親不孝通り復活?

IMG_4273.jpg

 福岡市中央区天神3で「親不孝通り」の名称を復活させようという動きがあるらしい。地元紙の西日本新聞が報じている。現在、この通りは読みは同じ“オヤフコウ”ながら「親富孝通り」を名乗っている。同紙によると、かつて九州各地の若者たちを吸い寄せた時代の活気を取り戻したいと、地元の商店主たちが名称復活を検討しているという。

 西日本新聞がこの動きを初めて報じたのは10月30日朝刊だったと思うが、この記事では親不孝通りの名前の由来について「1970年代、近くの予備校に通う浪人生たちが勉強をよそに居酒屋に出入りする姿から『親不孝通り』と呼ばれた」と書かれていた。これは初耳だった。確かに予備校生が居酒屋で飲んだくれていたら、とんでもない親不孝者だと思うが、私が70年代後半ごろに聞き、現在でも一般的に語られている由来は、かなり違う。この通り(正式名は天神万町通り)がただ単に地元予備校・九州英数学舘、水城学園への通学路だったためだ。

 つまり、飲んだくれていたからではなく、浪人の存在自体が親不孝者扱いされていたわけで、同時代に浪人生活を送った私の経験からしても“現役で地元国立大合格が一番親孝行”だった。また、親不孝通りという通称がついた後に、居酒屋などの飲食店が次第に増えていった記憶もあるが、非常におぼろげだったので、この機会に通りの歴史をざっと調べてみた。

 参考にしたのは『親不孝通りの迷宮―勝手にしやがれ伝説』(東靖晋ほか編、海鳥社、1990)などで、「勝手にしやがれ」とは通りの草創期にあった居酒屋の名前。この本によると、親不孝通りと呼ばれ出したのは1978年頃。「勝手にしやがれ」の開店はその2年前の1976年(水城学園開校もこの年。九州英数学舘は1951年)だが、この頃の通りは「全く真っ暗」で、ぽつぽつと飲み屋があるぐらいだったという。ただ、居酒屋としてはほかに「晴れたり曇ったり」「ぶあいそ」「どん底」はあったとも書かれている。

 親不孝通りの通称が誕生する前に通りには居酒屋が進出していたわけで、だとしたら西日本新聞が書いたように、居酒屋に出入りしていた予備校生が中にはいたかもしれない。昼食代にも事欠いていた我が身を振り返り、居酒屋で飲み食いできるほど裕福な予備校生が、通りの通称の由来になるほど多数いたとは信じたくはないが。

 その後の歴史を追うと、1980年代には若者の街として九州でも有数のにぎわいを見せるようになったが、同時に犯罪も多発し、「不健全な呼び名が悪い」と考えた中央警察署が1997年5月、市に対し親不孝通りという名称の使用中止を要請した。署側はこの要請をすぐに撤回したが、犯罪多発の温床となっていることを重く見た市側は観光パンフレットから親不孝通りの名を排除し、行政レベルではいったん、この名前は消滅した。しかし、愛着を持つ地元商店主たちが2000年、今回と同じく復活に動き、論争の末、この時は親富孝通りで決着した経緯がある。

 親富孝という名前には、平成の大合併で生まれた珍奇自治体名のような居心地の悪さを感じていたので、個人的には親不孝通り復活に大賛成ではある。

IMG_4276.jpg

 “親不孝通り発祥の地”を名乗る飲食店前にある石碑。この店のウェブサイトには「(先代オーナーが)予備校生達に『真面目に勉強せずに遊んでばかりで、親のすねかじりしている親不幸な奴ばかり歩いているから親不孝通りやな!』とジョークで言っていたのを予備校生達がいつの間にか使うようになったのが親不孝通りの始まりです」と由来が紹介されている。

