野地卓被告が奪ったもの

DSCF4509 - コピー

 もう3年以上も前になる。2008年4月のことだ。節約と運動不足解消のため歩いて帰宅していたところ、福岡市早良区西新付近で大勢の警察官に出くわした。一部道路が封鎖されるなど物々しい雰囲気で、「大きな事件が起きたな」と素人目にもわかった。何があったのか尋ねたかったが、「天下の福岡県警」の警察官が一般人の問いかけに答えるとは到底思えない。帰宅後にテレビニュースで、高齢の女性が自宅アパート玄関前で刺殺され、容疑者の若い男が凶器を持って逃走中であることを知った。

 容疑者の男は事件翌日には逮捕され、半月ほど前に起きた別の女性刺傷事件もこの男、野地卓被告の犯行だったことが判明した。後にこの2件の事件は「福岡2女性(連続)殺傷事件」などと呼ばれる。金目当ての犯行で、しかも「自分より弱い」女性だけを狙っていたという。亡くなられた女性とは何の面識もないが、現場のアパートを見て、質素な暮らしぶりが想像された。

 11月30日の朝刊に、野地被告の控訴審が結審し、来年2月に判決が出されるとの小さな記事が載っていた。1審福岡地裁の判決は、死刑の求刑に対し無期懲役。一部新聞によると、野地被告から遺族に対して謝罪の言葉はなかったという。

 この日夕、事件当日と同じように徒歩で帰宅し、途中、あの日は入れなかった路地(写真)を通った。現場の木造アパートはいつの間にか取り壊され、更地になっていた。事件当時、このアパートには被害者をはじめ高齢の入居者が多いとの報道があったことを記憶している。取り壊しの理由は定かではないが、仮にあの事件がきっかけだったとしたら、野地被告が奪ったものは1人の女性の命だけではない。
関連記事
スポンサーサイト
[Edit]