13人の死刑囚

20140129001.jpg

 積読状態だった『死刑―究極の罰の真実』(読売新聞社会部、中公文庫、2013)を最近になって読み出した。興味深い箇所があった。冤罪事件として有名な「布川事件」で再審無罪となった桜井昌司さんの回想なのだが、1999年9月、死刑囚3人の刑執行を伝えるニュースが流れた際、桜井さんは一人の名前に聞き覚えがあったという。千葉刑務所の靴工場で一緒に働いていた無期懲役囚で、刑務官の前では模範囚ぶりを見せていたが、仲間には嫌がらせをするような男だった。男は90年に仮釈放されたが、その3ヶ月後に殺人事件を起こしていた。

 99年9月に刑執行された3人の死刑囚とは、東京・北区で3歳幼女を殺害した佐藤真志(執行時62歳)、飲食店女性経営者強殺の高田勝利(同61歳)、お礼参り殺人事件として有名な熊本母娘殺害の森川哲行(同69歳)。この3人には共通点がある。全員が青年時代の殺人事件で無期懲役判決を受けながら、20年程度の服役の後に仮釈放され、そして再び殺人を犯しているのだ。桜井さんが出会った男について『死刑―究極の罰の真実』では匿名だが、千葉刑務所に服役し、仮釈放の3ヶ月後に再犯――などの情報から容易に特定できる。高田勝利だろう。

 凶悪犯罪→無期懲役→仮釈放→再び凶悪犯罪→死刑という流れをたどった死刑囚は、この3人だけではない。死刑確定が1980年以降の者に限っても彼らを含め計13人いる。名前と事件名等を列挙すると次の通りだ。氏名の後ろの★は刑執行、☆は病死を表している。年齢は没年齢、存命者は1月28日現在の年齢を記した。

 篠原徳次郎★(群馬2女性殺害、95年12月執行、68歳)
 武安幸久★(直方女性強殺、98年6月執行、66歳)
 島津新治★(荒川パチンコ景品商強殺、98年6月執行、66歳)
 佐藤真志★
 高田勝利★
 森川哲行★
 牧野正★(門司母娘殺傷、09年1月執行、58歳)
 萬谷義幸★(大阪短大生刺殺、08年9月執行、68歳)
 横田謙二(スナック従業員絞殺遺棄、64歳)
 中山進(交際女性の夫ら2人殺害、66歳)
 西山省三(知人女性強殺、61歳)
 宇井錂次☆(交際女性絞殺、08年2月病死、68歳)
 長谷川静央(実弟殺害、71歳)

 仮釈放後の彼らによって殺害された犠牲者は計16人にも上る。大阪女子短大生刺殺事件の萬谷義幸は1968年、百円札を奪うため行きずりの女性を刺殺した。そして20年にも満たない服役で1987年に実社会に戻った途端、若い女性を狙った強盗傷害事件を次々に起こし、翌88年、大阪市中央区の地下鉄駅通路で、金を奪うために19歳の女子短大生を冷酷に刺し殺した。遺族は「これほど狂暴な男をどんな判断で仮釈放したのか」と疑問を投げかけたというが、法務省はこれにきちんと答えることができたのだろうか。
関連記事
スポンサーサイト
[Edit]