葦書房の閉店

IMG_1562.jpg

 福岡市中央区の老舗古書店「葦書房」が29日閉店した。27日の西日本新聞記事によると、後継者がいないためだという。学生時代、高くて新品を買えなかった教科書を探しにこの書店に良く通った。社会人になってからは数年に一度立ち寄る程度だったが、年内閉店の話を聞き、先日久しぶりに店へと向かった。ところが、見当たらない。「もう閉店したのか」と驚いて帰宅後に調べてみると、2年前に中央区草香江から同区六本松に移転していた。

 移転場所は六本松交差点に面したビルの1階。ビルの隣は喫茶店「三和珈琲館」。これまた学生の頃に通っていた懐かしい店だ。「コーヒーがマズくなるから煙草を吸うな」だの、「コーヒーはブラックで飲め。後味を楽しむために水は飲むな」だの、「コーヒー豆を食ってみろ」だの何かと要求の多い愉快な店だった。

 葦書房が永く店を構えていた草香江には一時、他にも数店の古書店が集まり、“草香江古書の街”と名乗っていた。個性的な街になるのではないかと期待する声もあったのだが、やはり福岡市の規模で古書店街は難しかったのか、次々に店を閉じ、最後に残った葦書房も移転の後閉店を決めた。

 30日夕、近くで用事があったので、ついでに店の前を通ってみたが、店の前にはまだセール本がいつものように並び、閉店したとは到底思えない雰囲気だった。

 葦書房閉店のニュースは、西日本新聞の他には朝日新聞が報じていたぐらいで、地元でも特に話題にならなかった。今春、南区にあった100円ラーメンの「勝龍軒」が閉店した際は結構な騒ぎだったが。葦書房創業は1972年。一方、勝龍軒開店は68年だが、ラーメンの価格を100円に設定したのはこちらも72年だったという。タイプは異なるが、奇しくも同じ42年間の歴史を刻んできた福岡の大事な文化二つが今年、相次いで姿を消した。
スポンサーサイト
[Edit]
Theme: 福岡 | Genre: 地域情報

プラリバ閉館へ


 個人的にかなりショッキングなニュースが24日の読売新聞夕刊(九州版)に掲載されていた。福岡市早良区西新にある商業施設「西新エルモール プラリバ」が来年8月で閉館するというのだ。老朽化による建て替えのためで、記事によると、新しい建物は商業施設とマンションからなる複合施設が有力。事実ならば、店舗スペースは大幅に縮小されることだろう。酒類を含めた食品、衣料品、書籍、文房具から様々な100円均一商品まで、私の買い物の多くはプラリバをはじめとする西新商店街内で完結している。いきなり買い物難民になることはないだろうが、慣れ親しんだ商業施設が消えると聞き、寂しい限りだ。

 プラリバの前身の再開発ビルが開業したのは1981年6月26日で、この時に核店舗として入居していたのは百貨店の西新岩田屋だった。再開発前のこの地にあったのは古びた店舗が密集する商店街で、店舗の多くが地権者として再開発ビルに入居した。現在も地階や3、4階に残っているのではないかと思う。一時は曲がりなりにも百貨店が入居していたのに、妙に庶民的な施設だったのは、ビルの中に商店街の風情を残していたためだろう。

 福岡市内で行われた再開発の多くは「失敗」と評されている。この西新再開発にしても、西新岩田屋は売り上げ不振で2003年2月には閉店し、同年4月にプラリバとして再出発して以降も業績は右肩下がりだったらしい。商業的には必ずしも成功だったわけではないが、交差点に鎮座する建物がこの33年間、地域の顔の一つだったことは間違いない。

 私が良く利用する西新商店街内のもう一つの商業施設、ダイエー西新店も、ダイエーがイオンの完全子会社となったことで先行きはかなり不透明だ。しかも建物完成が1967年で、プラリバよりも老朽化が進んでいる。市内に残る昔ながらの商店街の中で、西新は活気がある方だと言われるが、昔に比べれば、多くの店が消え、跡地の多くはパチンコ店に変わった。これ以上のパチンコタウン化は勘弁してほしいものだが。
[Edit]
Theme: 福岡 | Genre: 地域情報

