康永三年銘梵字板碑、または濡衣塚

IMG_5046.jpg

IMG_5056.jpg

 福岡市博多区の石堂川河畔に、「康永三年銘梵字板碑」という県指定文化財がある。一般的には「濡衣塚」の名で呼ばれており、濡れ衣という言葉の発祥地などと紹介されることもある。しかし、濡れ衣の由来とされる説話が聖武天皇の時代(在位は724~749年)のものとして伝わっているのに対し、板碑が建てられたのは、銘に従えば、南北朝時代の1344年(康永は北朝の元号)。板碑は建立後、時代を約600年も遡って奈良時代の話と結び付いたことになる。

 濡衣塚の説話は、貝原益軒が1709年(宝永6)に完成させた福岡藩の地誌『筑前国続風土記』にも紹介されている。聖武天皇の時代、佐野近世なる者が筑前守として赴任してきたが、妻が病死し、後妻を迎えた。この後妻が、前妻が残した美しい娘をねたみ、漁師を買収して「娘さんが釣り衣を盗んでいって困る」と佐野に告げ口させた。佐野が娘の部屋に行くと、娘が濡れた釣り衣をかぶって寝ていた。後妻が掛けたものだが、まんまとだまされた佐野は激怒し、即座に娘を殺した。翌年、死んだ娘が佐野の夢枕に立ち、「濡衣の袖よりつたふ涙こそ無き名を流すためしなりけれ」などの歌を詠んだ。佐野はここで初めて、後妻の陰謀だったことに気付き、後妻を離縁した後、自分は出家遁世したーーというのがあらすじだ。

 博多区千代3にある松源寺の住職だった佐々木慈寛が著した『濡衣塚の伝説と古跡』(1973)によると、この説話が初めて文献に登場するのは1641年(寛永18)の『雑和集』で、益軒はそれを引用したらしい。江戸時代に文献初出ではあまりに新しすぎ、この説話が濡れ衣の語源になったというより、濡れ衣の言葉が出来た後に創作された話ではないかと疑わしくなる。もちろん、成立自体はもっと古かった可能性はあり、佐々木慈寛の見立ては、平安時代に『落窪物語』など継子いじめの物語が生まれた中で、この一つが筑前に伝わったというものだ。ただ、後述するが、その慈寛にしてもこの説話が濡れ衣の語源という説には懐疑的だ。

 一方、梵字板碑は主に南北朝期に盛んに建てられた供養塔の一種。表面にはサンスクリット語の文字(梵字)が刻まれており、この一字一字が仏を表している。問題の板碑は高さ165㌢、幅145㌢の玄武岩製で、刻まれているのは大日如来、宝幢(ほうとう)如来、天鼓雷音(てんくらいおん)如来を意味する3文字。福岡市教委発行の『福岡市の板碑』(2002)によると、これを含め市内では375基の板碑が確認されているという。この板碑がなぜ、濡れ衣説話と結び付いたのかについては、残念ながら、疑問を解消してくれる資料が見つからなかった。

  『濡衣塚の伝説と古跡』によると、明治30年(1897)には濡衣塚堂、大師堂、通夜堂が建てられ、戦前までは毎年8月16日には夏祭りが盛大に営まれていた。戦時中の昭和20年(1945)6月4日、強制疎開によって建造物は撤去されたが、毎年の祭典は松源寺によって続けられていたという。佐々木慈寛が住職を務めていた松源寺は山号を「濡衣山」といい、寺の発祥について「もとは濡衣塚の堂守をしていたものらしく」と慈寛は記している。

