博多大水道

DSCF6547.jpg

 福岡市博多区を流れる博多川岸の遊歩道に、以前はこの川に注いでいた「博多大水道」の説明板がある。ちょうど博多リバレインの横の辺り。博多大水道とは、博多川と石堂川との間を結んでいた石積みの人工水路だ。築かれた時代や目的については諸説あるようだが、「江戸時代に造られた下水道」説が支配的らしく、説明板にもその趣旨のことが書かれている。一方で、元寇の時代に防御用の濠として築かれたと唱える研究者もいる。どちらの説が正しいにせよ、博多の街の歴史を伝える重要な構造物だったことは間違いない。

 説明板にも書かれているが、明治時代、大水道の上には大きな石蓋がかぶせられ道路が造られた。この道の両側に次第に商店が立ち並び、出来上がったのが寿通商店街。一時は商都・博多の中心としてにぎわったというが、1990年代には寂れた古いアーケード街となっており、往時の面影は残っていなかった。ここを再開発して建設されたのが博多リバレインで、工事に先立ち1996年に行われた発掘調査では大水道の遺構が東西25mにわたって確認されている。水路の幅1.4m、深さ1.3mで、30~80cm大の花崗岩や玄武岩質の割石が丁寧に積み上げられていたという。

 先日、リバレインを起点に、大水道が通っていたと思われるルートを歩いてみた。道路には水道管やガス管のマンホールが多数あり、一方で道の両側には側溝があった。大水道の暗渠が生きているのならば、側溝は必要ないはずなので、リバレイン以外の場所でも恐らく完全に埋め立てられているのだろう。石堂川への出口があったとされる博多区上呉服町の本岳寺、入定寺の辺りでは川の護岸を見て回ったが、何の痕跡も見つけることは出来なかった。

 大水道の石蓋1枚が櫛田神社境内に残されている(一番下の写真)が、考えてみれば、これは明治時代のものだ。築造当初の遺物ではない。リバレイン建設に伴って跡形もなく取り壊されたであろう石積み水路は、極めて貴重な遺構だったはずだ。現地保存は無理でも、何とか別の場所に移して残す方策はなかったのだろうか。

 何度も指摘してきたが、福岡市というところは自身の歴史には無頓着で、だから長い歴史を持っている割には文化財級の建造物などは驚くほど少ない。戦火のためばかりではないだろう。守るべきものを守ってもいないのに、存否さえはっきりしない福岡城天守の建築などを平気で口にする人たちが市長を含めて数多くいる。不思議で仕方がない。


DSCF6580.jpg

DSCF6589.jpg
関連記事
スポンサーサイト
[Edit]