激変した阿久根市の入札

旧聞に属する話2011-狛犬1

 鹿児島県阿久根市に三笠興産という土木会社がある。尖鋭的な政治手法で賛否両論を巻き起こした竹原信一・前市長が以前勤めていた会社で、現社長は24日の市議選でトップ当選を果たした竹原氏の妹だ。この会社、昨年2月に行われた市発注工事入札において、最低制限価格を1円上回る価格で落札したことがある。報道機関は明らかに疑惑の目で報じていたようだが、これは特殊事例なのか、市の公式サイトで調べてみた。異様な状況が浮かび上がってきた。

 色々な情報をネット上で暴露した人物が市長を務めていただけあって、同市の情報公開は相当に進んでいるとみえ、公式サイトには2007年以降の入札結果がきちんと掲載されている(竹原氏の指示によるものかは分からない)。問題の入札は、昨年2月26日に行われた総合運動公園施設整備工事に関するもので、446万476円の最低制限価格に対し、三笠興産は 446万477円で落札している。

 同社のそれ以前の状況を見ると、落札価格とはかけ離れた高い価格で応札しているケースが多く、あまり工事を射止めてはいなかった。入札価格自体もかなり大ざっぱな数字を提示していた。ところが、2009年度の後半あたりから、1円単位の細かい数字で、最低制限価格に近い数字を出すようになったのである。

 同社側が積算ソフトの更新、ないしはソフトを使いこなせる社員の登用などで、確度の高い計算が可能になったためという見方もできるが、同社の入札での変貌以来、阿久根市の入札状況は劇的に様相を変えた。

 具体的に言えば、2010年度以降、最低制限価格が定めてある工事では、その価格を提示した業者が落札するのがほぼ常識になった。しかも数社が最低制限価格で横並びというケースも極めて多く、抽選で落札業者を選ぶことさえ当たり前になっている。例えば、昨年7月2日には計12件の公共工事の入札が行われているが、最低制限価格が設定されていた7件すべてがその価格での落札で、うち6件で抽選が行われている。ある道路改修工事では、参加7社中、実に6社までが263万142円の最低価格を提示していた。

 積算ソフトの精度向上により、入札参加者の大半が最低制限価格を提示するという事態は多くの自治体で起きているようだが、阿久根で2010年度になって急に変化があったのは一体なぜなのだろうか。確実に言えることは、「1円差落札」がこれでまったく特殊な事例ではなくなったということである。公共工事費の削減につながっているのも確かだろう。

 ちなみに、2010年度の入札結果をざっと見た限りでは、三笠興産の落札はその後なく、入札自体にも参加していなかったようだ。「李下に冠を正さず」ということをさすがに意識したのかもしれないが、人口2万4000人程度の地方都市で、公共工事に頼らずに土木会社が食べていけるのか疑問でもある。大きなお世話だろうが…。

 <注記>この話は別ブログに書いていたのだが、本家のこちらにも転載した。何しろ別ブログの方は1日の訪問者が一けたなので…。写真は福岡市の護国神社で撮影した狛犬。

旧聞に属する話2011-狛犬2

旧聞に属する話2011-護国神社
関連記事
スポンサーサイト
[Edit]