 佐々木慈寛については、彼の著書『博多年中行事』(1935)をこのブログで何度か取り上げたが、まさか濡衣塚を守ってきた当の本人とは知らなかった。その慈寛が濡れ衣の語源として「妥当」と評価したのは、大正時代に刊行された辞典『海録』に書かれていた解釈で、「人ノ科ヲ負フハ、蓑ナクシテ雨ニ衣ノ濡ルルヲ、実ノナキニカケテ、無実ナル意ノ謎語ナリト云」というもの。「実の無し―蓑なし―濡れる―濡衣」という言葉遊びから濡れ衣という言葉は生まれたというわけだ。その根拠について、慈寛は「由来日本人は言語の遊戯が好きな国民で」としか記していないが、ひょっとしたら、福岡に伝わる濡れ衣説話の成立は意外に新しいという感触でも持っていたのだろうか。何にせよ、濡衣塚の当事者が、その語源説に否定的なのは面白い。

 それにしても、継子いじめの物語に出てくる父親はおおむね無能な人間だが、佐野近世の愚かさは特筆ものだ。こんな輩が本当に筑前守だったら、領民はたまったものではなかっただろう。
スポンサーサイト
[Edit]

今さら宮崎の「貞蔵道路」について

 宮崎市に「貞蔵道路」と呼ばれていた道がある。正式名称は市道大島通線。JR宮崎駅東側の宮脇町から市北部の島之内までの8㌔あまりを結んでいる。貞蔵とは、1982年から94年まで宮崎市長を務めた長友貞蔵氏のことで、大島通線は長友氏在任中の1988年12月に開通した。終点近くにあったのが長友氏の自宅。「自分の通勤専用道路を造った」と一部市民に反感を持たれたのが貞蔵道路の名の由来で、愛称と言うよりは、長友氏への非難、批判が混ざった俗称だった。開通当時、この街の納税者だった私も苦々しく思っていた一人だが、先日、ほぼ30年ぶりにこの道を通り、少し考えを改めてきた。

 30年前の開通当初、宮崎駅東側の市街地を過ぎると、沿線は田畑ばかり。私も何度か原付バイクで通ったが、利用する車は少なく、その分、たまに通る車は結構なスピードで爆走しており、怖い思いもした。渋滞の激しい国道10号線のバイパス的存在として計画された路線ではあったが、当時はJR日豊線が高架化されていなかったため接続が悪く、狙い通りの効果を上げているとは言い難かった。開通からしばらくたっても、沿線に進出してきた施設はスイミングスクールぐらいだった記憶がある。

 ところが、30年後の現在、沿線には飲食店をはじめとする郊外型店舗が立ち並び、昔ながらの田園風景を残している箇所はわずかになった。また、国道10号線のバイパス機能も十二分に果たしているらしく、かえって通行車両が増えすぎ、この道が渋滞することも日常茶飯事だという。30年もたてば、ずいぶん事情は変わるものだと思い、道の成り立ちについて改めて調べてみたところ、少し勘違いをしていたことに気付いた。長友氏の市長時代に計画され、整備された市道とばかり思っていたが、建設計画が立てられたのは1970年度、長友氏が市長に就任する10年以上も前のことだったのだ。

 貞蔵道路こと、大島通線は19年がかりで完成したことになる。ただし、工事が延々と19年も続いていたわけではなく、駅東側の一部区間が完成した後、残る区間の整備は遅々として進まず、再び動かしたのが長友氏だったようだ。従って、彼の強い意志によって完成した道路であることは間違いない。総事業費は31億円だったという。

 長友氏は94年、3期目の任期満了を前にして病に倒れ辞職、間もなく死去した。宮崎を離れていた私は知るよしもなかったが、大島通線はこの頃にはすでに国道10号線のバイパス機能を果たしており、この道の完成は長友氏の大きな功績の一つに数えられていたという。ただし、長友氏の死後になってもなお、市議会の会議録には「亡くなられた長友貞蔵さんには申しわけありませんが、貞蔵道路いうてどこやろうかいと、私すぐわかります。ところが、大島通線いうと、どこじゃろうな」といった発言が記録されている。長友氏と反目していた旧社会党市議の発言ではあるが、「市長が巨費をかけて自分のために造った道路」という疑いもまた、根強く残っていたのだろう。

