15億円の資金が浮くホークス

DSCF3830.jpg

 せっかく8年ぶりに日本一になったホークスだが、主力選手の大量流出が確実になってきた。過去にもホークスはオフの度に看板選手が退団していった。異常な無償トレードで一時巨人に去った小久保をはじめ、工藤、城島、井口、村松、武田、若田部。繰り返して欲しくない歴史だが、FAは選手が勝ち取った権利だから仕方がない。日本一の感激をファンへの置き土産に、自分の夢に挑戦する和田、川崎には過去の退団組にはないさわやかさも感じている。国内移籍が確実と言われる2投手には何とか考え直して欲しいものだ。特にホールトンには「よそには森福はいないよ」と強く言っておきたい。

 ところで、下世話な話だが、FA組とホールトン、さらに戦力外が噂されるオーティズが退団した場合、どの程度資金が浮くのかを計算してみた。報道されている推定年俸に従えば、杉内3億5000万円、和田3億3000万円、川崎2億4000万円、オーティズ8000万円、ホールトン5000万円で、この5人で何と10億5000万円。杉内が国内他球団にFA移籍した場合、移籍先から補償金として現年俸分の80%が支払われるので、この分も加えると13億3000万円になる。引退した柴原、森本や、戦力外となった選手の年俸を加算すれば、恐らく15億円に迫ることだろう。

 これだけ潤沢な資金があれば、今季活躍した残留組の年俸を大幅アップしても、なお相当額を補強費に回せることだろう。実際、西武・帆足の獲得に動いていると報じられている。ただ、杉内、和田、ホールトン計43勝トリオの穴は、帆足一人の補強程度では到底埋めるべくもない。個人的には、1シーズンぐらい結果として捨てることになっても良いから、今まで登板機会に恵まれなかった若手や中堅を実戦で鍛える方が、目先の補強に走るよりもベターではないかと思う。

 左腕は、ある程度計算できそうな山田、大隣に加え、神内や陽にチャンスを与えるといい。来季で高卒3年目になる最速155キロの川原にも期待したい。右は、エースとなる摂津のほか、岩崎、大場、新垣、吉川(プエルトリコ派遣は先発転向への布石らしい)、巽。実績には乏しいが、潜在力を秘めた顔ぶれではないだろうか。負け惜しみではなく、仮に杉内、和田、ホールトンが退団しても、来季のホークスにも十分ワクワク出来る。

 <追記>FA補償の金額を誤っていたので、数字を訂正した。
関連記事
スポンサーサイト
[Edit]