生き延びた社民党と『特捜最前線』

20141215001.png

 『特捜最前線』という刑事ドラマが1970~80年代、テレビ朝日系列で放送されていた。登場人物の一人、紅林刑事を演じていた俳優は横光克彦さんで、この人は後に故郷の大分で衆院議員となり、社民党時代は副党首、民主党に移ってからは環境副大臣などを務めていた。横光さんが初当選したのは1993年7月の総選挙だが、これに絡んで昔、面白い噂話を聞いたことがある。

 旧大分2区(定数2)に社会党(当時)推薦で立候補した横光さんだが、閣僚経験者でもある自民党の田原隆、同党のホープと目されながら新党さきがけ結成に加わった岩屋毅という二人のライバルは手強く、劣勢とみられていたという。ところが、蓋を開けてみれば、横光さんが堂々のトップ当選。マスコミの情勢分析にはまったく加味されていなかったが、実は選挙前に『特捜最前線』がたまたま大分で再放送されており、主婦層や高齢層を中心に紅林人気が再燃していたというのだ。

 『特捜最前線』は以前、福岡でも度々再放送されていた。だから、この噂話を人から聞いた時は「あり得る話」と信じ込み、他人に広めたこともある。しかし、今回の総選挙を機会に、改めてこの噂話を検証するため当時のテレビ番組表を確認したところ、どうやらデマだったらしいとの結論に達した。

 1993年の選挙当時、大分県内にあった民放はTBS系のOBSと、日テレ・フジテレを中心としたクロスネットのTOSの2局。テレ朝系のOABが新たに開局し放送を始めたのは選挙後の10月のことだ。『特捜最前線』の本放送はTOSでやっていたというので、主にこの局の番組表をチェックしてみたのだが、『特捜最前線』が見当たらなかっただけでなく、ドラマの再放送自体が極めて少なかった。恐らく日テレ・フジテレ2局分の番組を盛り込まざるを得ない分、午後からは再放送ドラマのオンパレードというわけにはいかなかったのだろう。

 ただ、ついでにチェックした福岡のKBC(テレ朝系列)の番組表で、1993年春頃まで『特捜最前線』が夕方に再放送されていたのを確認できた(写真、1993年3月31日の番組表。ニュース番組欄を見ると、福岡ドームの完工日だったことがわかる)。聞くところによると、旧大分2区に含まれていた福岡県境の大分県北部では福岡のテレビ放送が視聴可能らしい。噂話が生まれた裏には、ひょっとしたらKBCでの再放送が関係していたのかもしれない。

 話は変わるが、大分というところは恐らく、教組をはじめとする官公労が強い土地柄で、これに村山富市・元首相の存在が加わり、他県では壊滅した社民党の地方組織が生き残ったのだろう。今回総選挙でも社民党は大分で約69,000票の比例票を集めたが、これは比例九州ブロックでは沖縄の約81,000票に次ぐ数字だ。

 全国的に社民党の得票率はせいぜい数%なのに、大分では13.1%、沖縄では14.7%。沖縄2区で照屋寛徳氏が当選したほか、事実上この2県のお陰で比例でも1議席を獲得し、同党は政党要件である衆参5議席を辛うじて守ることができた。大分、沖縄の票がなければ、前回選挙で消滅していたことだろう。

 横光さんは後に民主党に移ったこともあって、社民党関係者からは裏切り者扱いされたとも聞くが、村山さん程の存在感はなかったにしても、大分社民を一時期支えた人物であったのには違いない。彼が政界にいる間、選挙を利することになり兼ねない『特捜最前線』再放送は、大分では難しかったのではないだろうか。
[Edit]