 貞蔵道路という名に対し、現在の宮崎市民はどのような認識を持っているのだろうか。試しに親族の若者たちに尋ねてみたところ、残念ながら、誰一人として貞蔵道路の名も長友氏も知らなかった。大島通線開通から30年、長友氏の死去からもすでに24年。若者たちにとっては大昔の話で、そんな時代に出来た道路の異名に今なおこだわる自分が滑稽に思えた。
[Edit]

壮観だった「糸島のひなまつり」

IMG_8182.jpg

IMG_8177.jpg

IMG_8184.jpg

 糸島市の農産物直売所で買い物をした帰り、直売所近くにある志摩歴史資料館に数年ぶりに立ち寄ってきた。開催中だった企画展は「糸島のひなまつり2018」。多数のひな人形を展示するだけの催しだ。生まれ育った家庭も、現在の家庭も、ひな祭りとは全く無縁の家族構成だったため、世の中に数ある「祭り」の中で最も関心がない。正直、家族と合わせ2人分の入館料420円を支払ってしまったことを後悔したが、それこそ後の祭りなので、2階の常設展示室に行く前に、1階の企画展示室も一応のぞいてみた。意外に壮観だった。

 「糸島のひなまつり」は今年で17回目を迎える同館の恒例企画で、毎年多数の来館者を集める人気の催しとか。今年展示されている人形は、市民から借り受けた計516体。豪華な段飾り、御殿飾りが多数並び、企画展示室だけではスペースが足りず、一部はロビーにも飾られていた。これほど多数のひな人形を見るのは初めてだったが、間近で見るのも多分初めてだった。もちろん、日本人の中高年なのだから、店先や展示会場などで見たことぐらいはあるが、おおむねガラスケース越しだった。考えてみれば、ひな飾りがある家さえも身近には存在しなかった。

 展示されている人形の多くは昭和の作品で、恐らくは娘さんがある程度の年齢になり、現在では家庭では飾られる機会がなくなったものなのだろう。どの人形も顔も衣装も非常にきれいな状態で、大事にされてきたことが想像できた。

 初めて知ったことも色々とあった。お内裏様、おひな様の並びが揃いによっては左右バラバラだったので、「どちらでも良いのかな」と家族と話し合っていたのだが、ちゃんと説明書きがあった。京都をはじめとする関西地方では向かって左がおひな様、右がお内裏様という並びだが、西洋の影響を受けた東京では逆(西洋では右側が上位という考えで、女性を右に置いた)。高度成長期、ひな飾りの地方色が薄れていく中で、東京風が全国に広まり、現在ではこれが主流らしい。また、三人官女のうち、眉がないのは既婚者で、おおむね真ん中がそうだが、展示作の中には左側というケースもあった。意味が分からないが、作者の好みなのだろうか。

 「糸島のひなまつり」は3月21日まで。入館料は大人210円。蛇足だが、資料館1階隅の昭和の暮らし紹介コーナーに、以前はなかったホーロー看板が多数展示されており、目を引いた。蚊取り線香の「アース渦巻」、大塚の「ボンカレー」等々。市内にホーロー看板を収集してきた人がおり、寄託、または寄贈を受けて常設展示することになったようだ。こんなコレクションも世の中にはあるのだと感心した。
[Edit]

消える久保猪之吉の旧邸跡

IMG_8164.jpg

 福岡市中央区の赤坂門にあった久保猪之吉の旧邸跡が取り壊されている。久保猪之吉とは、1907年(明治40)から35年(昭和10)にかけて九州帝国大学医学部耳鼻咽喉科の教授を務め、文化人としても著名だった人物。当時の久保邸には柳原白蓮らの文化人が集い、福岡の文化サロン的な存在だったという。この当時の住宅が残っていたわけではないが、オフィス街のど真ん中にありながら、敷地内には木々が鬱蒼と茂り、私にとっては長く“謎の存在”だった。口コミ情報だが、企業が敷地を買い取ったらしい。