IMG_4277.jpg

 1991年に完成し、一時期は通りの顔の一つだった「タイムスリップビル」。メタリックな外観だが、エジプトのスフィンクスやツタンカーメン王のマスクをイメージしたものだという。現在は空き家状態。通りの名前を変えたぐらいで活気が戻るわけがないことなど当事者は重々承知とは思うが、この建物の惨状を見ると、何かのきっかけが求められているのだろう。
スポンサーサイト
[Edit]
Theme: 福岡 | Genre: 地域情報

大分市中央通りの歩道

IMG_4244.jpg

IMG_4245.jpg

 2年ぶりに大分市に行き、生まれ変わった駅ビルや商店街をぶらぶらして来た。駅前のメインストリート・中央通りでは今年3月から、車道1車線を潰して歩道を広げるという社会実験が行われている。市中心部のにぎわいを取り戻す狙いだったというが、大分市は先頃、「歩道拡幅の効果はなかった」という検証委員会の報告を受け、年度内に車道に戻すことを発表した。1年に満たない実験で効果を計るのは少し性急すぎるのではないかと思ったので、ついでに現地を見てきた。

 中央通りは計6車線の広い通りで、歩道に衣替えされたのはアーケード商店街側の西側の1車線。約400㍍にわたって歩道幅が7㍍から10㍍強に広げられた。この社会実験を始めたのは民主党系の前市長で、今回取りやめを決断したのは自民系の現市長。だから、車道復活は政治的思惑もあるのではないかと思っていた。その疑いは現在も持っているが、現地を見ての正直な感想は「確かにこれでは効果はゼロだろう」だった。

 上が現地の写真だが、歩道を拡幅したというより、歩道でも車道でもない中途半端な緩衝帯を設けたような感じで、休日だったが、誰一人ここを歩いてはいなかった。歩道拡幅はあくまでも仮設工事で、結果が良ければ、本格工事を行う段取りだったらしいが、失礼ながら、いくら仮設であってもこんな代物だけでにぎわいを創出できると考えた行政側の感覚が不思議だ。地元商店街側にはもともと反対意見の方が多かったというが、前市長には何か成算があったのだろうか。

 地元紙・大分合同新聞の報道によると、この社会実験には工事費を含め計2億円が投じられてきた。しかも、車道に戻すという現市長の決断により、数年にわたって検討されてきた中央通りの活性化策は白紙になったという。議論の蓄積まで無駄になったわけではないと思うが、予算的にはずいぶん高くついた社会実験だったというほかない。

 行政サイドの責任は免れないと思うが、なにしろ肝心の市長が交代してしまっているので、市議会での責任追及は恐らく中途半端に終わることだろう。過去の市議会会議録を読んでみると、現市長はこの社会実験について「にぎわいや憩い空間を創出するために、昨年12月に議会の承認をいただく中で、中央通り西側歩道の仮設工事を行ったというふうに聞いております」などと発言している。“議会の承認をいただく”、“というふうに聞いております”という言葉に市長のスタンスが表れているように思える。「あなた方議員は賛成したんでしょ。私は知りませんよ」といったところだろうか。

 大分市の中心街には10年ほど前、仕事絡みで頻繁に通っていた。フォーラス前を除き、中央通り西側はこの頃も人通りが少なかったという印象があるが、甘酒饅頭の「つるや」はにぎわっていた。フォーラス8階のジュンク堂コミック専門売り場の品ぞろえの豊富さには衝撃を受け、仕事をさぼってよく入り浸った。我が家の本棚にはここで買ったマンガが結構ある。
[Edit]

昭和40年代、50歳代は老人だったのか?

