福岡刑務所の移転

MKU611-C9A-5.jpg


 熊本地震後、ツイッターで一時「熊本刑務所」が話題を呼んでいた。同刑務所が避難者を受け入れ、ニュースになっていたためだが、タイミングがタイミングだけに、“刑務所”の文字を見て、地震で建物が壊れ脱獄騒ぎがあったのではないかと勘違いした人もいたようだ。この刑務所の正門前を初めて通った時、無期懲役囚をはじめ刑期の長い受刑者を収容している割には市街地のど真ん中にあることに少し驚いた。他市のことなので詳しい事情は知らないが、過去に移転運動などは起きなかったのだろうか。

 福岡県に目を転じると、福岡刑務所は現在、福岡市近郊の宇美町にあるが、1965年(昭和40年)4月までは現在の福岡市早良区藤崎にあった。その名残で今も福岡拘置所があるが、それ以外の跡地は早良区役所や早良市民センター、ももちパレス、九州郵政研修センターなどとなっている。1961年5月に撮影された旧・福岡刑務所周辺の航空写真と現在の地図を並べたが、刑務所敷地の広大さとともに、当時すでに周囲には住宅が密集していたことがわかる。この機会に、福岡刑務所の移転について調べたところ、意外なことがわかった。宇美町移転の主体は国ではなく、福岡市だったのだ。

 このあたりの経緯を記録している『福岡市史 第五巻 昭和編後編(一)』(1970)によると、市、市議会による刑務所移転運動が本格的に動き出したのは1959年11月。刑務所が建設された1913年(大正2年)当時は農村地帯だった西新・藤崎地区だが、市の人口が60万人を超えた59年頃には市西部の中心となっており、「広大な敷地と建物を持つ矯正施設が存在することは、この地区の発展はもとより、伸びゆく西部方面への“大きな壁”となっていた。このことから、刑務所を移転させ、その跡地を高度に利用することに市当局と市議会では態度を決定した」(『福岡市史』)という。

 ちょうど施設の老朽化が進んでいたこともあり、国側も移転にはあっさり同意するが、ここで持ち出してきた条件が一種の等価交換。国側は現刑務所の土地・建物の価値を5億5,000万円と見積もった上で、福岡市にこの金額内で新刑務所を建設させるという方式で、宇美町に新刑務所の用地を選定し、施設を建てたのは福岡市だったのだ。

 「移転して欲しかったら、新刑務所を用意しろ」という国のやり口はかなり横暴に思えるが、この方式を提案したのは実は福岡市の方で、同時期に行われた名古屋刑務所移転でもこれに倣ったと市史では自画自賛している。移転を迅速に進めるための苦肉の策だったのだろう。一見、福岡市が宇美町に迷惑施設を押しつけたようだが、新刑務所の用地選定に当たっては希望を募り、宗像町、前原町、福岡市野方地区の中からいったんは宗像町に決まりかけていた。だが、土壇場になって同町が誘致を撤回、代わって名乗りを上げたのが宇美町だったという。
 
 旧刑務所の建物は1965年11月までには取り壊され、跡地は上述のようにミニ官庁街兼住宅地となった。新刑務所建設に掛かった5億5,000万円以上で跡地が売れたのかどうかは調べがつかなかったが、都市の発展という点から考えれば、収支が大幅なプラスだったことは間違いないだろう。ただ、新刑務所の設計等も終わっていない段階で、形式上は国が5億5,000万円で購入するという契約を結んだことに対し、会計検査院から「妥当でない」という指摘があり、1962年の衆議院決算委員会でも取り上げられている。

 なお、新刑務所用地の造成を請け負ったのは陸上自衛隊小郡駐屯地の施設部隊だった。建設費5億5,000万円という枠があるため、出来る限り安価に抑えようと福岡市が頼み込んだらしい。自衛隊が平時でも災害時でも有能な集団であることを知らしめる話だが、今時自衛隊を土建業者代わりに使ったら、相当批判を浴びることだろう。


 ※航空写真は国土地理院の「地図・空中写真閲覧サービス」から。刑務所を中心にトリミングさせていただいた。
スポンサーサイト
[Edit]
Theme: 福岡 | Genre: 地域情報