 旧邸跡については、2015年1月に書いた
「福岡城下町の発掘調査」の中で取り上げたことがある。この時は個人宅だったので、住所や写真の掲載は控えたが、赤坂門にある赤レンガ塀の屋敷とは書いていたので、ピンと来る人は多かっただろうと思う。

 久保猪之吉についてはインターネット上にも数多くの情報があふれているので、詳しくは記さないが、ドイツ留学で世界最先端の医学を学んできた人物で、その名は内外にとどろき、彼の診療を受けたいと海外からも患者が訪れる程だったという。『土』の長塚節、『出家とその弟子』の倉田百三、闘病中だった作家が相次ぎ福岡に来たのも、久保を頼ってのこと。長塚は九大病院で死去している。九州大医学部には、久保の功績をたたえた久保記念館や久保通りなどがある程だ。

 ただ、久保邸サロンの主宰者は彼ではなく、より江夫人の方だったようだ。松山の生まれで、その生家に夏目漱石が下宿していた縁で、漱石はもちろん、漱石の下宿に転がり込んでいた正岡子規とも親交があり、長塚節は漱石の紹介状を持って久保を訪ねてきたという。福岡時代の夫人は高浜虚子に師事して歌人として活躍する一方、柳原白蓮とともに“福岡社交界の華”とうたわれた。1924年(大正13)7月1日の読売新聞には「久保博士夫人が久しぶりの上京」という見出しで写真付きの記事が掲載されており、上京が東京の新聞でニュースになる程の存在だったことがわかる。

 2015年記事と重複するが、久保邸のその後の来歴について記しておくと、久保が九州帝国大を定年退官し、東京に移住する際、久保の医局の後輩で、やはり文化人でもあった曽田共助(公孫樹)が屋敷を買い取り、戦後は一時、旅館となっていた。現在、自動車ディーラーがある辺りに、当時の福岡では有名だったキャバレーがあり、ここでのアトラクションに出演していたタレントの定宿として繁盛していたという。上にも書いたが、最近までは個人宅だった。“オフィス街の森”は今後どうなるのだろうか。

 【2月26日追記】木々は伐採され、ものの見事に更地になってしまいました。
[Edit]

曳家で近代建築を移設

IMG_8113.jpg

IMG_8126.jpg

IMG_0502.jpg

 宮崎市の中心部で今月10日まで、推定で総重量3,000㌧もの近代建築を曳家で移設する工事が行われていた。予定より約1か月半遅れたものの、無事70㍍の移動が終わり、今後、基礎工事が進められるという。たまたま宮崎に行く用事があったため、10日、現場を見てきた。あいにく移動は終わった後だったが、ジャッキで浮いた状態の近代建築という滅多に見られないものを目にすることができた。

 この建物は宮崎県庁舎5号館(宮崎市橘通東1)。鉄筋コンクリート造り2階建て、830平方㍍で、外観は赤レンガで装飾されている。1926年(昭和元年)、宮崎農工銀行の社屋として建設され、農工銀が勧銀に吸収された後は(第一)勧銀宮崎支店として使用されていた。宮崎県庁本館(下写真)も1932年(昭和7)完成の堂々たる近代建築だが、これよりもさらに歴史ある建物だ。地元紙の記事には、1986年に県が取得し、2015年までは県文書センターとして利用されていたと書かれていたが、当初は県史編さん室が入居していたような記憶がぼんやりとある。例によって記憶違いかもしれないが…。

 曳家によって移動されることになったのは、道路沿いにある5号館の敷地に、大規模災害等に備えた防災拠点庁舎が建設されることになったためで、5号館は最初、いったん解体された後、奥まった場所に外観復元する計画だった。しかし、宮崎市内では数少ない近代建築とあり、3億7000万円余りを投じて建物丸ごと移動させることに方針転換したという。このあたりはネオ・ゴシック様式の県庁本館を大事に使い続ける宮崎県らしい判断だと思うが、県庁が古いから防災拠点庁舎が新たに必要になるわけでもある。レトロ建築の役所など非常に格好いいと思うが、危機管理の面からは別の評価もあるだろう。

