周回遅れの九州大

P4290020.jpg

P4290022.jpg

P4290043.jpg

P4290049.jpg

 4月25日に書いた「
福岡県公会堂貴賓館 」の中で、九州大箱崎キャンパスの校舎群の行く末を心配した。改めて現地を見てきたが、中には完全に空き家になり、周囲を有刺鉄線で囲われた校舎もあった。場所によっては何となく廃墟のようで、学んでいる学生がかわいそうな気がした。

 伊都キャンパスへの移転が完了するまで、あと9年。学生たちはそれまで、(福岡市の東と西に離れた)箱崎と伊都との間で落ち着かない学生生活を送らざるを得ない。移転が進む箱崎キャンパスの教育環境はどんどん悪くなっていくだろう。これでは受験生の間で、九大の人気が次第に落ちているのも当然だと思う。そもそも福岡市の西のはずれの農村地帯に、なぜ九大が移転しなければならないのか。不可解極まりないが、やる以上は一気にやるのが学生のためではないか。

 写真を順に説明すると、1番上が九大本部。2番目が旧工学部本館。現在は総合研究博物館などとして活用されている。3番目は工学部の旧先導物質化学研究所。確か30年ぐらい前に文系学部の校舎が改築された際、文学部が間借りしていた記憶がある。もっとさかのぼれば法文学部の建物だったらしい。有刺鉄線で囲われた建物とはこの校舎のことで、一部窓ガラスも割れ、荒廃した雰囲気が漂っていた。最後が九大正門。

 それにしても、首都圏の大学や一部国立大が同様の郊外移転を行ったのは、もう10年以上も前だった気がする。その結果、大学の都心回帰が一部で叫ばれだした。なのに、九大は山の中に引っ込んでいく。まるで周回遅れの長距離走者のようだ。
関連記事
スポンサーサイト
[Edit]