続・鶴城高女を探して


 「鶴城高女を探して」へのコメントで「鶴城高女の『第六回卒業記念写真帳』が福岡県立図書館に所蔵されている」との情報を頂いた。図書館に問い合わせたところ、閲覧可能ということだったので、現物を見てきた。タイトル通り、1928年(昭和3)の卒業アルバムで、セーラー服姿の卒業生の顔写真をはじめ、修学旅行や運動会、バザーなど学園生活の模様を記録した写真が収録されていた。現在の高校卒業アルバムと比べれば、かなりシンプルな作りで、掲載写真も少ない印象だった。

 創立年と校名の移り変わり以外はわからないことだらけの鶴城高女だったが、この卒業記念写真帳により1928年の卒業生は100人で、教職員数は23人だったことがわかった。卒業生数が一学年の定員で、修業年限が5年だったと仮定すれば、この頃の学校規模は最大500人程度だったと思われる。卒業生の住所は多くは福岡市内だったが、長崎、佐賀、熊本、さらには広島など県外からの入学者も散見され、卒業記念写真帳には県外生が暮らしていたと思われる寄宿舎の写真も掲載されていた。

 修学旅行は1927年10月18~23日の6日間。序盤は東大寺大仏殿や清水寺など奈良・京都の名所を巡るというオーソドックスなものだが、ところがこれで終わりでなく、瀬戸内海航路でいったん九州に戻り、旅の最後は大分県の宇佐、別府で締めくくるという、ある意味豪華版だった。

 
国立国会図書館デジタルコレクションでさらに他の資料を探してみたところ、『福岡市』(清原伊勢雄編、福岡市編纂部、1916)という資料の中に簡単な記載があった。当時の校名は福岡実科高女で、「福岡今泉町にあり、明治四十五年の設立にして元技芸女学館を拡張したるもの也、現在の生徒百二十名にして教職員十名現校小野正躬なり」と説明されていた。この頃の全校生徒120人から、1928年には卒業生だけで100人になっているわけだから、12年の間に学校規模はかなり拡大したと判断できる。校長の小野正躬は創立者。明治45年設立と書かれているが、 「鶴城高女を探して」で取り上げた『福岡県教育百年史』には明治35年設立とあった。

 また、1938年(昭和13)5月現在の 『高等女学校女子実業学校職員録』には当時の生徒数が1~4年生で計313人、これに加え専攻科に6人、教員養成所に56人が在籍していたことが記されている。ちなみに新制高校として福岡市内に現存している各校の生徒数は、私立筑紫高女(現・筑紫女学園)が923人、九州高女 (現・福大若葉)が775人+専攻科41人、福岡女(現・福岡女学院)が391人+専攻科42人、福岡女子商(現・福岡雙葉)が356人と、いずれも鶴城高女を上回っていた。なお、鶴城高女の学年ごとの在籍者は1年129人、2年50人、3年90人、4年44人。他校、中でも1学年約230人で一定している筑紫高女と比べてデコボコが激しく、この頃の学校経営は果たして順調だったのだろうかと疑われるところがある。

 廃校の経緯は依然不明のままだが、名前さえ聞いたことがなかった鶴城高女の姿が少し見えてきた気がする。
スポンサーサイト
[Edit]

鶴城高女を探して

2016112301.jpg

 戦前に出版された福岡市のガイド本<注>に、見慣れない学校名が記載されていた。私立の鶴城高等女学校(以下、高等女学校は高女と表記)。所在地は薬院庄で、現在の福岡市中央区今泉、渡辺通付近に当たるらしい。他に紹介されていた女子校は、県立の福岡、早良、筑紫高女、市立の第一女、私立が筑紫高女(県立と同名)、九州高女、福岡女、福岡女子商。現在のどこの高校の前身かはほとんど想像がつき、容易に確認できた。県立福岡高女が福岡中央高、早良高女が福岡講倫館、筑紫高女が筑紫中央高、第一女が福岡女子高、私立筑紫高女が筑紫女学園、九州高女が福大若葉、福岡女が福岡女学院、福岡女子商が福岡雙葉。しかし、鶴城高女はわからない。