ホークスタウン解体進む

IMG_4810.jpg

IMG_4808.jpg

 建て替えのため3月いっぱいで閉館したホークスタウンモール(福岡市中央区地行浜)の解体工事が始まっている。ただ一つ残るライブ会場、Zepp福岡も5月8日で営業終了の予定で、大型連休が終われば、施設の取り壊しは一気に進みそうな気配だ。モールを事実上所有する三菱地所が3月末に出したニュースリリースによると、新施設は2018年度開業予定で、延べ床面積は現在の1.8倍の約13万平方㍍になるという。入居店舗などの詳細は未定だが、Zepp福岡とユナイテッド・シネマ福岡とは再出店交渉中だと明らかにしている。

 昨年末に建て替え計画が最初に公になった際、三菱地所側がマンション併設も検討していると報じられ、高島市長が「交通対策をどう考えているのか」とかみついたことを紹介した(「ホークスタウン再開発」)。少なくとも先のニュースリリースには“マンション”の文字はない。もちろん、建て替え計画の詳細が今後固まっていく中で、マンション併設が本当に盛り込まれる可能性はゼロではないだろうが、市長が指摘した交通問題はやはりネックになるだろうと思う。

 新施設の床面積13万平方㍍とは、福岡都市圏の商業施設ではJR博多シティ(20万平方㍍)、イオンモール福岡(14万平方㍍、粕屋町)に次ぐ規模となる。しかも、あの三菱地所が「当社の旗艦商業施設」にすると高らかに宣言しているぐらいだから、規模だけでなく、質的にも魅力あるショッピングモールに生まれ変わることだろう。

 モールに隣接するヤフオクドームは、ホークス戦の度に3万人を大きく超える観客を集め、現在でも周辺道路は大渋滞、近隣住民は車では身動きできない状態となっている。“幸いなことに”、今までのホークスタウンモールはガラガラだったので、渋滞に拍車をかけることはなかったが、恐らく今後はそうはいかない。周辺の地行浜や早良区百道浜の住民の中には、新モール誕生を待ち望む以上に、予想される渋滞を思い浮かべ、今からゾッとしている人も多いのではないだろうか。この上さらにマンションを建てるという選択肢は、道路事情を何とかしない限りはあり得ないと個人的には思う。

 三菱地所側はニュースリリースの最後を「なお、本計画の詳細については、引き続き検討してまいりますが、当社は、本事業を通じホークスタウン及び周辺エリアの活性化に貢献していまいります」という妙に殊勝な言葉で結んでいる。高島市長がかみついたことは、意外に無駄ではなかったのかもしれない。ニュースリリースに添付されている新モールの外観イメージ図によると、メインの出入り口はよかトピア通りの交差点側になるようだ。


[Edit]
Theme: 福岡 | Genre: 地域情報

避難所に届かない水や食料

IMG_4805[1]

 熊本地震の本震が起きた16日土曜の午後、家族が車で熊本市に行き、避難所に食料などを差し入れてきた。まったくのボランティアで行ったわけではない。熊本市のある企業が社屋の一部を避難所として開放したが、必要物資が全く届かない。この企業は、家族が勤める会社の得意先。熊本の営業所を通じて相談があったため、社有車に可能な限りの食料を詰め込み、同僚と被災地に向かったのだ。

 わずかでも被災地のためになるのだからと快く送り出したものの、余震はなおも続いており、大動脈の九州自動車道をはじめとする道路網は寸断されている。道中を心配したが、無事に役目を果たし、17日未明には福岡市内の自宅に戻ってきた。行きは比較的スムーズに熊本市内に入れたが、帰路は深夜にもかかわらず大渋滞に巻き込まれたという。

 渋滞で緊急車両の活動を阻害しないよう、支援物資輸送などは本来なら行政に任せるべきだと思うが、熊本地震ではどういう理由か、被災者に水も食糧も行き渡っていないことが報道されている。家族の会社にSOSを発した熊本の企業も「このまま待っていたのではらちがあかない」という判断だったのだろう。熊本県や熊本市をはじめとする市町村職員は、救助、復旧、被災者支援のため懸命に働いているとは思うが、被害の大きさと10万人を超える避難者は想定外だったに違いない。

