イオン西新店閉店

IMG_4611.jpg

 イオン九州が23日、西新店(福岡市早良区西新4)を5月いっぱいで閉店すると発表した。店内にもすでに閉店のお知らせが貼りだされている。建物は今年で築49年。老朽化が理由らしい。昨年9月1日、ダイエー西新店からイオン西新店に店名を変えて再出発した際、閉店を免れたことを喜び「イオン西新店、屋号の変遷」という記事を書いたが、イオン西新店としての歴史はわずか9か月で終わることになった。街のランドマークであり、商業の中心でもあったプラリバが昨年7月いっぱいで閉館したのに続き、恐れていたイオン西新店の閉店まで現実のものとなり、西新の街の先行きが心配だ。

 イオン西新店は地上5階建てで、1階が食品、2階が生活雑貨、3階が衣料品、4階が文房具や玩具、5階が100円ショップとなっている。こう書くと一見大規模店舗のようだが、店舗面積は計6,000平方㍍弱に過ぎず、非常に小ぢんまりした総合スーパーだ。品ぞろえに不満がなかったわけではないが、使い勝手は良い店だった。私が見た限りでの客足は、1階はライバル店だったプラリバのサニーが閉店したこともあり、特に夕方などは大賑わいしているが、2階より上のフロアーが混雑していた記憶はない。

 イオン九州が公表したニュースリリースによると、「今後は店舗の建て替えや業態変更を含め、関係各位と様々な検討を重ねてまいります」とあり、要するに跡地利用は未定だ。新聞報道によると、7月から建物の解体に取り掛かり、年度内には終える予定だという。イオン西新店、あるいはマックバリュ西新店として再建される可能性はゼロではないと思うが、イオン九州が西新地区の購買力をどうとらえるかだろう。建て替えを明言していないのだから、それほど有望な地域とは思っていない可能性はある。

 プラリバ閉館が決まった際、「いきなり買い物難民になることはないだろうが」とこのブログに書いたことがあるが(「プラリバ閉館へ」)、この時はまだ、老朽化は進んでいるもののイオン西新店(当時はダイエー西新店)があるという安心感があった。イオン西新店閉店後も商店街の半径1㌔以内には他にも複数のスーパーがあり、やはり買い物難民になることはないだろうが、商店街ですべての買い物は完結とはいかなくなると思う。自転車や徒歩で商店街に来ていた人たちが、今後は車で郊外型スーパーに行くケースも恐らく増えることだろう。車を運転しない高齢者らはしんどくなるに違いない。

 手元にちょうど40年前、1976年の西新地区を紹介する略地図がある。昔のタウン誌に載っていたような大雑把なものだが、それでも当時の賑わいは見て取れる。現在のオレンジ通りには映画館がまだ健在。三信衣料、喫茶店の山小屋、レコード店のエル、ケーキ店のメイゾンといった懐かしい名前が並び、ジャズ喫茶やライブ喫茶も点在している。イオン西新店は当時はユニード西新店、複合ビルのテングッドシティがある場所にはニチイがあった。

 一方で、意識して記されなかった可能性はあるが、この地図には今となっては商店街の最大勢力となったパチンコ店が見当たらない。「プラリバ閉館へ」でも書いたが、もう一度繰り返したい。イオン西新店の跡地が何になるにせよ、これ以上のパチンコタウン化だけは勘弁してほしい。
関連記事
スポンサーサイト
[Edit]
Theme: 福岡 | Genre: 地域情報

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する