東京でホークス戦中継

旧聞に属する話2010-ヤフードーム

 問題。福岡ソフトバンクホークスの中継が最も多いテレビ局(地上波)は、どこ?

 福岡ではトリビアネタとして結構有名な話なので、ご存じの人も多いだろう。正解は、東京のUHF局・東京メトロポリタンテレビ(TOKYO MX)。今年は過去最多の45試合前後を放送予定で、地元・福岡の民放で最も多いTVQの約2倍に上る。TVQが、ホークス戦中継は“地元地上波では最も多い”などと言い訳がましくPRしているのには、こんな理由がある。

 この事実を知らなかった2、3年前、東京出張の際にホテルで漫然とテレビを見ていたら、ヤフードームのホークス戦中継が始まり、えらく驚いた記憶がある。福岡に帰った後、土産話で知人に伝えたら、馬鹿にされた。「ホークスファンの間では常識!」だったらしい。

 それにしても不思議だった。なぜ、東京で九州のローカル球団の中継が行われているのか。ホークスが絶大な人気を誇る福岡でも、地上波中継の視聴率は高くても十数%だ(試合終了まで完全中継のJSPORTSに視聴者が流れている影響もある)。東京、ましてUHF局での中継など視聴率は恐らくゼロに等しいだろう。どう考えてもペイするわけがないと思っていた。

 調べてみると、首都圏でファンを増やしたいソフトバンク側が持ちかけた話であり、MX側にとっては黙っていても優良スポンサー(球団親会社のソフトバンクと関連会社)がついてくる、おいしい番組らしい。だからだろう。MXの今季ホークス戦中継についてのプレスリリースを見ると、「TOKYO MXでは、ホークス中継を番組編成の大きな柱の一つとして認識するとともに、2010シーズンもよりいっそう視聴者に楽しんでいただけるような番組づくりを目指し、今まで以上に熱い戦いが予想されるパ・リーグ、そして日本のプロ野球人気を盛り上げていきます」とえらい張り切りようだ。

 ただ、本当にプロ野球人気を盛り上げる気があるのならば、地元のヤクルトあたりの中継をやるのが東京のローカル局の務めだと思うのだが…。もちろん、余計なお世話だが。
関連記事
スポンサーサイト
[Edit]