月光苑放火殺人

DSCF7888.jpg

 今月28日の西日本新聞に、マルヨ無線事件の尾田信夫死刑囚(66)ら確定死刑囚の肉筆が掲載されていた。「死刑廃止を推進する議員連盟」副会長の福島瑞穂参院議員のアンケートに答えたもので、死刑制度への賛否を尋ねた質問に対し、尾田死刑囚は達筆で「死刑制度は絶対反対。自分が死刑確定者だから“反対”と言うものではなく、恣意的にこれが適用、運用されているからです。3名殺害で無期、1名殺害で死刑。実際にこのような裁判は存在します」などと答えていた。

 尾田がマルヨ無線事件で殺害したのは1人。それに対し、多数の犠牲者を出しながら判決は無期というケースが確かに存在する。代表的な例が、同じ福岡市で1983年12月20日に起きたホテル月光苑放火殺人事件だろう。ホテル社長と愛人らが約1億9000万円の保険金目当てに放火、結果として従業員4人もの命を奪った悲惨な事件だ。2人は殺人と放火の罪に問われたが、下された判決は無期。「死刑の運用が恣意的だ」という尾田の憤りは理解できなくもない。

 ホテル月光苑があったのは福岡市中央区清川の那珂川河畔。写真のように、現在はマンションやアパートが立ち並んでいるが、もともとは遊郭街として発展した街で、月光苑も遊郭だった建物を増改築して1952年に開業したという。木造2階建て。1983年の事件当時、経営は火の車だったらしい。また、社長の愛人もブティックを開業しては経営に失敗するという繰り返し。2人は多額の借金を抱えており、保険金で借金を返済しようと犯行を計画した。

 犯行当日はたまたま宿泊客がゼロだったため、従業員の忘年会が行われており、5人の従業員がそのままホテルに泊まり込んでいた。放火の実行犯は愛人の方で、1階廊下に大量のガソリンをまき、新聞に火を付け引火させたという。建物が老朽化していたため火は一気に燃え広がり、1人は消防隊に救助されたものの、残る4人は逃げる間もなく焼死した。

 裁判では未必の故意による殺意があったかが争点となり、1985年3月の福岡地裁判決は検察側の主張を全面的に認め、“求刑通り”無期懲役を言い渡している。検察がなぜ死刑を求刑しなかったかはわからない。ただ、大雑把に調べた限りでは、1970~80年代は死刑の運用が抑制的だったようにも思える。

 判決当時、社長は48歳、愛人は42歳。後に2人は控訴を取り下げ、1審判決が確定している。恐らく現在も収監されているはずで、以前「服役60年超の無期囚」の中で紹介した法務省発表資料「無期刑の執行状況及び無期受刑者に係わる仮釈放の運用状況について」の中に、2人のうち、どちらかとみられる記載がある。下の表の赤枠で囲った部分で、年齢、在所期間、犯罪事実、犠牲者数などが一致しており、まず間違いないと思う。ただ、性別は記載されていないため、社長か愛人かまではわからない。残る1人についての記載は見当たらないが、すでに仮釈放されているとは考えられない。まだ仮釈放の審理さえ行われていないのではないだろうか。

 なお、2人の名前についてインターネット上では“大野弥助”と“長島征子”と流布している。これは恐らく、私も参考にした『実録・福岡の犯罪』(葦書房、1993)からの引用だと思うが、実はこの本の一部人物名は仮名で、例えば尾田信夫も太田信次と記されている。正しくは月光苑社長が水野清助、愛人は三島正子である。


20130330001.jpg

関連記事
スポンサーサイト
[Edit]