市長の姑息、議会の怠慢

IMG_0135.jpg

IMG_0143.jpg

 福岡市で現在、中央保育園の移転問題が騒ぎになっている。現在地は国体道路に面した中央区今泉1。これを同じ今泉1ながら、200m程東側の土地に移そうという計画なのだが、移転用地というのが交通量の多い幅5mの道路に面し、なおかつ隣は大型パチンコ店、周囲にはラブホテルも林立しているという場所なのだ。

 ひどい話である。当事者ではないので、計画に対する論評はこれ以上控えるが、呆れるのは市議会の怠慢である。移転用地の問題点は早くから明らかだったはずなのに、多くの市議は何らアクションを起こすことはなかった。ところが、西日本新聞が6月13日朝刊で「風俗施設近くに保育所」と報じ市民の反発が大きくなると、「私たちは知らなかった」とばかりに6月議会では市側を追及しだした。しかし、知らなかったはずはないのである。

 例えば、昨年9月18日に開かれた議会第2委員会では中央保育園移転が取り上げられ、複数の議員が現在問題となっている立地条件の悪さを正確に指摘し、市側を追及している。長くなるが、市議会公式サイトにある会議録から議員の該当発言を以下に抜き出してみた。

 <狭隘な道路やパチンコ店に加え、予定地周辺にはラブホテル街があり、保育所用地として適地なのかという声はあるが、他に用地がないということで、当該地に決定された。一方で、建てかえ施設については、保育所は移転させる代わりに民間テナントを入れることになるが、子どもに特化した施設として保育所も併設すればよいのではないか>

 <事業手法や児童会館としての機能、保育所の充実と待機児童の解消という角度から、今回の事業のあり方は賛同できるものではなく、本当に子どもを大事にする施策と言えるのか疑問である。事業が始まるには若干の時間もあるので、さらに幅広い市民意見も聞きながら、真摯に検証を図り、見直すべきところは大いに見直すべきと意見を申し述べておく>

 <中央保育園の移転については、現実問題として保育需要があっても用地がなかなかないことは認識しているが、環境に課題があることも否めない。前面道路が非常に狭隘で、状況によっては人と車が離合するのも厳しいが、どのように認識しているか>

 常任委員会の会議録は匿名のため、これらの発言をした議員が誰なのかわからないが、恐らく野党系の議員だろう。これを読んでも中央保育園の移転に問題意識を持っていた議員はおり、この問題意識が市議会の中で共有されていなかっただけなのがわかる。

 市側が昨年2月、議会に提出した移転資料の地図(下)にラブホテルやパチンコ店などが記されていなかったことを取り上げ、市が移転用地の問題点を議会に隠蔽したと指摘する意見もあるが、これは当たらないと思う。確かに地図に見られる市長サイドの姑息さは笑ってしまうレベルだが、福岡に長く住んでいる人間ならば、このいい加減な地図でも移転用地がどんな土地かはすぐに理解できるはずだ。他区選出であっても、いやしくも市議であるのならば、わかるべきだろう。
 
 万が一、立地条件がわからない市議がいたのならば、現地に行って自分の目で確かめれば、済んだ話だ。市役所の議会棟から、のんびり歩いても10分程度の場所にあるのだから。それさえしなかったのならば、怠慢以外の何物でもない。

 今回の問題、移転用地の実態を知っていて問題意識を持たなかった議員は論外だが、知らなかった議員も罪一等を減じられる話ではないと思う。どちらにしても議会に求められるチェック機能など何も果たしていないのだから。写真は1枚目が現在の中央保育園。2枚目が移転用地。


map20130730.jpg
関連記事
スポンサーサイト
[Edit]