ユリカモメは留鳥化するか

DSCF7619.jpg

 福岡市中央区舞鶴公園のお堀にユリカモメの休憩場所ができ、写真のような状態になっている。この場所は「アカミミガメ哀れ」で紹介したハスの再生実験場所で、アカミミガメの侵入を防ぐため網で囲われている。ユリカモメが羽を休めているのは囲いの木枠の上だ。

 舞鶴公園や隣接する大濠公園をはじめ福岡市には毎年、数多くのユリカモメが越冬のためやってくる。市民にとってはおなじみの鳥で、「福岡市の鳥」にも指定されている。河口や干潟に住む小魚や甲殻類が主な餌というが、雑食性も強いらしく、舞鶴、大濠公園では市民が与えるパンの切れ端に群がっている姿をよく見かける。カラスやヒヨドリなどと同様、かなり都市に順応しているようだ。外敵が少ないうえに、温暖で餌も豊富な都市部は野鳥にとって意外に住みやすい場所らしい。

 京都では1974年に初めて越冬が確認され、最初は「海のカモメがなぜ、京都に?」と不思議がられたそうだが、鴨川で乱舞するユリカモメはいつの間にか京都の冬の風物詩ともなった。ところが、近年では大幅に数を減らしているらしい。餌付けの禁止とともに、繁殖地であるロシア・カムチャッカ半島の環境悪化が原因という説がある。営巣地の湿地の乾燥化が進み、ヒグマがやってきては卵やヒナを大量に捕食しているという。いくら越冬地が住みやすくても、繁殖地の環境破壊が進めば、やがては絶滅の危機を迎えざるを得ない。

 ユリカモメの生息数は、湿地や湿地生物の保護活動を進めるNGO、ウェットランド・インターナショナルの推計によると、世界で480万羽から890万羽。大変な数のようだが、減少傾向にあるという。繁殖地を守ることが何より重要だろうが、都市に順応したユリカモメの姿を見ていると、妙な想像も膨らむ。越冬地が暮らしやすいのならば、このまま日本に留まり、都市で繁殖するユリカモメも現れるのではないか、と。ヒヨドリに続いてユリカモメも留鳥化するなど自然の摂理に反することだろうが、黒い頭の夏羽のユリカモメを福岡で見てみたい気もする。
関連記事
スポンサーサイト
[Edit]