 熊本地震ではまた、宇土市庁舎が半壊し、八代市庁舎が「崩壊の恐れあり」として封鎖されてしまったことも引っ掛かった。復旧や被災者支援の要となるべき役所が真っ先にダウンするとは非常にお粗末な話で、支援活動等に支障が出ていないはずがない。両市庁舎とも老朽化しており、耐震診断でも問題ありとされていたという。

 どうして耐震補強をしなかったのかと腹立たしく思ったが、八代市は3月の市議会に庁舎建て替えの予算案を提案し、否決されていたことがわかった。議会が建て替えに反対した理由はお決まりの「財政難だから」だったようだ。それから1ヶ月も経たないうちに熊本地震が起きた。

 自戒を込めて書くのだが、庁舎建て替え、あるいは自治体職員の数や給与の問題は「金」の面だけで語られ、場合によっては公務員批判の材料にもなりがちだが、こういった大災害に直面すると、危機管理につながる問題でもあることがわかる。写真は福岡市内のスーパーで撮影した貼り紙。犠牲者の方々のご冥福をお祈りします。
[Edit]

簀子小学校の跡地

IMG_4788.jpg

 福岡市中央区大手門の旧・簀子小学校跡地がきれいな更地になっている。跡地利用はどうなるのだろうか。旧校舎の解体が進んでいた昨年6月にもこの問題を取り上げたが(「解体進む旧簀子小校舎」)、その後進展はなかったようだ。福岡市住宅都市局の2016年度予算資料には「簀子小学校跡地について、まちづくりの検討を進め、早期の土地利用を図る」という、ごく短い一文があるだけで、要するに「まだこれから」という段階であることがわかる。しかも、跡地利用は教育委員会の手を離れ、住宅都市局に委ねられたということだ。

 「解体進む旧簀子小校舎」では、跡地は隣接する簀子公園と一体活用を図るのが一番シンプルではないかと書いた。住宅都市局は、港湾局と並ぶ市役所内のデベロッパー的部門だが、一応は公園整備なども担当している。簀子公園との一体化の可能性はゼロではないだろうと思う。

 住宅都市局には簀子小跡地のほか、市内に3か所あった青果市場が人工島の新市場に一本化されたことに伴い、旧市場の跡地利用も委ねられている。旧市場跡地については予算資料には「地域や市のまちづくりに寄与する土地利用の誘導を図り、円滑な跡地処分に向けて取り組む」とあり、早急な売却を意図しているのは明らかだ。

 これに対し、簀子小跡地に関する「まちづくりの検討を進め、早期の土地利用を図る」という文言からは、市が主体的に跡地利用を図るという方針が読み取れる。跡地がある那の津通り沿いは近年、ファミリー向けマンションが次々に建設されているが、少なくとも“民間に売却され、2~3年後にはタワーマンションがそびえている”といった可能性は低いのではないだろうか。

 跡地に比較的近い福岡市の中心部、天神地区では今後、容積率緩和により民間ビルの建て替えを促す役所主導の再開発が構想されている。先行きはわからないが、仮にこの構想が進めば、建て替えの際には仮住まいのオフィス需要が高まることだろう。市中心部近くに生まれたまとまった空地は、そういった面からも注目されるかもしれない。
[Edit]
Theme: 福岡 | Genre: 地域情報

芝生広場になった鴻臚館遺跡

IMG_4784.jpg

IMG_4778.jpg

 福岡城址にある鴻臚館遺跡が芝生広場として整備され、この春から市民に開放された。南側の1万平方㍍は一足早く2011年に芝生が張られていたが、1999年以来続いていた本格的発掘調査がようやく一段落し、北側1万3,000平方㍍にも広げられた。桜の開花時期に合わせて広場はオープンしたこともあり、格好の花見会場としてにぎわったようだ。

 少し気になるのは、早くも雑草があちこちに顔を出し、芝生を覆い尽くす勢いで育ちつつあることだ。南側は昨夏、セイタカアワダチソウが生い茂り、散策など到底不可能な状態になっていた。管理が行き届かないと、二の舞いになりかねない。(
「雑草で埋め尽くされた鴻臚館跡」

 この広場は今後どうなるのだろうか。昨年春に福岡市がまとめた「国史跡鴻臚館跡整備基本構想」、及びこの構想をもとに続けられている整備基本計画策定のための議論によれば、計画策定から7年後をめどに古代の地形を復元、15年後をめどに鴻臚館の建物を復元する方針が示されている。