 曳家は、建物を基礎から切り離した後、ジャッキで持ち上げ、鉄製の丸太の上に乗せて動かす、いわゆるコロの仕組みで行われた。昨年11月に作業がスタートし、昨年中には終わる予定だったが、途中で建物の向きを変える作業に慎重を期し、2月までずれ込んだ。先の地元紙記事によると、最初に北西に40㍍、建物の向きを反時計回りに100度回転させた後、さらに北に30㍍動かし、正面玄関は北向きから東向きに変わったという。5号館の使用が再び始まるのは2019年度末からの予定で、今度は展示スペースや会議室として使用される。展示スペースならば、一般人も入れるわけで、機会があれば、内部も見学してみたいと思う。

 蛇足だが、この5号館の並びに持ち帰り弁当店があり、宮崎に住んでいた頃によく利用していた。非常にボリュームのある弁当で、20歳代だったあの頃はそれがうれしかったが、さすがに今はしんどいかもしれない。弁当店は現在も健在。親族と5号館の話題で酒を飲んでいたところ、最後は弁当店の思い出話で盛り上がった。


IMG_8131.jpg
[Edit]

昔、大濠公園の水がぜんぶ抜かれた

IMG_8099.jpg

IMG_8096.jpg

IMG_8101.jpg

 テレビ東京系で不定期に放送されている『池の水をぜんぶ抜く』という番組を先日見ていて、福岡市中央区の大濠公園でも以前、池の水が全て抜かれたことがあったと思い出した。ただし、非常に漠然とした記憶で、いつ頃の話だったかも覚えていなかったので、経緯などを調べてみた。30年前の1988年、大掛かりな水質浄化工事が福岡県によって行われ、その一環として水抜きされたとわかった。広さ21㌶、水量35万㌧もの巨大池が一時、完全に干上がった状態になっていたのだ。ちょうど県外で勤務していた私は、その姿を直には見ておらず、『池の水をぜんぶ抜く』の意外な面白さを思うと、少し惜しいことをしたと思う。

 大濠公園は1929年(昭和4)完成の県営公園で、広さは40㌶。池が半分強を占めていることになる。池の水質は今でこそ、都市部の公園にしては比較的きれいな状態だが、流入河川がないため1970~80年代頃は富栄養化が進み、悪臭が漂い、魚の死骸が浮いているような池だった。「だった」と断定調で書いたものの、実はこれについてもあまり記憶がない。長年福岡に住んでいながら、つくづく何も見ていない、何も覚えていないものだと我ながら情けなくなるが、たとえ池の水が汚かろうとも大濠公園は今も昔も立派なデートスポットで、そしてジョギングのメッカだ。どちらにしても私には無縁の場所だった。

 それはともかく、当時の大濠公園の池の底にはヘドロがたまり、水質が悪化の一途だったのは紛れもない事実で、池の浄化は、奥田八二・革新県政(1983~95)の課題の一つともなっていた。一番の難問だったのが膨大な量のヘドロ除去で、「いっそのこと池ごと消してしまえ」と池の全面埋め立てさえ検討されていたという。

 さすがに池埋め立ては奥田知事が却下し、最終的にまとまったのが、池の水を黒門川経由で博多湾に排出した後、ヘドロを乾燥させた上で薬品で固め、池の底に埋めるというプラン。1988年6月から、本格的な排水がスタートし、ヘドロ処理の後、翌年2月に再び水を戻す作業が始まった。公園の池は半年以上も干上がった状態だったことになる。91年には浄化施設も完成した。公園の北西部、黒門川の横にあるのがその浄化施設で、近くの水路にゴーゴーと流れ落ちているのが処理済みの水だ。1日1万5000㌧の浄化能力があるというが、現在は施設の更新工事中で、フル稼働はしていない模様だ。

