夢大陸の情報誌

旧聞に属する話2010-AIビル

 勤め先に妙な情報誌があった。名前は『THE EARTH』。同僚によると、毎月勝手に送ってくるそうで、中身は誰も読んだことがないという。表紙に書いてあった執筆陣は、小泉純一郎に選挙で挑んで一蹴された元外交官の天木直人氏、いろいろあった経済学者の植草一秀氏、雑誌『ムー』に執筆しているという自称サイエンス・エンターテイナーの飛鳥昭雄氏、古代史研究家の古田武彦氏……。異様なまでに個性あふれる顔ぶれが並んでいる。

 「なるほど、これじゃ読む気にならないな」と納得し、編集・発行を見てみると、株式会社夢大陸とあった。投資話で不法に数十億円の現金を集めた疑いがあるとして、金融商品取引法違反容疑で福岡県警の捜索を受けた福岡市の投資コンサルタント会社だ。捜索を報じた新聞各紙には、同社はコミュニティFM(StyleFM)を運営しているとあったが、特異な雑誌も発行していたようだ。

 同社捜索を最初に報じた毎日新聞記事によると、金融庁の許可を受けずに海外の金融商品を扱ったというのが直接の容疑だが、「出資金が戻らない」との苦情が相次いでいるという。個人的には典型的な架空投資詐欺に思えるのだが、果たしてどうだろうか。今後の捜査の進展を見守りたいところだ。

 夢大陸の女性社長は5月まで、StyleFMで自ら「六本木の巫女」なる番組を持ち、主に経済問題を論じていたらしい。「六本木の巫女」とは、彼女が財テク指南を行う際の呼び名でもあったという。番組を一度も聞いたことがないので無責任なことは言えないが、コミュニティFMを金集めの道具にしていた疑いもあるのではないか。

 情報誌に関しては、少なくとも目を通した1冊に限っては夢大陸を持ち上げるような記事はなかった。中身はどれも面白くなかったが。写真は、夢大陸やStyleFMが入居する福岡市早良区のビル。
関連記事
スポンサーサイト
[Edit]