天拝山は猫の山

DSCF0825.jpg

DSCF0831.jpg

 福岡県筑紫野市の天拝山に登ってきた。山麓の武蔵寺のフジ、登山口近くの谷を彩るシャクナゲが春の名物だが、残念ながら両者とも見頃を過ぎていた。その代わりと言っては変だが、ずいぶんたくさんの猫を見掛けた。山麓どころか、狭い山頂にも数匹の猫がうろうろしており、少しびっくりした。1枚目の写真の猫は山頂にある天拝山社の境内でくつろぎ、2枚目の猫はトカゲを狙っていた。山頂に住み着いているのか、それとも登山客からもらう餌を目当てに猫たちも登ってくるのか。少なくとも栄養状態は良さそうに見えた。

 下山中にも別の猫が林の中でニャーニャー鳴いているのに出会い、山麓の公園にはさらに多くの猫がいた。不思議に思い、帰宅後にネット検索したところ、天拝山周辺には多数の猫が住み着き、有名な存在になっているらしいとわかった。地元の団体が「地域猫」として世話をしているようでもある。どの猫も意外にコロコロしていたのは、そのためだろうか。

 天拝山は標高258㍍。山頂直前には430段あまりの階段が続いているが、それ以外はなだらかで広い山道が整備されており、山麓の武蔵寺から山頂まで40分もあれば登ることができる。ただ、低山の割には意外に森が深く、山道のところどころに「イノシシ出没注意」の看板があった。

 古くは天判山という名前だったが、大宰府に流された菅原道真がこの山に登り、無実が晴れるようにと天を拝んだため、天拝山と呼ばれるようになったという。こういった歴史にまつわる情報はガイドブックにも、山中の説明板にも書かれているが、現在の天拝山を象徴する数多くの猫に関する情報はネット以外にない。ネット上には「天拝山は猫の楽園」と評する意見もあったが、人に捨てられた猫たちが安穏と暮らせているはずはないと思った。

IMG_2507.jpg

 中腹の荒穂神社近くの斜面で見掛けた白い花。帰宅後に調べた限りでは、ギンリョウソウ(銀竜草)ではないかと思う。別名はユウレイタケ。暗い林の中に堆積した落ち葉に寄生する腐生植物だという。(参考『九重に咲く花』上野哲郎、不知火書房、2001)

IMG_2491.jpg

 これが山頂に続く長い階段。宝満山の石段などとは違い、高さがそろった階段なので、非常に登りやすくはある。

IMG_2496.jpg

 山頂に鎮座する天拝山社。小学校低学年の頃、麓にある小学校に通っていたので、この山には何度も登ったのだが、不思議なことに山頂で弁当を食べた記憶はない。学校からあまりに近い場所にあるので、遠足ではなく自然観察等の授業で山に登り、昼は給食を食べたのだろうか。

IMG_2498.jpg

 山頂の展望台からの眺め。左側に見える台形の山並みが古代山城・大野城跡がある四王寺山系。中央の高い山は宝満山・三郡山の山並み。いずれも昭和時代、福岡都市圏南部の小学生が必ず登らされた山々だ。手前に見える高架道路は九州自動車道。


 帰りは筑紫野市の中心商店街を通り、西鉄二日市駅に向かった。写真の建物は私が小学生時代に完成した旧・武石百貨店。都会の人には「これがデパート?」と笑われるかもしれないが、1970年代、7階建てのビルは周囲を圧し、地元民にとっては自慢の存在だった。商店街自体も今よりはるかに栄えていた。当時の筑紫野市の人口は約5万人。現在は2倍の10万人に膨れ上がったのに、商店街はむしろ寂れた。
関連記事
スポンサーサイト
[Edit]

コメント

非公開コメント

武石百貨店

天拝山のネコの記事の最後に『武石百貨店』の写真を見て懐かしく拝見しました。 1970年代末、二日市汚水幹線(下水道本管)設置工事でこの商店街で工事をいたしました。 商店街の要望で『商売に支障を与えない』が条件で、工事は主に夜間に行うなど非常に苦労しました。 もちろん武石百貨店も現役のパリパリ、商店街の中心的役割を果たしていました。
駄田泉さんのコメントでは二日市最大の繁華街も当時の賑わいを失っているとのこと。 ちょっぴり寂しい思いです。

Re: 武石百貨店

 コメントありがとうございました。武石百貨店までご存じとは驚きました。
 二日市だけでなく春日市の春日原、大野城市の白木原、下大利、博多区南部の雑餉隈…。地域の中心だった商店街はどこも以前ほどの活気は見られません。郊外型の大型店や福岡市の天神や博多駅地区に客を奪われているのでしょうか。
 周辺人口はむしろ大幅に増えているのですが。

中央通り商店街

私も昭和40年代に、小学校低学年でこの近くに住んでいました。
当時、中央通り商店街は人通りも多く賑わっていました。
斜め向かいの江島屋はエスカレーターでしたが、武石百貨店はエレベーターが設置されていました。屋上にちょっとした遊戯施設もあって、デパートの体裁は整っていたようです。

記事から推測するに、駄田さんは湯町あたりにお住まいで、二日市小学校に通っておられたのではないでしょうか?

懐かしい思いがして投稿させて頂きました。

Re: 中央通り商店街

深山鍬形様、コメントありがとうございます。
御明察の通り、わずかな期間でしたが、二日市小学校に通っていました。住んでいたのは湯町ではなく、商店街の辺りです。
そう言えば、江島屋というスーパーもありましたね。コメントをいただき、思い出しました。遠足のおやつを買いに行っていたのは、ここだった気がします。当時は活気のある商店街でした。