サザエさん通りの大看板

IMG_0920.jpg

 福岡市早良区西新の県立修猷館高校前交差点の歩道に、アニメではなく原作漫画の『サザエさん』が描かれた大看板が登場した。高さ3.8m、幅4.6mと結構な大きさで、高校合格者数を宣伝している学習塾の大看板並みのサイズである。原作漫画の『サザエさん』とわざわざ断ったのはアニメの絵柄とはずいぶん異なるからで、アニメしか知らない世代の中には「本当にサザエさん?」と違和感を覚える人がいるかもしれない。

 看板が設置されたのは、この交差点が「サザエさん通り」の起点に当たるためで、目印の意味があるらしい。この通りの誕生前にも書いたことがあるが、原作者の長谷川町子さんは戦時中の一時期、この付近に疎開し、海岸を散策中に『サザエさん』の登場人物を思い付いたと言われている。海岸は現在では埋め立てられ「サザエさん通り」の一部になっている。また、疎開当時に住んでいた家も通り沿いにあったようだ。こういった事情もあって、版権を管理している長谷川町子美術館も日本で2番目となる「サザエさん通り」命名にOKを出したという(「サザエさん通り」)。

 「サザエさん通り」の第1号は、作品の舞台とされる東京・世田谷の桜新町で、当たり前のことだがこちらの方のイメージが強い。作品発祥の地が福岡だと言っても、そんな大昔の話は福岡人以外誰も気にしないし、知りもしない話だと思っていたが、熱狂的な『サザエさん』ファンの中には“聖地巡礼”よろしく福岡の通りを訪れる人もいるらしい。ところが、通りには修猷館高校や西新小学校、西南学院大学が並んでいるだけで、原作をイメージするものなど何もない。そのために大看板を設置することになったようだ。

 看板の除幕式は26日に現地で行われているが、式には市長、川口淳二・長谷川町子美術館長らとともに、地元を代表して西南学院大のバークレー学長も出席したという。同大学は通りを挟んで東西にキャンパスが広がり、現在は創立100周年(2016年)を記念してキャンパスの再編整備を行っている最中だ。除幕式に先立つ24日には、通りの西側から東側のキャンパスに移転新築していた本館(写真下)が完成し、式典が行われている。

 学長の看板除幕式出席からも想像されるが、西南学院大側は自らが立地する場所が「サザエさん通り」として売り出されることを喜んでいる節があり、昨年は学長と川口館長との対談なども行われている。“サザエさん通りの大学”とは意外にブランドになり得るのだろうか。


IMG_0913.jpg
関連記事
スポンサーサイト
[Edit]