神籠石、豪雨で崩れる


 久しぶりに福岡県朝倉市、うきは市に行き、直売所で農産物を買い込んで来た。7月、2度にわたって九州北部を襲った豪雨により、両市では大きな被害が出た。平野部を走った限りでは豪雨の爪痕には気付かなかったが、所々通行止めの箇所がまだあった。つづら棚田で有名なうきは市の新川地区など山間部の被害は想像以上に甚大らしい。

 以前紹介した朝倉市の古代山城遺構、杷木神籠石でも7ヵ所で崖崩れが起きている。神籠石を象徴する列石遺構には幸い被害がなかったというが、近くの斜面も崩れ(写真)、立ち入りが制限されている状態だ。朝倉市教委は文化庁や県とも相談しながら復旧を急ぐ考えのようだが、今回の豪雨による被害額は同市だけでも20数億円に上っている。当然、社会基盤の復旧が急がれるであろうから、あるいは文化財が後回しになることはあるかもしれない。

 古代山城の豪雨被害は、2003年7月に国特別史跡・大野城でも起きている。この時も局地的に1時間100mmを超える記録的豪雨が襲い、広範囲にわたって土塁や石垣が崩落するなどした。翌2004年から復旧工事が始まったが、完成までには実に6年もの歳月がかかっている。ただ、復旧工事に伴う調査で、新たに4ヶ所の城門が見つかったほか、土塁や石垣についての構造が明らかになるなど考古学上の成果も大きかったという。

 杷木神籠石、大野城とも7世紀の東アジア情勢の緊迫化に伴い、国防のために築城されたと言われている。約1400年がたった現在まで遺構が残っているのだから、構造的に非常に頑丈なものだったに違いない。それが近年の豪雨で相次いで崩れている。「これまでに経験したことのない大雨」が襲っているためだろうか。
関連記事
スポンサーサイト
[Edit]