警固断層の方が心配では

旧聞に属する話2011-こども病院

 この10年ほど議論が続いている福岡市立こども病院問題は、現行計画通り博多湾の人工島に移転することを高島宗一郎市長が決定した。ひょっとしたら九州大箱崎キャンパスの候補地浮上があり得るかもと思っていたが、完全に予想は外れた。だが、移転地は決定しても、問題決着とまでは到底いきそうにない。患者家族を中心とする人工島反対派は依然、矛を収める気配がないからだ。

 彼らが人工島移転に反対する理由として挙げているのは、東区民以外は現在地よりも遠くなる、埋め立て地のため地震で液状化する危険性があり、災害に弱い――などで、主に現地建て替えを求めている。だが、アクセスの問題はともかく、本当に危険な場所は人工島なのだろうか。

 現在のこども病院のすぐ東側には、警固断層という活断層が走っている。この断層はマグニチュード7クラスの地震を起こす恐れがあると指摘されており、「子供の命が大事」と考えるならば、現在地から離れるのを急ぐべきではないか。想定外の事態に備えることももちろん大事だが、想定される危険に対応することが先決だろう。

 人工島が移転地と決まったのは今回で3度目だ。市側がこの場所にこだわるのは、売れ残った土地を処分したいためなのは明らかであり、非常な胡散臭さを感じる。しかし、移転用地が人工島にすでに確保されており、ここならば老朽化した病院の建て替えが最も早く進められるのもまた確かであろう。

 反対派の主張に共感する市民は少なくないと思うが、かといってこれ以上問題の決着を長引かせ、病院新築が遅れる事態をすべての患者家族、あるいは今後病院を利用するかもしれない市民は望んでいるのだろうか。市の意見募集には「反対派の意見を患者家族の総意と思って欲しくない」といった声も寄せられているようだが…。


関連記事
スポンサーサイト
[Edit]