ライオンズ百道寮

DSCF0208.jpg

 福岡市博物館(福岡市早良区百道浜3)で「西鉄ライオンズと栄光の時代」という企画展が開かれている。会期は明日9月28日までと聞き、せっかくだからと会場をのぞいてきた。展示品は、日本シリーズ三連覇(1956~58年)を飾った頃に活躍していた選手のユニホーム、西鉄が今も所蔵しているペナントレースや日本シリーズの優勝旗などが中心。貴重なものではあるのだろうが、質量ともに正直なところ物足りなかった。もっとも入館料は200円なので文句は言えないが。

 私も小中学生時代、福岡の子供としては人並みにライオンズファンだったが、日本シリーズ三連覇の栄光などは生まれる前の遠い昔の話。私がテレビや極々稀に平和台球場で声援を送っていた時のライオンズは人気、戦力ともにボロボロの状態だった。球団名にしても西鉄が手放した後の太平洋クラブライオンズ、クラウンライターライオンズ時代の方が印象が強い。だから、西鉄ライオンズ栄光の時代の記念品を見ても今一つ感慨はないのだが、やはり福岡の誇るべき歴史ではあると思う。あらゆる形で語り継いでいくべきだろう。

 ところで、ライオンズ福岡時代の合宿所「百道寮」は、博物館から程近い現在の早良区西新2丁目にあった。現在はマンション街(上の写真)となっているが、当時は百道海水浴場に面した戸建て住宅街で、百道寮設置が呼び水になったのか企業の独身寮が点在していた地域だ。半世紀近く前の1960年代後半の住宅地図で確認したところ、寮の前には海の家と思われる建物が並び、その先には海岸が広がっていた。貸しボート屋も複数あり、この時代はまだ、夏には百道海水浴場が大賑わいしていたのだろう。住所は西新ではなく汐入町となっている。いかにも海辺の町っぽい名前だ。

 ライオンズの本拠地だった中央区城内の平和台球場跡地では現在、古代の迎賓館・鴻臚館の発掘調査が続いている。球場は跡形もないが、小さいながらも球場があったことを記憶するモニュメントが近くの歩道に設置されている。しかし、百道寮跡地は何の痕跡も残っていない。当たり前だと言われるかも知れないが、少し残念だ。

 ライオンズの寮と言えば、私自身は百道寮の記憶しかないが、百道寮完成は1959年のことで、これ以前は大円寺町という場所に「大円寺寮」が置かれていたという。栄光の時代を彩った中西太、豊田泰光、稲尾和久といった選手たちが独身時代に暮らしていたのは、この大円寺寮の方らしい。

 大円寺寮があったのは、現在の福岡市中央区唐人町3丁目で、ヤフオクドームすぐ近くの場所だ。旧町名の由来になった大圓寺という浄土宗の寺が今もあり、境内にはやや小ぶりながらも立派な五重塔がある。寮の跡地は西鉄が手放さなかったようで、現在は西鉄の分譲マンションが建っている(下写真)。

 寮跡地から徒歩数分の距離にある唐人町商店街は、現在は「ヤフオクドームおひざ元の商店街」として商店街ぐるみで熱狂的にホークスを応援しているが、大円寺寮があった時代は、ライオンズの選手たちが気軽に買い物をしていたという。二つの球団と密接な関係を持った商店街など恐らく全国的にも珍しい存在だろう。


DSCF0220.jpg
関連記事
スポンサーサイト
[Edit]

コメント

非公開コメント

百道の濱とピオネ荘とライオンズ

いつも貴重な情報ありがとうございます。
小学生時代、巨人フアンの多い宮崎では少数派の西鉄フアンだった私は、かろうじて西鉄の黄金時代を知っている世代です。
それゆえ、太平洋クラブ→クラウンライターと身売りれ、最後は遠く西武ライオンズとして去って行った時は、言いようのない寂寥感に襲われました。
しかし、福岡にはホークスがやってき、今では辛口の市民に愛される球団がある事嬉しい限りです。
もう一つ嬉しい事は、西武が福岡時代のライオンズから現在までの歴史の継続性を認め、敬意を払う姿勢に転じた事。
この事については元ライオンズのマネージャーだった藤本哲男氏(ライオンズベースボールショップ創業者)と、第一勧業銀行から西武に社長に転じた後藤高志氏の情熱を忘れてはならないと思っております。
追記:添付1960年代の百道浜の住宅地図右上端近くに『ピオネ』とあるのを発見しました。
そう、あの『相撲部屋だった海の家』です。 相撲と野球と日本人の好きな二大スポーツの練習場があった、1960年代の百道濱侮れませんね。

Re: 百道の濱とピオネ荘とライオンズ

コメントありがとうございました。
西武が福岡時代を認め始めたのは、堤義明氏が退場したことも大きいような気がします。
彼が君臨していた時代は福岡色を消すのに躍起だったという印象があります。
恐らくその一環で行われたであろう大トレードにより、福岡ではかなり人気のあった竹ノ内、若菜、真弓の三選手が阪神に移籍し、それ以来、福岡では阪神ファンが急激に増えたような気がします。
福岡に球団が空白だった時代、阪神も福岡での人気に応え、夏の甲子園開催中に平和台でも主催試合を行っていました。
平和台での阪神―大洋戦で、この3人や大洋に移籍した基に大声援が飛んでいたのは懐かしい思い出です。