 今の時代、「鶴城高等女学校」「鶴城高女」でグーグルなりヤフーなりで検索すれば、概ね欲しい情報が得られるものだが、検索結果として表示されたのは大分県立佐伯鶴城高校の情報が大半。鶴城高女という学校が福岡に確かにあったことは確認できるものの、その実態は一切わからない。現在では校名や経営母体が変わっているにしても、学校の沿革等に鶴城高女の名は記載されているはずで、全く情報が得られないというのは不思議な話だ。

 鶴城高女の記念誌でもないかと思い、福岡市総合図書館で資料を漁ったところ、『福岡県教育百年史 第六巻 通史編(Ⅱ)』(福岡県教育百年史編さん委員会、1981、以下『百年史』)に同校創立に関する記載があった。それによると、1902年( 明治35)、福岡市浜町に開校した私立技芸実習女学館が前身で、後に今泉に移転し、福岡実科高女、今泉高女を経て、1922年(大正11)に鶴城高女に改称したという。また、1928年(昭和3)には小学校教員検定試験受験者の予備校に当たる鶴城教員養成所を併設し、「他に類例のない施設として九州各県から生徒が集り盛況を呈した」とあった。さらに、戦時下の章では、1945年6月19日の福岡大空襲では鶴城高女も焼けたと書かれていた。

 1902年創立は、福岡県内の女子中等教育の先駆け的存在である県立福岡高女より4年遅いだけで、歴史ある学校だったことがわかる。ただ、鶴城高女に関する記載は福岡大空襲が最後。盛況を呈していたはずの同校が戦後どうなったかについての情報は、『百年史』通史編だけでなく、第7巻の統計・年表編を相当注意深くめくっても見つけることは出来なかった。学制改革により1948年に新制高校として再出発した学校の中にも名前はなく、同校の痕跡は忽然として消えてしまった。あるいは大空襲の被災から立ち上がることが出来ず、戦後を迎えられなかったのだろうか。

 何となくスッキリしなかったため、他に資料はないかと手に取った『福岡県教員養成史研究』(平田宗史、海鳥社、1994)という全2巻の相当ボリュームある書籍の戦前編に「鶴城教員養成所の設置」と題して、短いながらも一項目が割かれ、その最後にこう書かれていた。
 「昭和二十一年六月一日現在の『福岡県下学事関係職員録』をみると、鶴城教員養成所の母体である鶴城高等女学校の名前もないし、そして、鶴城教員養成所の名称も記載していない。それから推察すると、鶴城教員養成所は、戦後、いち早く廃校となったものと思われる」
 著者の平田宗史氏は福岡教育大教授だった方で、そんな研究者でも鶴城高女の歴史は正確にはたどれなかったことになる。これ以上の追跡はここで諦めた。

 ところで、福岡市総合図書館郷土資料室の学校関係図書の中に、非常に奇妙なものが一冊混じっていた。某県立高校の卒業アルバム。私と同じ学年ではないが、極めて近い世代で、学生時代の友人・知人の顔が複数あったので少しびっくりしてしまった。卒業アルバムなのだから、氏名や顔写真のほか、卒業当時のものとは言え住所さえ収録されている。こんな個人情報満載の代物が図書館の書棚に平然と置いてあるとは不可解だ。

 <注>『筑前博多』(福岡協和会編、1938)。国立国会図書館のデジタルコレクションに収録されている。
[Edit]

川南造船所廃虚の行旅死亡人

DSCF4415a.jpg

 11月18日の官報に、記憶のある行旅死亡人の公告が掲載されていた。

 本籍・住所・氏名不詳、推定年齢40~60歳代の男性で推定身長150cm前後、歯牙に歯科的治療痕、着衣等は、薄緑色作業服上下、白色靴下、黒色運動靴(25.5cm)、腕時計、鍵、爪切り、白色ロープ、硬貨4,560円
 上記の者は、平成21年3月13日午後3時頃伊万里市山代町立岩無番地の元川南造船所跡地で白骨化した人骨として発見されました。死亡は死後2年~10年経過していると推定。死因は縊死。遺体は火葬に付し、遺骨は市内に納骨してあります。お心当たりの方は、本市福祉課まで申し出てください。

