「おもしろ21」という愛称があるのでは

IMG_0100.jpg

IMG_0106.jpg

 先日、地元紙の記者コラムに福岡市早良区の西新商店街にある路地が取り上げられていた。この路地は「昔ながらのきび団子屋や理髪店に交じり、こぢんまりとした個性豊かな洋菓子店、雑貨屋、飲食店などの『ミニ出店ラッシュ』が起きている」という。元気な西新商店街の中でも「ひときわ活気が感じられる場所」だとも紹介している。この路地とは、西新5丁目にある「おもしろ21通り」のことだと地元民にはすぐわかるが、コラムの後段にあった一文を読んで目を疑った。「商店街の皆さま、好機と捉えてこの路地、愛称を募ってみてはどうでしょうか」とあったのだ。

 すでに愛称があるのを地元紙の記者が知らなかったのだろうか、調べることもしなかったのだろうかと不思議に思い、こちらも改めて「おもしろ21通り」について調べてみた。すると、福岡商工会議所が作成した西新・高取・藤崎地区の街歩き地図に、この通りが「旧おもしろ21」と記され、「その昔は『おもしろ21』と呼ばれていた通り」と説明されているのを見つけた。ということは、「おもしろ21通り」とは、公式にはすでに消滅した愛称であり、だから記者は新たな愛称募集を呼び掛けたのだろうか。

 しかし、地元では今も「おもしろ21通り」という愛称が現役で使われている。SNSなどを見ても、店の所在地を紹介するのに、西新5丁目ではなく通りの愛称を使っているケースは多い。「おもしろ21通り」という名前の良しあしは別にして、すでに定着した愛称があるのに新たな愛称を募集するのは、いかがなものだろうかとは思う。

 ところで、愛称募集を呼び掛けた問題の一文にある「好機と捉えて」の好機とは、2015年7月限りで閉館した商業施設プラリバが26日、新装オープンすることを指している。建物は西半分だけになり、しかも8階建てから4階建てに減築されたが、地元商店街の核店舗的な存在だった商業施設の復活はやはりうれしい。もっとも36のテナントは以前とはかなり様変わりし、慣れ親しんだ施設が戻ってくるわけではないが、本好き、酒好き、パン好き、ド近眼で眼鏡が必需品の私としては楽しみな店が結構ある。
スポンサーサイト



[Edit]