丸隈山古墳の石室


 福岡市西区周船寺にある丸隈山古墳の石室を見てきた。古墳時代中期、5世紀前半に築造された前方後円墳で、墳丘全長は85m。福岡市内では最大規模の古墳だ。石段を登った先に広場があり、後円部の中央に当たる場所に横穴式石室が残されている。鉄製の扉越しに石棺が置かれた内部を見学できるが、こんな古墳は全国でも数少ないらしい。

 石室や石棺については説明板(一番下の写真、クリックで拡大)を参照していただきたいが、石棺の構造も珍しいものだと紹介されている。むき出しの状態で良く石室が残っていたものだと感心したが、現在の姿は1927~8年(昭和2~3年)に復元されたものだという。

 この古墳が発掘されたのは江戸時代初期の1629年(寛永6年)のことで、貝原益軒が著した『筑前国続風土記』には「村民新蔵といひし者、村の南道路の上なる丸隈山と云所に、石棺あるよし夢にみて、八月廿一日より掘りかかり…」と発掘の経緯が紹介されている。言い伝えでは、この時に小仏像が出土したため、これを祭るお堂を石室内に設け、信仰の対象になっていたという。昭和初年の復元は、お堂が朽ちたことがきっかけだったようだ。

 古墳が築造されたのは仏教伝来(538年、または552年)よりも1世紀以上も前のことだが、半島とのつながりが強い地域だから、伝来以前に仏像がもたらされることもあり得るかもしれない。ただし、説明板(一番下の写真)にもあるように、副葬品の中に仏像があったとの記録はない。

 同古墳は石室復元が終わった1928年に国史跡に指定されているが、これは福岡市では最も早い。現在の文化財保護法施行は1950年だから、旧法(1919年施行の史蹟名勝天然紀念物保存法)下での指定だ。福岡市域では最大規模とはいえ、同じ古墳時代中期に造営された畿内や岡山の巨大古墳と比べれば、小さな古墳だが、良し悪しは別にして巨大古墳の多くは「陵墓」という形で保護の網がかけられている。この古墳のすぐ西側にJR周船寺駅があるが、駅開業は1925年(大正14年)だ。あるいは開発の波が押し寄せ、住民の尊崇を集める古墳の先行きが懸念されたため、史跡指定が急がれたのかもしれない。

 丸隈山古墳は2004年、他の6基の前方後円墳とともに今宿古墳群として改めて国史跡に指定されている。今宿古墳群は高祖山の麓に広がる。国史跡外にも約350基もの古墳が存在しており、研究者はこの山を「墳墓の山」とも呼んでいる。これほどの規模の古墳群を残しながら、被葬者が何者かは謎らしい。


DSCF5634.jpg

DSCF5635.jpg

DSCF5646.jpg



関連記事
スポンサーサイト
[Edit]