 計画がまとまるのは今年度末の予定なので、鴻臚館が姿を現すのは順調にいって2032年頃ということになる。元号で言えば、平成44年。鴻臚館跡が、平和台球場の外野スタンド改修工事に伴い発見されたのは昭和末期の1987年12月。この時から数えれば、45年もの月日が経つことになる。ずいぶん遠大な話になった。

 鴻臚館とは飛鳥時代から平安時代後期(7~11世紀)にかけ、外交・交易・博多湾防衛等の機能を担った施設で、外国の使節らを宿泊・接待施設でもあったことから、一般的に“古代の迎賓館”などと呼ばれている。この跡地を含めた一帯に福岡城が造られ、廃城後は陸軍が駐屯、戦後になって平和台球場が建てられた。

 基本計画について話し合っている有識者からは、展示施設ではこれらの歴史についても取り上げるよう求める声が出ており、「中西太の場外ホームランのプレートを置いてほしい」という意見さえあった。鴻臚館の雰囲気にはそぐわないかもしれないが、個人的には賛成したい。
[Edit]
Theme: 福岡 | Genre: 地域情報

ケヤキ・庭石事件

IMG_4757.jpg

 福岡市中央区の地行中央公園(写真)に植えられている「緑の桜」の品種を確認するため、市の公式サイトに植樹に関する資料がないか調べていたところ、妙なことがわかった。この公園には、かつて市を揺るがした“ケヤキ・庭石事件”のケヤキが植えられていたのである。その数はわずか3本だというが、博多湾人工島を舞台にした事件だと思っていたので、比較的身近な場所にも生き証人があったとは意外だった。もっとも、事件が世を騒がせていた当時の市議会会議録には、地行中央公園のケヤキについてもしっかり記録されており、私が知らなかっただけの話ではあるが。

 “ケヤキ・庭石事件”とは2002年に表沙汰になった一大スキャンダル。構図をごく簡単に説明すると、博多湾人工島の建設に当たっていた市の第三セクター「博多港開発」の社長、元市議ら3人が、利用計画のないケヤキ400本、庭石1万㌧を同社に購入させ、7億7,400万円の損害を与えたというものだ。3人は特別背任罪に問われ、有罪判決が確定した。実刑判決を受け服役した元市議は出所後、再審請求をしており、事件は完全に終わったというわけではない。

 博多港開発へのケヤキの販売価格は1本がなんと100万円。事件発覚当時、3人組は二束三文のケヤキ・庭石を法外な価格で売りつけたように報道され、私自身もそう信じ込んでいたが、ケヤキ1本100万円という価格は適正価格だったらしい。だから3人組は「不必要なものを買わせ、巨額の損害を与えた」という形でしか裁けなかったわけで、最も重い懲役3年の実刑判決を受けた元社長は「会社がケヤキ・庭石をちゃんと利用しさえすれば、何の問題もなかったはずだ」と強く反論、私なんぞは意外に説得力があると思っていた。

 しかし、よくよく考えてみれば、ケヤキ400本はともかく、庭石1万㌧を「ちゃんと利用する」というのは相当難問だ。人工島外周の緑地には異様な程多数の巨石が置かれているが、このぐらいでは到底1万㌧を使いきれず、結局大半を護岸に活用したという。壮大な無駄遣いだが、かと言って、本当に1万㌧の庭石が人工島内にゴロゴロ配置されていたのでは、住民はたまったものではなかっただろう。


DSCF9235.jpg
[Edit]
Theme: 福岡 | Genre: 地域情報

緑色の桜

IMG_4751[1]

IMG_4750.jpg

 福岡市中央区の地行中央公園を通った際、薄い緑色の桜が咲いているのに気付いた。「御衣黄」「鬱金」という緑色の花を咲かせる桜があるとは聞いたことがあり、福岡県内では宗像市の鎮国寺が名所らしいので、一度見に行きたいと思っていた。しかし、普段ウォーキングしている公園にあったとは予想外だった。いつものことだが、自分の観察力のなさに呆れ果てる。

 地行中央公園の桜の品種は、花や葉を見ただけでは私にはわからないが、「御衣黄」にしろ「鬱金」にしろ、花の見頃はソメイヨシノの後だという。福岡市は7日、大荒れの天気が予想されており、ソメイヨシノは散ってしまいそうだが、緑の桜はまだ、つぼみも数多く残っている。この週末も楽しむことが出来るだろう。