IMG_4217.jpg

 妙なタイトルだが、昭和時代の連続殺人犯、古谷惣吉(ふるたに・そうきち)に関する話である。古谷は1965年(昭和40)、兵庫、福岡、滋賀、京都、大阪の5府県で短期間に8人の男性を殺害し、85年5月、71歳で死刑が執行された。当時、「一人暮らしの貧しい老人ばかり計八人を殺害」(古谷の死刑確定を伝えた78年11月28日の読売新聞夕刊)と報じられ、現在でもウィキペディアなどネット上には「8人の老人を手当たり次第に殺害」などと書かれている。しかし、8人の被害者の年齢を調べてみて“老人”という表現に違和感を持った。50歳代の人が多いのだ。

 古谷の犯行を時系列で挙げると次の通りだ。
<1>神戸市垂水区で廃品回収業のAさん(57歳)を殺害(1965.10.30)
<2>大津市の琵琶湖畔で売店留守番のBさん(59歳)を殺害(11.2)
<3>福岡県新宮町で英語塾講師のCさん(54歳)を殺害(11.22)
<4>京都市伏見区で廃品回収業のDさん(60歳)、Eさん(66歳)を殺害(12.3)
<5>大阪府高槻市でとび職のFさん(55歳)を殺害(12.5)
<6>兵庫県西宮市で廃品回収業のGさん(69歳)、Hさん(51歳)を殺害(12.12)

 最も若い51歳のHさんはじめ50歳代が5人、60歳代が3人。厚労省資料によると、事件が起きた65年当時、日本人男性の平均寿命は67.74歳。80歳を超える現在(最新の2014年統計では80.5歳)に比べ、13年近くも寿命が短かったわけで、当時の50~60歳代が今よりも相対的に高齢と思われていたのは確かだろう。しかし、実際に何歳ぐらいからが高齢者とされていたのだろうか。

 内閣府の平成18年版『高齢社会白書』に参考になる記述がある。「昭和30年当時は、平均寿命が、男性が63.60歳、女性が67.75歳であり、おおむね平均寿命を超えた人が高齢者と呼ばれていた」と書かれている。昭和30年は古谷の事件よりも10年前で、平均寿命はさらに短かった時代だが、この頃でも50歳代は高齢者扱いはされていなかったわけだ。また、事件が起きた年に行われた国勢調査以降、65歳以上を老年人口と規定している。60歳代の被害者はともかく、50歳代まで老人呼ばわりするのは、どう考えても無理があった気がする。まして古谷本人も事件当時は51歳なのだが、彼については一切老人扱いされていないのだ。

 古谷は身長165㌢。大正生まれとしては比較的大男の部類で、力も強かったらしい。一方、被害者の職業の多くが“廃品回収業”だったことでわかるように、いわゆる社会的弱者だった。当時の報道は、古谷の冷酷、残忍さを際立たせるため、あえて被害者全てをひとくくりにし、“か弱い老人”ばかりを狙ったことにしたのではないだろうか。なお、「一人暮らしの貧しい老人ばかり」という記述には明確な間違いがあり、全く当てはまらない被害者が一人いる。<3>事件の被害者、英語塾講師のCさんは一軒家に家族と暮らしており、彼の遺体を発見したのは帰宅した妻だった。

 時系列では3番目の事件だが、Cさん殺害がきっかけとなって連続殺人事件であることが明るみに出た。Cさん宅にAさんの名前が書かれたスボンが残されており、Aさんを容疑者と睨んだ福岡県警の捜査員が神戸に出向いたところ、半ばミイラ化したAさんの遺体を見つけたのだ。直後に「広域手配一〇五号事件」として捜査が始まり、残された指紋等から古谷が容疑者であることが判明。<6>の事件直後、古谷はパトロール中の警察官によって現場で身柄を確保された。

 この前年の1964年、古谷と同様に連続殺人犯として知られる西口彰が逮捕されている。西口事件は、先頃亡くなった作家、佐木隆三さんの代表作『復讐するは我にあり』のモデルとしても有名だが、佐木さんは古谷の事件に関しても『巡礼いそぎ旅』という短いルポを残している。事件の概要などは『犯罪の昭和史―読本(3)現代』(作品社、1984)に収録されたこの作品を参考にさせていただいた。
[Edit]
Theme: 福岡 | Genre: 地域情報

