志免炭鉱の竪坑櫓

DSCF9162.jpg

DSCF9131.jpg

 福岡市のベッドタウン、福岡県志免町は1960年代まで、国鉄志免炭鉱で栄えたまちだ。戦前は、軍艦用の燃料炭を産出した唯一の国営炭鉱でもあり、現在もボタ山や巨大な竪坑櫓などが残されている。この櫓については10年程前、保存か取り壊しかで論争が起きていた。当時の町長らは取り壊しに傾いていたと思う。ところが、いつの間にか流れが変わり、昨年10月には国の重要文化財にまで指定されてしまった。産炭地だった福岡県には、炭鉱関連の遺構が山ほどあったが、「近代化遺産」「産業遺産」といった概念が広がる前に取り壊されたものが多い。国重文にまでなったのは、まれな例だ。

 櫓は高さ約48m。1943年、海軍省によって建設された。町側が取り壊しを検討していたのは、崩落の可能性があって危険だが、かといって補修・維持管理には莫大な費用がかかる、といった理由だったと思う。さらに、敷地を公共施設用地として活用したい意向もあったようだ。

 櫓の保存をめぐる町民シンポジウムをのぞいたことがあるが、炭鉱町だった過去を嫌う参加者からは「櫓を見るのも嫌だ」などの声が出されていた。こういった否定的な意見は、よそから移り住んできた新住民に多いと思っていたが、保存運動に取り組んでいた関係者によると、取り壊し派が多かったのは、むしろ古くからの住民の方。櫓を、負の遺産とみなしていたようだ。新住民側は、日本の戦後復興の一端を支えた炭鉱を、かえって町の誇るべき歴史と考え、櫓の保存を望んでいる人が多いと聞き、意外に思った記憶がある。

 取り壊しから保存へ、潮目を変えたのは、竪坑櫓の予想以上の頑丈さだったと思う。調査の結果、表面は一部崩落しているものの、倒壊の危険性は当面小さく、解体にも多額の費用がかかることが判明したのだ。そこで、町が選んだのは「見守り保存」。わかりにくい言葉だが、要するに維持・補修には金をかけず、そのままにしておくということ。一帯は公園化され、隣接地には福祉施設が建設されたが、櫓の周囲だけはフェンスで囲われ、立ち入り禁止になっている。

 こういった歴史の生き証人が残されたのは非常にうれしいことではあるが、この櫓目当てに町を訪れる人も少なくないようなのに、なんとなく捨て置かれた雰囲気だ。せっかく国の重文にまでなったのだ。いつまでも「見守り保存」など消極策を取っていないで、せめて櫓内部ぐらいまでは見学できるように整備したら良いと思うのだが…。


関連記事
スポンサーサイト
[Edit]