戻ってきた風景


 2011年9月に「荒津大橋眼下の造船所」の中で、博多港内にある福岡造船所について<さび止めの塗料で赤く塗られた船体がいつもドーンと鎮座しており、恐らく業績好調なことだろう>と書いたことがある。ところが、昨年1年間は船の建造風景をほとんど見ることができなかった。世界的な造船不況のためか、それとも昨年3月に下請け絡みの問題で公取委から勧告を受けたことが影響したのか。他人事ながら、造船所の先行きを心配していた。

 福岡造船は長崎にも造船所を持っており、こちらの方では順調に船の建造が続いていたらしい。ただし、二つの造船所のうち、一つはほとんど稼働していなかったのだから、同社の業績はかなり悪化していたようだ。業界内では、福岡造船が今後も2造船所体制を維持できるのかに関心が集まっていたという。もっと端的に言えば、福岡の造船所を休止するのではないかという観測もあったと聞いた。

 しかし、今年になって<さび止めの塗料で赤く塗られた船体が鎮座する>風景が久々に戻ってきた。現在、9100㌧のセメント運搬船建造が続いており、同社の公式サイトによると、来月8日の午前10時から進水式が行われる。同造船所での進水式は見学自由で、これも福岡名物の一つになっている。また、セメント船に続いて3000㌧級のLPG運搬船建造も決まっているらしい。

 日本の造船業界は2014年には受注が底をつくとの予測があり、「2014年問題」などと騒がれている。特に中小造船所は瀬戸際に立たされる恐れがあるという。例によって、騒がれている割には対策らしい対策は聞こえてこないが、福岡市の都市景観賞に選ばれ、博多港のランドマークともなっている同造船所は今後も健在であってほしいものだ。
関連記事
スポンサーサイト
[Edit]

コメント

非公開コメント

おかげさまでしばらく先までは船台が空くことはないようです。
進水式ぜひお越しください。 次は来年1月です

関係者の方でしょうか

貴重な情報をいただき、ありがとうございました。
進水式、ぜひ行かせていただきます。