 地行中央公園はヤフオクドームの横にある派手な装いの公園だが、芝生広場や遊具がある場所以外はいつも閑散としている。ニキ・ド・サンファル作の印象深い彫刻
「大きな愛の鳥」もこの公園の一角にある。
[Edit]
Theme: 福岡 | Genre: 地域情報

わしたショップ閉店へ

IMG_4742.jpg

 福岡市中央区天神2にある沖縄県物産公社のアンテナショップ「福岡わしたショップ」が5月8日で閉店する。4月2日の西日本新聞朝刊が報じていた。インターネット通販で沖縄の物産が簡単に買えるようになり、徐々に売り上げは落ちていたという。「役割を終えた」という判断らしい。

 わしたショップが開店したのは20年前の1996年6月。あまり広くもない店内に泡盛や沖縄そば、菓子、あるいは健康食品など様々な物産が所狭しと並び、開店当初は軽食コーナーも設置されていた。『ちゅらさん』ブームの2001年頃は、『スッパイマン』『ハイソフト黒糖キャラメル』といった沖縄限定の菓子人気も手伝い、店内はいつもにぎわっていた記憶がある。

 1999年2月には、明治通りを挟んだ向かい側のビル1階に青森、秋田、岩手3県共同のアンテナショップ「みちのく夢プラザ」もオープンし、両店をはしごするのは結構面白かった。ただ、勘違いかもしれないが、最近の「わしたショップ」の品ぞろえは妙に健康食品や化粧品の類が目立ち、買い物の楽しさは個人的には「みちのく夢プラザ」の方が勝っていた。

 沖縄県物産公社のサイトを見ると、「わしたショップ」は第1号店の東京・銀座店をはじめ全国に15店舗がある。採算性を見極め、常に店舗改廃は行っているようで、過去には渋谷、日暮里、川崎、上野店なども閉じている。

 だから福岡店閉店は特筆すべき話ではないのだろうが、アンテナショップの役割が単に物品販売だけでなく、販路拡大を図ったり、観光客や移住者、あるいは企業を呼び込んだりするための情報発信・収集拠点であることを考えれば、「役割を終えた」という言葉は意味深な気がする。「わざわざ赤字を出してまで、福岡に置いておく必要はない」ということではないだろうか。
 
 それにしても、この春は慣れ親しんだ店や施設が消え去るニュースばかりを耳にする。単なる偶然なのだろうが、自分まで追い立てられているようで妙な感じだ。
[Edit]
Theme: 福岡 | Genre: 地域情報

西春町の桜並木2016

DSCF1610.jpg

IMG_4730.jpg

 福岡の桜は先月30日に満開となり、すでに「散り初め」。この週末で見頃は終わりそうなので、一昨年6月に初めて存在を知った福岡市博多区西春町の桜並木通りに写真撮影に行ってきた。桜が満開の季節にこの並木道を歩くのは初めてだったが、想像通りの魅力的な場所だった。

 並木道があるのは、西鉄雑餉隈駅近くの県道56号線。車線と車線の間に遊歩道が設けられており、この遊歩道が桜並木。西鉄の線路を挟んで600㍍程の長さがあり、100数十本の桜が植えられている。遊歩道の形状を例えれば、札幌・大通公園のミニチュア版といった雰囲気だ。

 車線と車線の間に遊歩道がある県道など福岡ではほかに見た記憶がなく、一昨年6月に通った時には興味を覚えて成り立ちを調べてみた(
「西春町の桜並木通り」)。なかなか資料が見当たらず難航したが、この一帯では戦前から1956年(昭和31年)にかけて大規模な土地区画整理事業が県によって行われ、県道56号線はこの際に現在の姿に整備されていたことがわかった。遊歩道は恐らく、防火帯を兼ねているのだろう。

 区画整理事業完成翌年の57年、地元住民たちが寄付を募って桜を植樹し、それから60年近くが経った現在、市内有数の桜の名所となっている。2日土曜日も桜並木は大勢の人でにぎわっていた。


DSCF1615.jpg
[Edit]
Theme: 福岡 | Genre: 地域情報