20歳には見えない


 反り繰り返ったサングラスの男は、マルヨ無線事件川端町事件)の主犯格・尾田信夫死刑囚だ。1966年(昭和41年)12月28日の読売新聞から。逃走先の東京で逮捕され、博多駅に護送されてきた時の写真で、(到底そうは見えないが)当時20歳。読売新聞は「帰省客でごった返す博多駅に着いた尾田は悪びれたふうもなく、報道陣のフラッシュに、胸をはって英雄気どり」と伝えている。

 マルヨ無線事件とは同年12月5日夜、福岡市下川端町に当時あった電器量販店マルヨ無線に尾田と共犯の少年が押し入り、宿直の従業員2人をハンマーで滅多打ちにしたうえ、現金等約30万円を強奪したという事件だ。尾田らは逃走の際にストーブを蹴り倒し、これにより同店は全焼、従業員1人が死亡した。尾田は公判の途中で放火については否認に転じたものの、1970年に死刑判決が確定した。だが、確定から42年後の今も刑は執行されておらず、確定死刑囚の在監期間最長を更新し続けている。

 尾田の顔写真を求めてこのブログを訪れる方が時折おられるのだが、私自身も見たことはなかった。1966年12月に逮捕されて以来、ずっと収監されているのだから、公にされている写真などほとんどない。上の写真もサングラス姿のため人相が良くわからないが、いずれにせよ半世紀近く前の写真だから、65歳となった現在は面影などまったく残っていないことだろう。

 以前に書いた「マルヨ無線事件」の中で、なぜ40年以上も尾田の刑が執行されなかったのか不明だと疑問を投げかけたが、要するに日弁連の支援で再審請求を繰り返しているためのようだ。法務省側は万が一の冤罪を恐れて二の足を踏んでいるのかもしれないが、同様の状況にあると思われる名張毒ぶどう酒事件の奥西勝死刑囚(86)らに比べ、尾田は20歳以上も若い。

 国は、高齢の奥西らの獄死を狙っているのは明らかだが、尾田に関しても再審請求を認めず、刑も執行しないという宙ぶらりんの状態を、場合によっては今後何十年も続ける覚悟なのだろうか。
関連記事
スポンサーサイト
[Edit]

コメント

非公開コメント

No title

再審請求中の執行はやりにくいのは当然だが、執行逃れの再審請求なら、請求切れを狙っての執行も可能。
再審請求に相応の理由がある場合は法務省も執行を躊躇するのだろう。
尾田の場合は冤罪の可能性は無いが、放火殺人の部分は証拠がまるでなく、当初の自白のみ。
かつての尋問は拷問のようなもので、自白のみなんて証拠がまるでないのと同じ。
ここを突かれている限り執行はほぼ不可能でしょう。

気になるのは谷垣法務大臣が就任してから、60代の死刑囚が次々と病死していること。
鳩山弟よりも、谷垣氏の方が死神的だ。