ヒッピーとコンクリート船




 宮崎市赤江にタンポリという入り江がある。宮崎空港のちょうど裏側で、下の地図では宮崎マリーナがあるところだ。地図を拡大するとわかるが、正式名は津屋原沼。戦前、軍が赤江飛行場(現・宮崎空港)を建設する際に大量の土砂を採取、その跡地に海水が入り込んで出来たものだという。この周辺には戦時中の掩体壕(飛行機を空襲から守るための施設)が複数残っているらしいが、このタンポリも一種の戦争遺跡と言えるだろう。

 現在は上記のようにマリーナとして利用されているが、このタンポリに関する面白い話を以前、宮崎の知人に聞いた。現在からして40年程前、東京から何人もの若者たちがやって来てタンポリ周辺に住み着き、ここでコンクリート船の建造を始めたというのだ。風体はヒッピーのようだったが、名門大学の現役学生か卒業生だったらしく、地元民は迷惑に思いながらも彼らの行動を傍観していたという。

 若者たちはセメント代や生活費を稼ぐためか、時折、宮崎市内の繁華街で手作りのアクセサリーを販売していた。やがて船は完成、若者たちは勇んで出港しようとしたが、案の定と言うべきか、コンクリート船はまったく浮かぶことなくタンポリに沈んでいったらしい。ただ、知人も目撃したわけではなく、日向灘をわずかに航海し、近くの海岸沖で沈んだという説もあると話していた。

 この手の話は記録なども残っておらず、真相は今ひとつ不明だが、タンポリでの船の不法投棄問題を話し合った数年前の宮崎県議会常任委員会の議事録に、沈んだコンクリート船の話があった。これが問題の船ならば、出港もできなかったという方が正解かもしれない。

 若者たちが何を考えてコンクリート船を造り、どこを目指そうとしたかは知らないが、何となく1970年代らしい出来事ではあると思った。1970年代といえば、私は小中高校生の時代で、当時は何も考えずに生きていたが(残念ながら、現在もだが…)、高度成長が終わり、オイルショックだのドルショックだので経済的混乱が続き、妙な閉塞感があった時代だった。振り返れば、今よりはずいぶんマシな時代だったのかもしれないが、時代の空気を嫌った若者たちはどこか新天地を目指そうとしたのだろうか。

 ところで、コンクリート船など、どう考えても浮かびそうにないのだが、金属不足の戦時中、コンクリートの貨物船が何隻か建造され、実際に就航している。船底に金属を使っていないため、米軍が敷設した機雷に反応しないというメリットもあったらしい。戦時中を生き延びた、そのコンクリート船「武智丸」が戦後、防波堤として広島県呉市の漁港に沈められ、現存している。


関連記事
スポンサーサイト
[Edit]