高校学食の思い出話三題

20141212001.jpg

 先日、高校の学食の思い出話で家族と盛り上がった。くだらない話ばかりだが、結構面白かったので、一部を紹介したい。

 ドリアを生まれて初めて食べたのは1970年代後半、高校の学食でだった。学食にはカレーや焼きめし、うどんなどの定番メニューのほかに、日替わりのA定食(値段は200円)とB定食(230円)があり、ある冬の寒い日、A定食でドリアが出てきたのだ。黒板のメニューに料理名は書いてあったはずだが、当時はドリア自体をそもそも知らなかったし、現在ほどメジャーな料理ではなかったと思う。級友とサンプルを見て「グラタンうまそう!」とA定を頼み、食べ始めてしばらくの後、級友と次のような会話となった。
 「このグラタン、ご飯が入っとうぜ」
 「俺のもだ。マカロニが切れたっちゃろうか」
 「文句言いに行こうか…。でも、これ意外とうまいね」
 「オウ、うまいな!」

 別の日、バドミントン部のエースでインター杯にも出場したA君が変なカレーを食べていた。ご飯の色が妙に黄色っぽいのである。
 「A、なんかご飯の色が変じゃないか」
 「食堂のおばちゃんが『白ご飯が切れたけん、これでいいね』って言って焼きめしにカレーをかけたったい!」
 「……うまい?」
 「意外にうまい。次からもこれ頼もうかいな」
 後日、私も「焼きめしにカレーかけて~」と食堂のおばちゃんに頼んだが、「白ご飯がちゃんとあるけん、駄目」と断られた。少し悔しかった。

 珍しく懐が少し豊かで、ご飯、おかず、スープの3点セットからなるB定食を頼んだ日のことだ。食堂内が大混雑していたので、級友たちとトレーを中庭に持ち出し、野外ランチとしゃれこんだ。級友の一人がスープを飲みながら、首をひねりだした。
 「見たことのない野菜がスープに入っとるわ。何やろ?」
 「これに似とらんか」
 別の級友が指さした先にあったのは中庭に生えた雑草。私たち男子高校生の行儀があまりに悪すぎるので、食堂のおばちゃんたちが怒っているという噂はあったが、いくら何でもまさか…。突き詰めると怖くなるので、この日はこれで終わったが、仲間内ではその後長く冗談話(怪談話?)として語り継がれることになった。
[Edit]
Theme: 福岡 | Genre: 地域情報

福岡市職員の給与

IMG_1531.jpg

 福岡市職員に10日、冬のボーナスが支給された。行政職(平均年齢は41歳11月)への平均支給額は800,060円で、昨年に比べ約1万円のマイナス。不況に伴う税収減で据え置きかマイナスが続いてきた市職員給与だが、今後は久々のアップが見込まれている。市人事委員会が9月、職員給与の引き上げを市長らに勧告したからだ。引き上げ幅は1.1%。12月議会で関係議案が可決され勧告通りに給与が改定されれば、市職員の平均年収(給与+ボーナス)は7万円アップし約640万円になるという。

 引き上げの理由は、現在は民間の給与を下回っており、同水準に是正するためだという。「公務員優遇だ」という批判は恐らく多いだろうが、福岡市議の報酬(政務活動費を含め年間1,840万円!)のバカ高さを思えば、職員給与についてはあまり目くじらを立てる必要がないと私は考えている(私は市職員ではないし、身内にもいないので念のため)。

 東日本大震災の例を見てもわかるように、大災害や大事件が起きれば、自治体職員は不眠不休で仕事を強いられる。選挙だけが唯一の大仕事という議員とはこの点が大きく違う。きちんとした人材を確保するためにも、ある程度の待遇を保証するのは当然だと思うからだ。だから、市職員給与引き上げ勧告がニュースになった際も格別何とも思わなかったのだが、家族が首をひねった。「民間と同じ水準にするというけれど、福岡市の民間企業って平均年収が640万円もあるの?」。

