マルくんの諸先輩方

DSCF6209.jpg

 福岡市の舞鶴公園に生息する大きなミドリガメたちを、我が家では「マルくんの諸先輩方」と呼んで敬意を払っている。どのように敬意を払っているかというと、偏食マルくんがまったく食べないカメフードを時折与えているのだ。以前、「コロナ」という配合飼料が大量に残っていたので、腐らせてはもったいないと思い、お堀にばらまいたことがある。カメの大群があっという間に現れたかと思うと、コイやアヒルまで多数集まりだし、お堀は凄い状態になった。

 この壮観に気を良くして(?)、その後も乾燥糸ミミズやイトスイの「カメのえさ」などを度々持って行っている。気のせいか、私がお堀端を歩くとカメやコイが寄ってくるようになった。もっとも、本当は別に私に寄ってきているわけではないに違いない。多分、人間すべてに寄ってきているのだ。

 お堀端では夕方、散歩がてらカメやコイに餌をやっている人をよく見かける。日課にしている人も少なくないようで、おこぼれを頂戴しようと、あの傍若無人なカラスが行儀良く並んでいたりするから結構おかしい。

 以前から、ここに住むカメたちは何を食べているのだろうかと疑問に思っていた。ハスの葉をムシャムシャかじっているのを見たことがあるが、そんなに栄養価はないだろう。ひょっとしたら、人からもらう餌でかなりのカロリーを確保しているのではないだろうか。与えられたものを何でも好き嫌いなく食べているせいか、ここのカメたちはどれも健康そうである。うちのマルくんも諸先輩を見習い、偏食をなくしてほしいものだ。
関連記事
スポンサーサイト
[Edit]