杉山神社と松山神社

DSCF6948.jpg

DSCF6949.jpg


 福岡市早良区の西新界隈を散歩していて、同じ西新2丁目の町内に同名の神社があったので不思議に思ったことがある。ところが私の勘違いで、神社名をよく見ると、一字違っていた。杉山神社と松山神社。どちらも稲荷神社だ。稲荷神社は東日本ではありふれているらしいが、九州では比較的少数派と聞くので、同じ町内に二つあるというのは、やはり珍しいことかもしれない。

 同じ稲荷神社で、名前も似ているとは言え、歴史はまったく別のようだ。杉山神社の方は、大正初期までこの地にあった紅葉八幡宮の境内社だったという。紅葉八幡宮は江戸時代初期の1666年(寛文6年)、黒田藩3代藩主の光之によって西新に移された神社で、藩から神領として100石が与えられていた。

 100石とはたいした数字ではないようだが、貝原益軒の『筑前国続風土記』によると、黒田藩内では太宰府天満宮の1971石、筥崎宮の518石を別格にして、桜井神社(現在の糸島市)の201石、宗像大社の133石に次ぐ。住吉神社、香椎宮(いずれも30石)よりもずいぶん上で、格式の高い神社だったことがわかる。

 明治時代後期、紅葉八幡宮境内の一角を路面電車が走るようになり、喧騒を嫌って1914年(大正3年)に現在地の早良区高取に社殿を移したが、杉山神社だけは西新にとどまったという。なお、『筑前国続風土記』には紅葉八幡宮の末社として印綸大明神、松河原大明神の二つが記されているが、いずれも近隣には残っていない。あるいは、どちらかが杉山神社の前身かとも思ったが、高取移転の際に紅葉八幡宮本体に合祀されたようだ。

 一方、松山神社の方は数年前まで、「九州最古の稲荷神社」と記した看板を掲げていた。第一次元寇の文永の役(1274年)の時、日田の御家人が松山神社近くで戦死したという記録が根拠となっていたようだ。稲荷神社の総本社である伏見稲荷大社(京都)の創建は8世紀初めという。松山神社の正確な創建年はわからないが、「九州最古の稲荷神社」という記載が事実であるならば、九州には500年間、稲荷信仰がほとんど広まっていなかったことになる。何か特別の理由でもあったのだろうか。
関連記事
スポンサーサイト
[Edit]