日銀福岡支店建て替え

DSCF3608.jpg

DSCF3607.jpg

 日銀福岡支店の建て替えが発表された。福岡市中央区天神の昭和通り沿いにあり、重厚な外観が街のアクセントともなっていた。今年で築64年。老朽化が建て替えの理由だ。全く縁のない建物だったため「惜しい」という気持ちはなかなか湧かないが、福岡からまた一つ古い建物が消え去っていくのは確かだ。

 建て替えのニュースを聞き、日銀福岡支店のウェブサイトを初めて開いてみたが、それによると、開設は1941年(昭和16年)12月1日。全国32支店の中で19番目の開設だというから比較的後発の部類だ。県内では北九州支店がこれより半世紀近くも早い1893年(明治26年)10月に開設されているというので、同支店のサイトものぞいてみた。初代支店長はなんと後に二・二六事件で殺害された蔵相、あの高橋是清だった。

 大阪に次ぎ全国2番目の支店が北九州、正確には現在の門司港に開設されたのは、九州鉄道会社が設立されるなど、同地が西日本経済の中心地に発展すると見込まれたためだという。当時の名称は西部支店(後に門司支店を経て北九州支店に)。ただし、開設当初は対岸の山口県下関市(当時は赤間ヶ関市)に仮店舗を置いており、門司港での業務開始は1898年(明治31年)。この時、高橋是清はすでに離任しており、“初代北九州支店長”と言いながらも、実際には北九州勤務はなかったことになる。

 ところで、北九州支店の情報に従い“全国2番目の支店”と書いたが、福岡支店の情報では大阪、函館に次ぎ北九州が3番目となっている。同じ日銀同士でなぜ異なるのか、不可解な話だが、函館支店のサイトには「明治26年(1893年)4月、『函館出張所』として開設」とあった。要するに函館は最初出張所だったため、北九州は支店として2番目を名乗っているようだ。金メダルではなくとも銅よりは銀の方が良いという感覚だろう。

 話を福岡支店に戻すと、現在の建物の完成は1951年9月で、日銀の支店・出張所としては初のコンクリート造りだったという。64年が経った今では32支店の中で最も古い建物となった。これはこれで金メダルではないかと思うが、築64年というのがかなり微妙ではある。築100年ならば、恐らく日銀も保存を考えたのではないだろうか。
関連記事
スポンサーサイト
[Edit]

コメント

非公開コメント