花園出場校の増枠分はどこに

DSCF1400.jpg

 全国高校ラグビー福岡県大会4回戦が25日行われ、この日が初戦だったAシード8校が全て勝ち進んだ。前回全国大会の覇者、東福岡は143点を奪って圧勝。同校に続くと思われる東海大五、筑紫、修猷館なども大差で対戦校を退けた。11月1日の準々決勝は、東福岡―東筑(A)、東海大五―筑紫(B)、小倉―福岡工(C)、修猷館―福岡(D)、続いて8日の準決勝は、A勝者―C勝者、B勝者―D勝者の組み合わせで行われる。今年は福岡県に2校の全国大会出場枠が与えられると予想されるだけに、準決勝の戦いは例年に増して注目される。

 全国大会の出場枠が増えるのは今回が95回の記念大会に当たるためで、出場校は例年より4校多い55校。90回記念大会では、予選出場校が多く、全国大会でも好成績を収めてきた埼玉、神奈川、愛知、福岡4県の出場枠があらかじめ2校に増やされ、福岡では東福岡、福岡が花園出場を果たした(「福岡高28年ぶり花園へ」)。この時の東福岡の出場メンバーにはW杯日本代表の藤田慶和選手(当時2年)、福岡には同じく福岡堅樹選手(同3年)がいた。

 今回は複雑だ。過去10年の大会で4強進出校を出した関東、近畿、中国、九州の4ブロックに各1校の増枠分が割り当てられ、最終的にどこの都道府県が増やされるは11月23日、高体連ラグビー専門部の話し合いで決めることになっている。

 従って九州ブロックの増枠分が必ず福岡県に割り当てられると決まったわけではないが、もともと出場校増の目的は「地方予選決勝において強豪校に僅差で敗れ全国大会に出場できない高校に出場機会を与えること」(日本ラグビー協会の公式サイトより)。この10年、福岡県代表の東福岡は花園優勝5回、準優勝1回、4強2回の戦績を収めてきたが、主に筑紫と激突した県大会決勝では苦戦することも度々だった。こういった過去の状況から、福岡県準優勝校が花園出場権を獲得する可能性が高いと新聞などは報じているが、決勝が予想外の大差になった場合、選考は非常に悩ましいことになるだろう。

 これは花園の話ではないが、高校ラグビーを巡っては2008年選抜大会のチャレンジ枠選出で首をひねったことがあった。九州からは修猷館が選ばれ、30年ぶりの全国大会出場を果たしたのだが、新聞等が報じた選考理由とは「(県新人大会の準優勝校で争う)九州大会Bパートで優勝した筑紫と県新人大会で接戦を演じた」というものだった。しかし、その筑紫はと言えば、県新人大会決勝で東福岡に敗れ、この時点で選抜大会出場は絶たれていたのである。

 修猷館の選抜大会出場は、福岡を代表する県立名門校の文武両道ぶりを示す快挙として地元では大きく報道されたが、筑紫の立場からすれば、不可解な選考理由だったのではないだろうか。高校生に不信を残さないためには、各都道府県予選の終了後に話し合いで出場校を決めるなどという曖昧な方法を取らず、90回大会と同様、最初から予選出場校の多い府県に増枠分を割り当てた方が無難だったのではないかと個人的には思っている。25日の4回戦の結果は次の通り。

東福岡 143-0 宗像
東海大五 79-5 筑紫台
筑紫 79-0 福岡舞鶴
東筑 54-24 福工大城東
小倉 27-24 筑紫丘
福岡工 36-24 城南
福岡 50-7 輝翔館
修猷館 56-5 筑前

関連記事
スポンサーサイト
[Edit]

コメント

非公開コメント