 言われてみれば、日本のサラリーマンの平均年収は400万円を超えた程度だ(2012年国税庁調査)。福岡で200万円以上も上回っているなど考えられない。慌てて福岡市公式サイトに掲載されていた人事委員会の発表資料を確認したところ、人事委員会が参考にした「民間」とは、従業員数が50人以上の事業所であることがわかった。平均年収640万円とは、福岡市内にある従業員50人以上の843事業所の中から、無作為抽出した189事業所を調べた結果だったのだ。

 従業員50人の事業所とは一般的には中小企業に分類されるが、地方都市では必ずしもそうとは言い切れない。2012年の経済センサス(経済構造調査)によると、福岡市にある民間事業所は75,362で、従業員の総数は828,494人。1事業所当たりで11人弱。全事業所のうち、従業員50人以上はたった1%強に過ぎないのだ。市内ではまさしく大企業なのである。実際に従業員1,000人以上の本当の大企業でも平均年収は600万円程度らしい。市職員の給与は、いわゆるエリート民間企業と比較して決定されていたのである。

 「年収640万円」の謎は簡単に調べがついたが、こうなると、市職員の給与に本当に目くじらを立てる必要がないのか少々怪しく思えてきた。待遇に見合うだけのサービスを彼らは市民に提供しているだろうか。せっかくの好待遇を不祥事でふいにする職員も多すぎる気がする。匿名掲示板2chの中に「福岡市役所専用」と銘打たれたコーナーがある。利用者が本当に市職員なのかは不明だが、高島市長を無能扱いし、彼を選んだ市民をバカ呼ばわりする書き込みで満ちている。興味がある方はぜひ一読をお勧めする。
[Edit]
Theme: 福岡 | Genre: 地域情報

謎の候補者

IMG_1518b.jpg

 2日公示された衆院選の福岡2区に、少し大げさだが“謎の候補者”がいる。3日の新聞各紙には、各候補者の略歴が顔写真付きで紹介されているのに、この候補者は「中村宣久 52 無新 会社員」とあるだけ。詳しい経歴はもちろん、顔写真さえなかったのだ。西日本新聞には「※中村宣久氏は経歴などの本紙取材に応じていません」という断り書きがある。インターネットを駆使して選挙運動を展開しているのだろうかと思い、検索してみたが、それらしき情報は見当たらなかった。(その後、開設したばかりと思われる中村氏のfacebookを見つけた)

 福岡2区に立候補しているのは、中村氏のほか、共産党新人の倉元達朗(47)、民主党元議員の稲富修二(44)、自民党前議員の鬼木誠(42)の政党公認3氏。私の勤務先近くのポスター掲示場には、この3氏のポスターは貼られていたが、中村氏だけはなかった。総選挙に立候補しているというのに、顔さえわからない候補者とはかなりミステリアスである。

 衆院小選挙区立候補に必要な供託金は300万円。これだけの大金を用立てて選挙に出てきたのだから、何らかの主義・主張はあるはずだと首をひねっていたところ、福岡市中央区大濠公園近くの掲示場で、ようやく中村氏のポスターを目にすることができた。それが上の写真だ。「喫煙者の権利を守る運動をします」「所得税・法人税ゼロ消費税20%の運動をします」「国会議員の給料と人員を削減する運動をします」「自主的な国を造る運動をします」という4項目の公約が並び、“推薦「庶民乃会」”との記載がある。失礼ながら、突飛な候補者ではないかと疑っていたのだが、主張もご本人の風貌も割に普通だった。

 福岡2区は中央区、南区、城南区にまたがる選挙区で、ポスター掲示場の数は630箇所を超える。中村氏がどのような態勢で選挙戦を戦っているかはまったくわからないが、ひょっとしたら人手が足りないため、ポスター貼りが間に合っていないのだろうか。なお新聞各社のサイトを確認したところ、全国295小選挙区の中で顔写真の掲載がない候補者は中村氏一人だった。ただし、NHKのサイトにだけはなぜかしっかり掲載されていた。
[Edit]
Theme: 福岡 | Genre: 地域情報