 あの川南造船所跡の廃虚で2009年3月に見つかっていた白骨遺体が、7年以上もたった今頃になって行旅死亡人として掲載されたというわけで、ずいぶんとのんびりした話だ。『行旅病人及行旅死亡人取扱法』では第9条で、行旅死亡人が身元不明の場合、発見時の状況や相貌、遺留品などを官報等で告示するよう市町村に義務づけているが、期限は区切っていないので、7年後の掲載と言っても別に問題はないのかもしれないが。

 記憶があったというのは、このブログで初めて川南造船所について取り上げた際(2010年2月投稿の「川南造船所跡」)、白骨遺体発見についても少し触れていたためだ。この時に調べたところでは、名古屋から訪れていた廃虚マニアの男性が遺体を見つけ、通報したと報道されていた。川南造船所跡については私などが興味を抱くはるか前から、多くの人々が注目し写真や動画をインターネット上に公開していた。そんな状況の中で、少なくとも2年以上も遺体が見つからなかったのは不思議だが、遺体が生い茂った木々で覆われていたためのようだ。私も2011年11月、地元の人の案内で内部に入ったことがあるが、確かに廃虚を覆う木々やツタ、草はすさまじい状態だった。上の写真はこの時に撮影した。

 造船所跡の廃虚を初めて目にしたのは2005年5月、長崎県平戸市に行った際だった。この時は通り過ぎただけだったが、異様な姿は印象に残り、転勤先から福岡に戻った後に何度か通うきっかけになった。建物の全体像は最後まで良くわからないままだったが。下の写真は1977年に撮影された造船所跡一帯の航空写真で、国土地理院の「地図・空中写真閲覧サービス」からお借りした。中央付近に写るのが造船所跡。55年の工場閉鎖から、この時すでに20年以上がたっているが、まだ緑には覆われておらず、この写真では形状をはっきり確認できる(横4094ピクセルまで拡大可能)。

 造船所跡前を走る道路は佐賀県唐津市と長崎県佐世保市とを結ぶ国道204号線で、ちょうどこの航空写真が撮影された1970年代後半頃には予備校の遠足で通ったことがあるはずだが、造船所跡については何の記憶にも残っていない。浮かれていたためだろうか。県外に遠足に行くなど、つくづく変な予備校に通っていたものだと今さらながら思う。最後になったが、亡くなられた男性のご冥福をお祈りする。


19771020国土地理院
[Edit]

比恵遺跡144回目の調査

DSCF1467.jpg

IMG_6017.jpg

IMG_6019.jpg

 福岡市博多区博多駅南4の駐車場建設予定地で、奴国の集落跡と思われ約1,800年前の竪穴式住居跡40基が見つかり、12日「歩いてみよう古代のムラを」と題した現地説明会があった。この一帯からは奴国時代の遺構のほか、ヤマト王権の外交・軍事拠点だった那津官家跡とみられる倉庫群など数々の遺跡が見つかり、総称して比恵遺跡群と呼ばれている。今回の集落跡の調査名が「比恵遺跡144次調査」であることが遺構の集中ぶりを物語っている。

 住居跡は中心部に炉、その両サイドに寝床を配した構造で、発掘調査担当者によると「弥生後期としてはオーソドックスなもの」。集落の性格は、農村ではなく交易拠点を担った人々のムラだったと思われるという。比較的近い時代の交易拠点のムラとしては、福岡市内では県立修猷館高校(福岡市早良区西新)の下に眠る西新町遺跡があるが、住居にカマド(オンドル)が備え付けられ、数々の半島系土器が出土した西新町とは違い、今回調査した集落跡には半島系の色彩は見られないと担当者は話していた。

 出土遺物は、煮炊き用の甕、肥後系ジョッキ形土器、鹿角製柄付き鉄製ナイフなどが紹介されていた。このうち肥後系ジョッキ形土器とは、取っ手が付いたジョッキそっくりの土器で、熊本で多く出土しているため肥後系という名前が付いているという。ただし、今回出土したものは取っ手が欠損していたため、ジョッキというよりはタンブラーという見た目だったが、どちらにしても酒を飲むにはピッタリという感じだった。『魏志倭人伝』には「歌舞飲酒」という記述があり、弥生人も酒を飲んでいたようだ。
[Edit]

