大渇水の懸念強まる?

旧聞に属する話2011-室見川

 福岡市水道局が発表している「きょうのダム状況」を見ていただきたい。6日現在、8ダムの平均貯水率はついに60%を割り込み、平年を20ポイントも下回る水準にまで落ち込んだ。中でも最大の水がめ江川ダムの貯水率は39%台。1978年の大渇水の際、「役立たず」「名前が悪い」とののしられたダム(「ドラフトと福岡大渇水」参照)は今回も苦戦気味だ。

 新聞報道等によると、梅雨に平年並みの雨量があれば、渇水は避けられると市水道局は見込んでいるようだ。過去2回の大渇水の時も春先の段階では確か同じようなことが言われていたが、空梅雨だったことでダメを押され、いずれも最終的に300日近い給水制限が続いた。あまり楽観的に構えない方がいいかもしれない。

 例えば、過去の給水制限の際、我が家には水をためておくポリタンクや、水を流しやすい形状のバケツ(風呂の水をくんでトイレを流すのに重宝する)などがあったが、いつの間にかなくなった。節水が何より重要ではあるが、最低限の備えは必要な気がする。

 聞くところによると、福岡市の水道水はダム、市内を流れる河川、筑後川の三つによってまかなわれており、割合はちょうど三分の一ずつだという。前回大渇水時と大きく異なるのは、この三つに加えて福岡地区水道企業団(福岡都市圏のほぼ全域に水道水を供給)が運営する海水淡水化センターが稼働していることだろう。2005年に完成したこの施設では、海水を濾過して1日5万トンの真水を作り出している。1人の水使用量を1日あたり200リットルと仮定すれば、ちょうど25万人分に当たる量だ。

 福岡都市圏の人口は250万人近くに膨れあがっているので、その1割をまかなえるに過ぎないが、天候に全く左右されないセンターの存在は頼もしくもある。ただし、詳しい数字は分からないが、ダムや河川水から水道水を作り出すよりもはるかに経費がかかるらしい。福岡都市圏の水道料金がえらく割高なのは、この施設も一因と聞いた。

 写真は潮干狩り客でにぎわう室見川の河口。
関連記事
スポンサーサイト
[Edit]