今も身元不明


 福岡市博多区石城町で今年3月18日夜、ジョギング中だったとみられる女性が車にはねられ、死亡する事故があった。不思議なことだが、事故から9ヶ月以上がたった今も女性の身元は不明らしく、博多警察署のホームページには情報提供を呼び掛けるチラシが掲載されている。

 チラシの情報を抜粋すると、女性は30~40歳位で、身長は154cmほど。腹部には手術痕があった。服装は黒のジャンパー、灰色のウインドブレーカーズボン、灰色の運動靴で、所持品は腕時計、ブレスレット、鍵束(シリンダー錠と自転車の鍵)。チラシには鉛筆画らしき似顔絵も掲載されているが、風貌は日本人、少なくとも東アジア系には見える。

 警察側は服装と所持品から「ジョギングもしくはウォーキング中に事故に遭った」と判断している。つまりホームレスではない。事故現場からそんなには離れていない場所に住まいがあったのは確実だろう。最近は石城町や、那の津通りを挟んだ大博町近辺にはマンションやアパートが建ち並んでいる。管理会社などに「突然、失踪した住人がいないか」と片端から問い合わせれば、何らかの情報が得られる気がするが、素人が思いつくことなど警察はすでに行っていることだろう。

 DVや犯罪絡みで福岡に逃れ身を潜めて暮らしていたのか、あるいは不法滞在の外国人か。人間一人が突然消えたのに、家族や友人、職場の同僚など誰一人として不審に思わない環境を想像すると、つい極端なケースが思い浮かぶが、今の社会では意外に普通に起こり得る出来事なのだろうか。

 福岡県警のホームページには2006年以降に県内で見つかった身元不明死者の情報が掲載されているが、その数は7年間で計109人に上っている。発見時の状況からみて、多くはホームレスであるようだが。
関連記事
スポンサーサイト
[Edit]