クマ牧場の古い写真

20120428001.jpg

20120428002.jpg

 上の2枚は1996年8月、札幌市の定山渓クマ牧場で撮影した写真だ。保存していた入場券の半券(下の写真)によると、当時の正確な施設名は「定山渓羆牧場」で、入場料は大人1000円。2004年に閉園したが、引き取り手のなかったクマたちが劣悪な環境で飼育されているとして昨年問題になったところだ。

 改めて写真を見てみると、狭いスペースで多数のクマが飼育されている。今になってみれば「動物虐待」の指摘が良くわかる。ただ、クマたちの肉付きは悪くないようだし、餌を求めて観光客(私たち)に愛想を振りまいている個体も少ない。少なくともこの時は餌は足りていたように思える。地面も汚れてはいないようだ。閉園する8年前だが、この当時はまだ経営悪化はそれほど深刻ではなかったのだろう。

 昨年秋に飼育環境が問題になった時、札幌市が施設への立ち入り調査を行っているが、この時点で計13頭のクマが生き残っていたと報道されている。秋田県の八幡平クマ牧場で女性従業員2人がクマに襲われ死亡した事故を受けて、札幌市が4月25日、再び立ち入り調査を行っているが、この時の報道ではクマの数は10頭だ。約半年の間に3頭減ったことになる。今になって引き受け手が現れたとは思えない。恐らく死んだのだろう。クマたちが今も厳しい状況で暮らしていることが想像される。


20120429002.jpg
関連記事
スポンサーサイト
[Edit]