大休と飢人地蔵

DSCF5673.jpg

 前回に続いて江戸時代の儒学者、貝原益軒が著した福岡藩の地誌『筑前国続風土記』について取り上げたい。益軒はこの書の中で、福岡藩領の中でも特に眺望抜群の場所として那珂郡大休(おおやすみ)という場所を紹介している。木こりたちが荷物を下ろして一休みすることにちなんだ地名だそうで、現在の福岡市中央区南公園に当たる。動植物園などがある一帯だ。

 益軒は「天下に名高き」須磨や明石、天橋立、厳島などの絶景も大休には及ばないとまで絶賛している。長く福岡に住んでいるが、ここから景色を眺めた記憶がない。早速、南公園の展望台に上ってきた。あいにくの曇り空だったが、それでも確かに抜群の眺めだった。中央区六本松の九州大教養部があった場所は広大な緑地となっており、ビル街の中で異彩を放っていた。無責任を承知で言わせてもらえば、無理に跡地利用などしなくても、このまま公園にした方が市民には喜ばれるのでないだろうか。

 大休に関連し、六本松で夜な夜な見られる鬼火に関しても益軒は書き記している。鬼火と言っても、おどろおどろしい話ではない。「夏冬にかぎらず、夜々飛火あり、或は高く、或はひくく定る所なし。人近づく時は飛去て見えず。殊に雨夜に出る事多し、かならずしも毎夜見ゆるにはあらず」。福岡の人間は昔から見慣れているので、別に不思議と思っていないとも書いてあり、かなりユーモラスだ。『筑前国続風土記』の中には、六本松以外でも鬼火の話が複数出てくる。江戸時代は珍しいものではなかったのだろう。

 大休は益軒の死から約20年後の1732年(享保17年)、悲劇の舞台となる。この年、稲の病害虫(ウンカ、あるいはイナゴ)の大発生により西日本一帯は大飢饉に襲われ、福岡藩では領民の3分の1に当たる約10万人が餓死したと伝えられている。福岡藩は海辺にお救い小屋を設け、粥を施したが、飢えて体力を失った農民たちにとって大休越えは想像を超える難業だったに違いない。多くの者がここで力尽き、倒れていったという。

 1965年ごろ、一帯のヤブを刈り取ったところ、埋もれていた飢人地蔵と供養塔が発見され、この場所の歴史が明らかになった。地蔵は餓死者を悼むために建立され、江戸時代は手厚く供養されていたが、明治維新後、祭る人もいなくなり忘れられていたらしい。発見後は地元町内会が世話をすることになり、今も毎年4月4日には供養祭が営まれている。写真の真新しい地蔵は、平成になって新しく建立されたものだという。


DSCF5694.jpg

DSCF5685.jpg
関連記事
スポンサーサイト
[Edit]