糸島運河


 博多湾西部の今津湾(福岡市西区)と船越湾(糸島市、写真)とは古代、ひと続きの海峡だったという説が一時あった。両湾の間には現在、標高5m以下の低地帯が広がっている。海水面が今よりも高かった縄文時代には海だったはずだという考え方で、この海峡には「糸島水道」の名前さえ与えられていた。ボーリング調査などにより、現在では海峡の存在は否定されたようだが、両湾が現在よりも大きく内陸に入り込んでいたのは間違いないらしい。

 ボーリング調査を行ったのは九州大理学研究院の研究者らだ。この研究者が『新修志摩町史』(2009年)に書いた糸島水道についての考察によると、1000年ぐらい前までは海だったことを示す地層(海成層)がJR筑肥線沿線にあるのは確かのようだ。しかし、糸島市志登、泊地区一帯ではこの海成層が途切れており、海水面が最も高かった時代でも糸島半島は本土と陸続きだったと考えられるという。

 ただ、今津湾~船越湾の間はこの時代、最も狭い所でわずか1km程度。面白いことに、研究者は糸島水道の存在には否定的ながら、両湾の間を陸路で船を運んだ、あるいは運河があった可能性を示唆している。

 博多湾、船越湾とその北側にある引津湾は弥生時代以降、半島との交流拠点だったと言われる。博多湾と船越・引津湾との間も船の往来が盛んだったはずだが、糸島半島沖を通るルートはかなり遠回りになるうえ、同半島沖は潮流が早く小型船にとっては難所だという。だとしたら、環濠集落の建設に見られるように、相当の土木技術を持っていた弥生人ならば、運河を掘削しても不思議ではないと想像が膨らむ。

 ところで、この「糸島運河」構想は20年程前に実際に持ち上がったことがある。地場ゼネコン(現在は倒産)の関係者や学者グループが提唱したもので、前述と同じ事情で、糸島半島沖を通らない海上交通路を作るとともに、閉鎖性水域のため水質悪化が進む博多湾の浄化を図る狙いだったという。賛同者が広がらなかったのか、あるいは当のゼネコンの経営破綻が影響したのか、構想は「打ち上げ花火」で終わったと見られ、行政レベルで議論された形跡はない。

 福岡都市圏の膨張により、糸島一帯の都市化は20年前と比べ、ずいぶん進んだ。もはや「糸島運河」の実現など不可能とは思うが、運河を中心に据えた都市開発という試みは結構面白みがあったと思う。


関連記事
スポンサーサイト
[Edit]