炎天下で母校を応援

DSC_3187.jpg

 今年の夏、生まれて初めての経験をさせてもらった。高校野球の福岡県南部大会で、母校の野球部をスタンドから応援したのだ。「生まれて初めて」とは少々大げさな表現だが、私の在学中は野球部がなかったのだ。

 生徒数が極端に少ない学校ならばともかく、全校生徒が1000人を大きく超え、うち6割が男子だった。なのに野球部がないなど当時から珍しい存在で、私を含めて運動部のバカ数人が「野球部がないのは寂しいから、みんなで作ろう」などと騒いだこともある。別のスポーツをやっていたのだから、そもそも本気であるはずがない。私に至っては野球経験などまったくなく、単に面白そうだから話に便乗していただけだった。

 ところが、この冗談話が教師たちの耳に届き、一人のバカな英語教師が授業中に「なぜ、我が校が野球部を作らないか」を大まじめに語り出したのである。この教師は「甲子園でも出場したら、野球部が増長してろくなことにならない」という趣旨のことを話したと記憶している。思い出しても、やはりバカな教師である。増長するも何もそんなに簡単に甲子園に出場できるものか!

 我が母校は今夏、残念ながら初戦敗退した。炎天下の野球観戦は体には応えたが、なかなか楽しかった。悲願の夏1勝を見届けるため、来年もぜひ応援に行きたいと思う。

 福岡大会は、選抜準優勝の九州国際大付属が2年ぶりの甲子園出場を勝ち取った。実力通りの結果とは思うが、少し気になったことがある。決勝を戦った九州国際大付属と東筑は、いずれもこの試合が6試合目。ところが、準決勝で敗れた大牟田はこの時点で7試合目だったのだ。決勝まで勝ち残っていれば、8試合目を戦わねばならなかった。いくら元気な高校球児とは言え、酷暑の中では体力の消耗も激しいだろう。試合数が2試合も多い学校があるのは少し問題ではないか。

 初戦が1回戦か、2回戦かで1試合の差が出るのは、組み合わせの運・不運で仕方ないと思う。福岡県の場合、南北大会を勝ち抜いた“19校による県大会”など不可解なことをやっているから、ベスト16を決めるため、19校のうち6校だけが4回戦を戦わねばならないことになる。1、4回戦がシードだった学校と、今回の大牟田のように1回戦から皆勤の学校との間で不公平が生まれるのである。

 これを解消するためには、県大会出場校を16校に戻すか、多くの学校に県大会を経験させたいと思うのならば、いっそのこと32校にすべきではないか。あるいは南北大会などやめて、最初から135校による大トーナメントを行ったら良い。福岡よりも出場校が多い神奈川、千葉などはその方式なのである。
関連記事
スポンサーサイト
[Edit]