呪われた七隈線

DSCF1479.jpg

DSCF1483.jpg

 福岡市のJR博多駅前で起きた大陥没事故は、市の醜態をまたも全国にさらしてしまったが、幸いなことに昼夜兼行の埋め戻し作業により14日にも復旧の予定だ。陥没原因は市営地下鉄七隈線の延伸工事だが、この路線はただでさえ毎年巨額の赤字を垂れ流している。延伸工事は利便性アップにより採算を上げようという目論見なのだが、その工事でこんな情けない事態を引き起こすのだから、呪われたような路線だ。復旧費用や損害賠償の総額も恐らく巨額に上ることだろう。

 七隈線は「福岡市西南部の渋滞解消」を目的に2005年2月に開業した。福岡市営地下鉄3番目の路線で、車両基地のある西区橋本と天神南12㌔を結んでいる。開業前、市は一日の利用客を11万人と見込んでいたが、ふたを開けてみれば、わずか4万人あまり。開業初年度の赤字は67億円にも上り、一日の利用客が7万人あまりに増えた今でも毎年30億円以上の赤字を出し続けている。累積赤字は500億円を超えるらしい。

 この路線の大不振の理由は一般的に、地下鉄の主力路線・空港線との乗り継ぎが不便なためだと言われている。両路線とも市の中心・天神に乗り入れてはいるが、空港線天神と七隈線天神南との間は地下街を通って700㍍もあり、確かにその通りなのだろう。

 ただ、私はもう一つ大きな理由があると思う。延長12㌔の路線なのに、駅数は実に16で、駅間距離はたった800㍍。発車したと思ったら、すぐ次の駅に止まるという繰り返しで、鉄道としてあるべきスピード感がまったくなく、非常にストレスを感じる乗り心地なのだ。まして七隈線の建設工事のため沿線道路の多くは拡幅整備され、「福岡市西南部の渋滞解消」という目的は、皮肉にもこの道路整備によってある程度達成されている。路面電車や路線バス並みに止まってばかりの地下鉄を嫌い、マイカー利用を続ける市民も恐らく多いことだろう。

 問題の延伸工事は、キャナルシティ博多という大型商業施設を経由してJR博多駅に直結させるのが目的で、距離にして1.4㌔。2020年度の開業が予定されていた。事業費は450億円にも上るが、福岡市はこの延伸によって利用客が2万人程度増え、延伸開業から6年後には黒字転換、12年後には累積赤字も一掃できると見込んでいた。しかし、これだけの事故を引き起こしたのだから、開業スケジュールに影響が出るのは必至。収支計画の見直しも避けられないことだろう。

 蛇足だが、東京のキー局などは陥没事故が起きた市道・はかた駅前通りを「福岡のメインストリート」などとセンセーショナルに報道していたが、そう思っている市民はほとんどいないと思う。市内を我が物顔で走り回る西鉄バスの路線が、あの通りにはほとんどない。メインストリートではない何よりの証拠だ。


IMG_6030.jpg

[Edit]

わらゴジラ

IMG_5992.jpg

DSCF1453.jpg

DSCF1459.jpg

 福岡県筑前町の安の里公園にわらで作られたゴジラがお目見えし、人気を集めている。高さ7㍍、全長は10㍍。今月5、6日に開かれた収穫祭「ど~んとかがし祭」の呼び物として地元の若者グループが制作したもので、12月上旬まで展示される。見上げると結構な迫力で、あえて逆光で撮った後姿が良い感じだった。

 12日までは夜間ライトアップ中で、本来はLED電球が埋め込まれた目が光る仕組みなのだが、6日夕に神宮外苑のアートイベントで起きた火災を受け、LED点灯は自粛したという。


[Edit]