東福岡、圧勝で花園へ

DSCF1456.jpg

DSCF1449.jpg

 第95回全国高校ラグビー福岡県大会の決勝が15日、福岡市博多区の博多の森陸上競技場で行われ、東福岡が52-5(前半24-5、後半28-0)で筑紫を下し、16年連続26回目の花園出場を決めた。8日の準決勝後「筑紫、花園に前進?」という記事を書き、記念大会による出場校増枠分(九州に1枠)が福岡県に割り当てられるのが順当だと書いた。今もその思いは変わらないが、決勝が予想以上の大差となり、今月23日に予定される記念大会枠の出場校選考は、ひょっとしたら紛糾するかもしれない。

 試合は、東福岡が選手個々の突破力とパス回しのうまさで筑紫を圧倒、前後半で計7トライ(ゴールも全て成功)を積み重ねた。筑紫もボール保持率ではほぼ互角に見えたが、ハンドリングエラーが多かったこともあって東福岡の堅い防御をなかなか破れず、前半終了直前、ラインアウトから1トライを奪っただけに終わった。数年前までは徹底したFW戦で東福岡を苦しめてきた筑紫だが、相手と同様の展開ラグビーで挑み、力及ばなかったという印象だ。

 この日、会場となったのは冒頭書いたように博多の森陸上競技場で、ここでの決勝開催は2007年度以来8年ぶり。3万人収容の立派なスタジアムではあるが、陸上競技場だからトラックがあり、専用球技場のレベスタ、春日公園球技場などに比べれば、選手が遠かった。同じ博多の森にあるそのレベスタでは、高校ラグビー決勝開始から1時間遅れで高校サッカー決勝が行われ、こちらも東福岡が4-0で筑陽学園に圧勝した。福岡県では現在、東福岡の壁を破らないことには多くの競技で全国へは行けない。

 【追記】記念大会枠の4校が24日発表され、九州からは筑紫が選ばれた。24年ぶり5度目の花園出場だ。残る3校は関東が東海大相模、近畿が京都成章、中国が広島工。このうち中国ブロックだけは推薦選考試合を行い、広島工がこれを勝ち抜いた。後腐れがない選考方法だったと思う。
[Edit]
Theme: 福岡 | Genre: 地域情報

静かな大宰府政庁跡

IMG_4174.jpg

 太宰府市に行き、九州国立博物館で開催中の『美の国 日本』を見た後、大宰府政庁跡を散策してきた。平日だったが、大駐車場には次々に観光バスが到着し、太宰府天満宮の参道は修学旅行生と中国人の団体客で埋め尽くされていた。天満宮は「学問の神様」として全国的にも有名らしいので、修学旅行生が参拝するのは理解できないでもないが、なぜ中国人にまで人気があるのかは正直、謎だ。梅が枝餅でも爆買いしているのだろうか。

 大混雑していた太宰府天満宮、九州国立博物館をよそに、国の特別史跡、大宰府政庁跡ではボール遊びに興じる高校生の一団や、犬の散歩をする近隣住民らしき人を見掛けただけだった。礎石のレプリカがあるほかは、石碑が3基建っているだけ。古代の「遠の朝廷」の面影など全くなく、見た目は芝生の多目的広場でしかない。だから、「ももクロ男祭り」の会場になったりもする。

 男祭りに対しては地元の市民グループが「男女差別の催しに市が協力するのはけしからん」と非難の声を上げ、一部報道で話題になったが、私はむしろ、特別史跡でのアイドルの野外コンサート開催を文化庁や太宰府市などの行政サイドが許したことに驚いた。しかし、よくよく調べてみると、この場所では過去にも南こうせつさんのコンサートや薪能などが開かれ、地元の祭り会場としても利用されてきたことがわかった。見た目だけでなく実態も“多目的広場”だったのだ。

 史跡として開発から守られているのだから、礎石のレプリカと芝生だけでも十分という考え方もあるのだろうが、古代を代表する外交・防衛・行政拠点の大遺跡でもあり、個人的にはもう少し色気があっても良い気がする。太宰府市議会内にも一部建物の復元や、この政庁跡をはじめ市内各所にある名所・旧跡を観光客が回遊する仕掛けづくりを求める声があるが、財政難もあってか実現は遠いようだ。もっとも、巨費を投じる箱もの建設を巡って市は揺れ続けているようだが。