 ところで、公園に生息していた魚はどうしたのか。また、流入河川はないはずなのに、再びどうやって水を貯めたのか。当時の新聞記事等を当たってみたところ、魚はフナやライギョなど6万匹あまりを捕獲し、大半は県内河川に放したが、フナなど一部は養魚場に避難させ、工事完了後に戻したという。水については、雨水、地下水に加え、黒門川を通じて一部海水を引き込んだ。大濠公園の前身は、入り江を埋め立てて造られた福岡城の外堀で、もともと池の水は汽水だったことから、工事前と同じ環境に復元したという。

 なお、『池の水をぜんぶ抜く』とは異なり、池の底からお宝などは発見されなかったようだ。代わりにというわけではないが、水抜き前、自衛隊の協力を得て行った金属探査で焼夷弾11発が見つかり、処理されたという。1945年6月19日の福岡大空襲の遺物だろう。
[Edit]

なぜ「当仁」小学校

IMG_8077[2]

IMG_8081[1]

 福岡市中央区唐人町3に当仁(とうにん)小学校という学校がある。小学校名には普通、地名を使いそうなものだが、この当仁とは『論語』にある「當仁不譲於師」(仁に当たりては師といえども譲らず)という言葉に由来するという。しかし、なぜ、わざわざ論語の一節を学校名にする必要があったのだろうか。1982年に発行された当仁小の『創立90周年記念誌』をめくっても、それらしき理由は書かれていなかったが、他資料を当たると、明治初期、漢籍などから選んだ言葉を校名にするケースが少なくなかったとわかった。雅名と呼ばれる。当仁とは恐らく、地名を雅名に置き換えたものだろう。

 当仁小の歴史は結構複雑だ。1873年(明治6)に浪人町に校舎が仮設され、翌年に当仁小と名付けられた。浪人町とは現在の唐人町1、2丁目の境付近にあった小さな町で、現校舎の西側に当たる。だが、現在の当仁小はこの年をもって創立としているわけではなく、当仁、荒戸、西街の3小学校が合併し、新生・当仁小としてスタートを切った1892年(明治25)を創立年としている。今年で創立126年の歴史ある学校だが、浪人町に校舎が仮設された年まで遡れば、その歴史は145年を数えることになる。

 ところで、なぜ地名をストレートに付けなかったのか。浪人小学校では確かに語感が悪いが、唐人小学校ならば、別に問題はない気がする。中国人子弟の学校と勘違いする人もいないだろう。だが、命名について書かれた記録を探し当てることができなかったため、経緯はつかめなかった。校舎仮設と命名との間にタイムラグがあったことを考えると、議論はあったのだろう。なお、福岡市の小学校で、地名を別の字に換えて校名とした例は他にもある。2014年に140年の歴史を閉じた大名小は1873年、「大明」小として開校している。また、博多小の系譜に連なる上呉服小は開校当初、「五福」小を名乗っていた。これらも雅名の類いなのだろう。

 『福岡県教育百年史』第五巻(1980)には「明治七、八年ごろから、校名に漢籍などから選んだことばを引用して名付ける学校が増えてきた」とあった。この当時、現在の福岡県は福岡、小倉、三潴の3県に分かれていたが、特に三潴県では大多数の学校が雅名を名乗り、勧善、積善、修道、修身、啓蒙などの学校があったという。一方、福岡、小倉県の場合は「雅名を名付けた小学校はそう多くはなかった」そうで、当仁はその数少ない例外だったことになる。

 三潴県の雅名学校は、3県合併後に地名を使った学校名に切り替わっていったが、当仁は生き残った。恐らく、修身のようなとってつけた雅名ではなく、本来の地名を生かした名前だったからだろう。現在では、小学校名だけではなく、中学校や公民館、消防分団、あるいは飲食店の名称にも当仁が使われており、当仁は事実上、唐人町の異名ともなっている。中学校の場合は当仁(とうじん)中であるなど、地区外の人間には少々紛らわしいが。
[Edit]