ホークスタウン跡地に高層マンション

IMG_5959.jpg

IMG_5978.jpg

 三菱地所がこのほど、再開発を進めるホークスタウン跡地(福岡市中央区地行浜2)に大規模ショッピングモールに加え、2棟の分譲タワーマンションを建設することを明らかにした。跡地へのマンション建設に対しては以前、高島宗一郎・福岡市長が記者会見の場で「交通対策をどう考えているのか」とかみついたことを紹介した(「ホークスタウン再開発」)。跡地がある埋め立て地は、ヤフオクドームという巨大集客施設がある割には交通基盤が貧弱で、そのためホークス戦開催時などには周辺道路は大渋滞するのが日常だ。高島市長でなくとも、こんな場所に大規模タワーマンションを建てるなど個人的にも「あり得ない」と思ってきたが、三菱地所には成算があるのだろう。

 三菱地所が公式サイトに掲載しているニュースリリースによると、ショッピングモールは2018年下期に開業、続いてマンション1期棟が19年下期、2期棟が20年下期に竣功予定だ。2棟とも28階建てで、総戸数は578戸。地行浜2丁目はヤフオクドームのほか、特別支援学校や市の研究機関などがあるだけで、現在は人口ゼロの町だが、少なくとも1,000人以上は移り住んでくることになるだろう。

 高島市長がマンション構想にかみついたのは、交通対策の問題とともに、「ヤフオクドーム周辺は福岡市民にとってのエンターテイメントゾーン。うるさいからと言って(マンション住民から)規制を求められても困る」という点だった。三菱地所側も市長の懸念には一応は配慮したらしく、ニュースリリースには以下の文面がある。

 本計画につきましては、分譲マンションの完成に先立ち商業施設を開業させ、お住まいになる方々が周辺状況を確認した上で、快適に暮らしていただけるよう努めてまいります。

 なお、今回の計画を進めるにあたりましては、エリアの交通環境改善に向け、福岡市をはじめ関係各所と協議の上、自動車動線と分離して安全な歩行者動線を確保するとともに、バス乗り場等の整備による公共交通機関の利便性向上及び商業施設駐車場における料金設定の工夫や周辺道路の交差点改良による渋滞緩和など万全の対策を講じていまいります。

 前段は「規制を求められても困る」に答えた文言で、後段は交通対策について説明している。交通対策は、<駐車場料金を高めに設定することでバスなどの公共交通機関の利用を促す>とも読み取れるが、曖昧な書き方なので真意はわからない。いずれにせよ貧弱な交通基盤をどうにかしない限り、抜本的対策にはならないだろうと思う。

 前段は<あらかじめ周辺環境を理解してもらったうえでマンションを購入してもらうため、移り住んだ後に文句は言わないはず>という意味だと思うが、果たしてどうだろうか。町工場が密集する土地に建てられたマンションを、分譲価格が安いからと納得ずくで購入しながら、後になって「工場がうるさい、臭い」と声高に訴える住民が続出し、町工場を閉鎖に追い込んだ例が全国的にはある。この状況に危機感を抱いた東大阪市は“町工場を守る”条例を制定した程だ。

 2棟のタワーマンション建設予定地は、ホークス戦の度に3万人以上が詰めかけるヤフオクドームのすぐ横だ。住民たちが「試合の応援がうるさい」「交通渋滞がひどい」とクレームをつけだし、やがては「ヤフオクドームを移転させろ」と言い出さないか心配だ。だからといってヤフオクドームを守る条例を制定するわけにもいかないだろうが。写真は1枚目がホークスタウン跡地で、敷地の右奥がタワーマンション建設予定地になる。2枚目が跡地一帯のメインストリート「よかトピア通り」。
[Edit]

五ヶ山ダム秋風ウォーキング

IMG_5911.jpg

DSCF1416.jpg

 福岡・佐賀県境の山中に建設中の五ヶ山ダムに2週連続で行ってきた。11月3日、「五ヶ山ダム秋風ウォーキング」というイベントがあり、ダム堤体の上(天端)や開通前の周回道路を自由に散策できるというので、貴重な機会だと思い参加してきたのだ。ダムの高さは102.5㍍、堤の長さは556㍍。102㍍の高さから景色を眺めるなど、重度の高所恐怖症の人間には刺激が強すぎるのではないかと心配していたが、これが意外なことに全く怖くなく、やがて水底に沈んでいく風景を目に焼き付けてきた。

