598.jpg
[Edit]
Theme: 福岡 | Genre: 地域情報