セスジイトトンボ

DSCF3854.jpg

 3日夕、福岡市中央区の舞鶴公園を歩いていて、お堀端で小さなイトトンボが飛んでいるのに気付いた。体長は3cmにも満たなかっただろう。名前通り、本当に糸くずのような華奢な体つきだった。しばらく眺めていると、枯れ草に止まってじっと動かなくなったので、カメラを接写モードにして写真を何枚か撮ってきたが、すべてピンボケだった。思い切ってもう少し近付くべきだったようだ。

 帰宅してネットで調べたところ、どうもセスジイトトンボという種類のようだ。結構色鮮やかな姿で、あるいは珍しいトンボかもしれないと思っていたが、北海道・東北を除く日本各地の池や沼などで普通に見ることができるらしい。他の方々がネット上で公開している写真は、私とは比較にならない出来であった。
関連記事
スポンサーサイト
[Edit]