 ところで、『美の国 日本』は九州国立博物館の開館10周年を記念した特別展で、数々の国宝、重文級の美術品が展示されていた。私が見たかったのは青森県・亀ヶ岡遺跡出土の遮光器土偶(重文)、新潟県・笹山遺跡出土の火焔型土器(国宝)の二つで、まさにこの2点が会場入り口近くで来場者を出迎えていた。これですっかり満足した私は残る展示品は適当に見ただけで、全く関心のない書画に至っては完全にスルーした。私よりずいぶん後に会場から出てきた家族には「もったいない」と呆れられたが。博物館では中国人観光客の一群は見掛けなかったが、隋の煬帝の墓からの出土品(中国からの借り物)なども展示されており、意外に彼らの興味もひいたのではないだろうか。
[Edit]
Theme: 福岡 | Genre: 地域情報

筑紫、花園に前進?

DSCF1427.jpg

DSCF1438.jpg

DSCF1440.jpg

 第95回全国高校ラグビー福岡県大会の準決勝が8日、春日市の春日公園球技場で行われ、東福岡が85-7(前半33-7、後半52-0)で福岡工、筑紫が28-18(前半14-3、後半14-15)で修猷館を下し、それぞれ決勝に進出した。「花園出場校の増枠分はどこに」でも書いたが、今年は福岡県に2校の全国大会出場枠が割り当てられる可能性が高いだけに、筑紫は24年ぶり5度目の花園出場に大きく前進したと言えるのではないだろうか。

 筑紫―修猷館戦は、修猷館がPGで先制したが、筑紫はCTB山崎の鮮やかなトライですぐに逆転。さらに前半終了直前と後半開始早々にもまたも山崎がきれいに抜け出して2トライを決め、修猷館を突き放した。前半ノートライに抑えられた修猷館は後半、粘り強い攻めで敵陣前の密集から2本のトライを奪い懸命に追いすがったが、山崎に決められた3トライが最後まで響いた。

 今回の全国大会は第95回の記念大会であるため、過去10年間にベスト4進出校を出した関東、近畿、中国、九州の4ブロックの出場枠が各1校増やされ、これをどこに割り当てるかは11月23日に決まることになっている。しかし、「地方予選決勝において強豪校に僅差で敗れ全国大会に出場できない高校に出場機会を与えること」(日本ラグビー協会の公式サイトより)という理由で出場枠が増やされたことを思えば、福岡から2校出場となるのが順当だろうと思う。

 過去10年の福岡県大会の決勝スコア(カッコ内は東福岡の全国大会成績)を以下に記した。この10年で東福岡は全国屈指の強豪に駆け上がり、黄金時代を築いたが、同時にこの10年は東福岡の厚い壁に挑み、そして跳ね返され続けてきた筑紫の苦闘の歴史でもあったことがわかる。両校の決勝対決は15日午後1時から、博多の森陸上競技場で行われる。当たり前だが、両校とも「準優勝でも花園」などという考えは全くないことだろう。

05年度 東福岡28-27筑紫(3回戦敗退)
06年度 東福岡25-15筑紫(準優勝)
07年度 東福岡19-7筑紫(優勝)
08年度 東福岡12-10筑紫(ベスト4)
09年度 東福岡17-12筑紫(優勝)
10年度 東福岡69-7筑紫丘、福岡21-7筑紫(東福岡優勝、福岡2回戦敗退)
11年度 東福岡23-12筑紫(優勝)
12年度 東福岡24-17筑紫(ベスト8)
13年度 東福岡31-12筑紫(ベスト4)
14年度 東福岡59-0修猷館(優勝)
15年度 ?

[Edit]
Theme: 福岡 | Genre: 地域情報