 五ヶ山ダムは福岡都市圏の異常渇水や洪水などに備えた多目的ダムで、20102年6月から本体工事が進められてきた。有効貯水容量は県内最大の3,970万立方㍍。完成は来年度の予定で、先月下旬からは試験湛水が始まっている。満水になるのは来年度末頃の見込みで、まだ、底にわずかな水が貯まっている程度だが、道路の一部はすでに水没しているようだった。

 この日はダム湖底をバスで巡る催しもあったが、希望者が多すぎて参加できなかった。仕方がないので、ダムの周回コース(約3㌔)を散策することにし、途中、佐賀県の天然記念物「小川内の杉」を見てきた。樹齢700年以上と推定されている高さ39㍍の巨木。水没予定地にあったが、地元が保存を望んだことから、福岡県が今年、約3ヵ月の期間と7億8,000万円余りの費用を掛けて高台に移植した。葉は青々としており、素人目には無事根付いているように見えたが、専門家はどのように判断しているのだろうか。

IMG_5895.jpg

 ダムの天端。巨大ダムだけあって、下流にある南畑ダム(有効貯水容量512万立方㍍)などよりは随分広い。堤の長さは556㍍。

DSCF1379.jpg

 天端から見たダム湖側。ここにはかつて佐賀県吉野ヶ里町の小川内集落があり、25世帯40人あまりが集団移転を強いられた。約130㌶が水没する。

DSCF1385.jpg

 下流の南畑側。奥に見える湖面が南畑ダム。
 
IMG_5952.jpg

 移植された「小川内の杉」。根ごと金属製の保護枠に入れ、急斜面を少しずつウインチで引き上げられた。

DSCF1429.jpg

 水没予定地をまたぐ佐賀大橋。橋脚の青いラインまで水が貯まる(枠内は拡大)。


[Edit]

市役所の広告エレベーター

IMG_5822.jpg

IMG_5823.jpg

 先日、福岡市役所の本庁舎に行き、ギョッとした。エレベーターの扉すべてが銀行や明太子屋などの大広告で覆われていたのだ。何となく噂は聞いていたが、区役所には行っても本庁舎に行くことなどは滅多にないので、初めて実物を目にした。いくばくかの広告収入を得ているのだろうが、正直なところ、“アジアのリーダー都市”を僭称している割には少しみっともない気がした。

 エレベーターの広告は2008年から始まったらしい。このほかにも一部区役所の市民課窓口カウンターや市政だより、市の公式サイトなどにもバンバン広告を呼び込み、年間1億4,933万円(2014年度決算額)の収入を得ているとか。貧乏サラリーマンには目がくらむような巨額だが、7,800億円を超える市の歳入に占める割合は微々たるものでもある。広告収入があるからと言って、我々の住民税が下がるわけでもない。

  あまり見目麗しいとも思えない広告エレベーターに対し、これまで議会サイドからは何の指摘もなかったのだろうかと思い、市議会の会議録をあたってみた。意外なことに批判的な意見は見当たらず、「結婚できない人をゼロにという結婚紹介所の広告が掲載されているが、結婚したくない人もいるのだから不適当ではないか」という、どうでも良いような質問があった程度だった。むしろ、「もっと広告を取れ」と市側を叱咤激励する意見が圧倒的だった。

 行財政改革によって支出を削るだけでは足りず、役所も金を稼ぐべき時代なのかもしれないが、市政だよりや公式サイトはまだしも、市役所のエレベーターにまで広告というのは違和感をぬぐえない。削減できる無駄金はまだまだあるのではないだろうか。例えば、どうでも良いような質問をしている市議の皆さんには議員報酬と政活費とで毎年1,800万円を超える金が支払われている。この方々を10人も減らせば、広告収入程度の金など簡単にひねり出せると思うが。

 エレベーター利用者の大半は福岡市職員や出入りの業者だろうが、一般にも開放されている15階の食堂に行くために使用する市民も少なくないことだろう。エレベーターホールを埋め尽くすかのような広告を見て、市民はどう思うのだろうか。「市は創意工夫してお金を稼いでいる」と感心する市民が多いのならば、何も言うことはないが。
[Edit]