水田のSL復活

旧聞に属する話2010-三連水車

 福岡県朝倉市にある菱野の三連水車が今年は5年ぶりに作り直され、6月18日から田畑を潤している。稼働を始めたばかりの頃は、まだ木材の色そのままの茶色だったが、7月27日に訪ねたところ、おなじみの黒々とした姿に戻っていた。今回はついでに、近くにある2基の二連水車も写真に収めてきた。

 上から順に、菱野の三連水車、三島の二連水車、久重の二連水車。2基の二連水車が作られたのも、三連水車と同じく寛政元年(1789年)頃らしい。水の流れの速さの関係だろうか、しぶきを散らしながら水をくみ上げる姿は、一番下流にある久重が最も豪快だった。水車群の横に広がる水田には青々とした苗が植えられ、満々と水をたたえていた。

 これらの水車群は1990年、「堀川用水及び朝倉の揚水車」として国史跡に指定されている。


旧聞に属する話2010-二連水車1

旧聞に属する話2010-二連水車2

旧聞に属する話2010-水田
関連記事
スポンサーサイト
[Edit]