東福岡1強時代到来?

DSCF0386.jpg

DSCF0401.jpg

 第94回全国高校ラグビー福岡県大会の決勝が22日、春日市の春日公園球技場で行われ、東福岡が59-0(前半24-0、後半35-0)で修猷館を下し、15年連続25回目の花園出場を決めた。この20年間、決勝の会場は福岡市博多区のレベルファイブスタジアム(博多の森球技場)が多かったが、今年初めて春日公園に舞台を移し、さらに県立の名門進学校修猷館が2004年以来10年ぶりに決勝に進出。近年は東福岡対筑紫の顔合わせが多かっただけに、例年とは少し違った雰囲気の決勝となったが、今春の選抜大会を圧倒的な力で制した東福岡の強さは桁違いだった。

 ただ、スコアは一方的なものとなったが、前半はむしろ修猷館の方が低いタックルと鋭い出足を武器に、押し気味に試合を進めていた。東福岡が自陣ゴール前で防戦一方というシーンも長かったのだが、残念ながら修猷館が勝負どころのラインアウトでミスを連発、トライに結びつけることは出来なかった。ラインアウトからうまくモール攻撃につなげることが出来ていれば、もっと接戦に持ち込めたかもしれない。後半は東福岡がスピードある展開攻撃で次々に5トライを奪い、地力の差を見せつける結果となった。

 今大会の東福岡の戦績は、4回戦筑紫台戦が121-0(Aシード校は4回戦から登場)、準々決勝のライバル筑紫戦が76-7、準決勝の小倉戦が85-12、そして決勝の修猷館戦が59-0。1試合平均で得点が85点、失点は5点弱。まさに圧倒的な強さだったと言っていい。全国優勝から遠ざかった過去2年は、福岡県大会でも後半に追い上げられる試合が目立ち、ラフプレーも目に付いた。今年のチームは隙がない。全国大会でも間違いなく優勝候補と言えるだろう。

 冒頭書いたように東福岡の花園出場はこれで15年連続。90回の記念大会で福岡県に2校の出場枠が与えられ、福岡高校が千載一遇のチャンスをものにした2010年度を除けば、花園の土を踏むことができた東福岡以外の高校は1999年度の東筑まで遡らなければならない(この年の決勝は東筑が31-29で東福岡を下し、2年連続で花園出場を決めている)。

 それでも昨年までは楽に東福岡を勝たせてきたわけではなく、過去14年の決勝スコアを見ると、東福岡の辛勝という試合も少なくなかった。しかし、今年の東福岡の戦いっぷりは、本当の意味での“東福岡1強時代”が到来したのではないかと思える。ストップをかけるチームが来年は現れるだろうか。


関連記事
スポンサーサイト
[Edit]