未解決は4件どころじゃない

DSCF9396.jpg

 福岡県警のサイトに未解決の殺人事件についての情報提供を呼び掛けるコーナーがある。掲載されているのは、2年前のOL遺体遺棄事件をはじめ、北九州市若松区の主婦殺害(2001年6月29日。以下、日付は事件の発生・または発覚日)、嘉麻市の男性殺害(2009年4月17日)、田川市のタクシー運転手強盗殺人(2001年7月19日)の計4件に過ぎない。

 私が記憶する限りでも未解決の殺人事件は他にも複数ある。例えば、北九州市戸畑区のホテル従業員2人殺害(1999年3月10日)、福岡市東区の老夫婦強盗殺人(2001年2月26日)、同市早良区の中古車販売男性殺害(2006年6月15日)など。これらの事件では、警察側も節目の度に情報提供を呼び掛けるチラシ配りなどを行っているようで、時折事件に関する報道を目にする。対照的に宇美町のコンビニ店主殺害は完全に忘れられた感があるが、この事件も容疑者は逮捕されていない。

 コンビニ店主(当時42歳)が2000年7月9日朝、店内で頭部を殴られ殺害されているのを家族が発見したという事件だ。レジの金や商品が物色された形跡はなく、店主の足は縛られていたという。店主は元自衛官で格闘技の心得があり、背後から襲われたのではないかとの見方が有力だった。

 発生の数か月後、私は仕事で糟屋郡(宇美町も含まれる)の担当となり、現場近くを何度か通ったこともあって妙に印象深い事件だ。根拠のない噂話のたぐいもいくつか耳にしたが、ある教育関係者から聞いた話は記憶に残っている。「粕屋警察署が非行少年撲滅月間でもやっているのか、少年犯罪を片っ端から立件している」というものだ。店主殺害に少年が関わっていると警察はにらみ、容疑者に関する情報を得ようとしているのではないか、というのが教育関係者の読みだった。実際、店主には暴走族とトラブルの噂があったという。

 警察の目論見が教育関係者の見立て通りだったのかはわからないが、現在まで容疑者が捕まっていないことを見ると、「非行少年撲滅月間」がコンビニ店主殺害の解決に役立たなかったことだけは確かだろう。ネット上には「容疑者が逮捕された」との情報もあるが、どうも翌2001年に起きた大野城市の建築士殺害事件と情報が錯綜しているように思える。元妻らが保険金目当てに建築士を殺害、宇美町内に遺体を遺棄したという事件で、こちらは元妻と実行犯2人が逮捕されている。

 殺人事件の時効は2010年の刑訴法改正で撤廃され、これら未解決事件の捜査は(少なくとも形の上では)容疑者が逮捕されるまで永遠に続くことになった。福岡県警もこれに応じ、専門の捜査班を設置したという。だとしたら、なおさら未解決事件を4件しか掲載していないのは腑に落ちない。「容疑者を捕まえることができていない」事件を多数並べるのは警察にとって不名誉なこととは思うが、未解決事件の全てを県民に提示し、協力を求めるべきではないだろうか。

 写真は粕屋警察署前の掲示板に貼られていた同事件についての情報提供を呼びかけるポスター。さすがに所轄署は事件を忘れてはいない。
関連記事
スポンサーサイト
[Edit]